もっと使える! Googleマップ

いまやGoogle検索を使わずに過ごす人は少ないだろうが、Google検索の30%はロケーションつまり位置情報に関することだという。人は駅やショップなどの情報を求めている。その要望に応えるサービスがGoogleマップだ。2005年に始まった同サービスは10周年を迎え、今やビジネスにレジャーに使わない日はないほどかもしれない。そんなGoogleマップだが、現在地確認、ルート検索以外にも様々な便利機能がある。

家にいながら世界中を冒険!!

ご存じのようにGoogleマップのストリートビューは周りの景色を 360 度見渡すことができる機能だ。たとえば、初めての重要な訪問などでは、あらかじめストリートビューで周囲の様子を確認しておくと不安が少なくなる。

また、世界の名所を探索したり、絶景を眺めることができる。世界遺産などでは、施設内写真なども見られるようになっているので、ちょっとした気分転換に最適だ。

20160127_01_3

筆者は、小説を読むときには舞台となる場所をストリートビューで表示して、物語世界にどっぷり浸かるという楽しみ方をしている。なお、ストリートビューばかりを集めたページもあり、こちらでは、夏には『日本の列車』と題し、有名な列車の内部写真も見れるようになった。もちろん360度確認可能だ(写真1枚目)。

海外旅行で大活躍! ダウンロードしておけばオフラインでも使用できる

Googleマップは、オンラインでの使用を前提としているが、海外旅行時などで通信できない環境でも利用できる機能がある。設定メニューから「オフラインエリア」をタップし、旅行先周辺を選択すればその部分の地図データを端末にダウンロードできるのだ。

20160127_01_2

1.「設定」から「オフラインエリア」を選択
通信環境がない場所へ行く時は、旅立つ前に「オフラインエリア」を選択する。

2.旅行するエリアを選択してダウンロード
地図表示と枠が表示されるので、ダウンロードしたいエリアを選んで端末に保存する。 最大225MBまでの地図データをダウンロードできる。

3.通信環境にいなくても自在に地図を閲覧できる
保存データは、オンライン状態と同じく拡大縮小できる。

食わず嫌いは損! 音声入力でさくさく検索

あまり使っている人が多くないが、音声検索は実は非常に便利な機能だ。検索窓にあるマイクのマークをタップして起動し、端末に話しかけるだけ。精度は高く、ルート案内がほぼ一発で表示される。手がふさがっているときや運転中などにはかなり使える印象だ。

20160127_01_4

インターネットを使う人達にとって、Googleはもはやなくてはならない存在。機能を知り尽くして、味方につけてしまおう!

(編集 M)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

flick! TOPへ

No more pages to load