実は高機能なAirPodsに注目【発表会現地レポート】

AirPodsが、想像以上にいい

「なくすんじゃないの?」っていう意見がネットには多いけれど、今回Appleから発表されたAirPodsはその運用ソリューションも含めて相当によく考えてある商品だ。

1万6800円(税別)という価格から、誰もが買う商品ではないと思うが、これはお勧め。本当は純正付属品にしたかったんだろうなぁと思う。ちなみに発売は10月後半。

DSC08884
発表会のハンズオフのエリアでの説明はこういうもの。

まず、ケースを開く。すると、iPhoneに接続を促すダイアログが出てくる。『connect』を押すと接続。

IMG_0688

Bluetoothの接続が完了すると、AirPods自体と、ケースのバッテリー残量が表示される。

DSC08877
耳に入れて、音楽の再生ボタンをタップすると音楽が再生される。

耳から外すと、そのAirPodsの再生は停止する。

耳に入れるとまた再生が始まる。

光センサーが耳への出し入れを瞬時に判断

耳に入れたかどうかは、表裏両側の光センサーが感知する(考えてみたら、夜の暗闇ではどうするんだろう?)。マイクは筒状の部分と、外側の小さな穴にあり、声を発する口の位置を感知し、そちらにフォーカスし、環境音をキャンセルする能力を持っている。
AirPodsCase-PF-Open_AirPods-PF-Float_PR-PRINT
これらの複雑な処理を行っているのが新開発のW1チップ(iOSがAシリーズで、Apple WatchがSシリーズで、AirPodsはWなのね)。このチップによって省電力性能が高くなっており、バッテリーを小さくすることができている。

DSC08728
片側だけ使って、ヘッドセットのように通話することもできる。

使い終わった時は、ケースに入れる。充電が必要だから、基本的にケースに入れることがルーチンになるから運用としては無くしにくいと思うのだ(それでも失くす人は失くすだろうけど)。また、このケース自体はLightning接続で充電する。

驚くほど自然な感じで、シームレスに扱えて、迷う操作がない。そして充電のためにケースに入れることで自然に失くさないようにしているのだと思う。

実はかなりインテリジェントなヘッドフォン

AirPodsはiCloudアカウントでひも付けられるので、iPhoneだけでなく、同じiCloudアカウントのMacでも、Apple Watchでも使える。たとえば、新しいApple Watchは単体でGPSを拾えるし、Suicaも使えるから、AirPodsと組み合わせて使えば、そのままApple Watchで音楽を聞きつつ、ジョギングするのにもちょうどいいだろう。

0001
実際に耳に入れた時のフィット感は非常に高いし、軽いから抜け落ちそうな気はしない。もちろん、耳の形状は千差万別だから、合わない人はいると思うが、 EarPodsの時に光学スキャンとシリコンの型取りを使って数多くの試作を作り、600人以上でテストした……ということもあり、かなり適合範囲は広いと思っている。

音質に関しては非常に賑やかな発表会会場だったので、ちょっと判断はつかない。

操作に関しては、ダブルタップでSiriを呼び出すことしかできなさそう(説明員の方はそれしか知らなかった)。Siriに『次の曲』『ボリュームを大きく』……などと口頭で指 示する方式のようだ。これはちょっと電車の中などでは、気恥ずかしい。iPhone本体を操作するしかなさそうだ。

DSC08878
一般には『アップル製のBluetoothヘッドセット』と認識されているであろうAirPodsだが、それ以上にインテリジェントな製品であることは知っ ておいてもいい。1万6800円(税別)と、高級ヘッドフォンを買えるような価格ではあるが、iPhoneやApple Watchと組み合わせて使うなら、非常にインテリジェントで便利なヘッドフォンだ。

(村上タクタ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

flick! TOPへ

No more pages to load