BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

通話できるApple Watchが世界を変える!? 使って分かった、その意外なインパクト

契約は3大キャリアのオプションとして行う

ついに、Apple Watch単体で通話できるようになった。

先の2017年9月22日に発売されたApple Watch Series 3、つまり3世代目のApple Watchには『セルラーモデル』が用意された。iPhoneがなくても、単体で通信可能。つまり、家にiPhoneを置いて出ても、Apple Watchだけで通話、データ通信が可能になったのだ。

スタンダードなモデルが3万6800円(税別)から、セルラーモデルが4万5800円(税別)から。セルラーモデルは『デジタルクラウン』と呼ばれるリュウズの頭が赤い。ちょっと高価になるが、NikeやHermesなどのプレミアムなブランドとコラボしたモデルもある。

IMG_8200

単体で通話できるとはいえ、基本的には運用も電話の契約は単体ではできない。Apple Watchの基本設定などはiPhoneで行うし、契約もiPhoneの契約のオプション契約として行う。

日本ではdocomo、au、SoftBankがサポートを発表しており、それらのiPhoneを契約していれば、オプションとして申し込むことができる。Apple WatchにはeSIMという超小型の電子的なSIMが内蔵されており、購入後にiPhoneと連携させつつネットで契約をすることで、iPhoneと同じ電話番号を使えるようになる。

IMG_2844

たとえば、かかってくればiPhoneとApple Watch両方が鳴るが、片方で取れば、もう片方は通話できない。

残念ながら昨今流行の格安SIM(MVNO)のSIMの契約では、Apple Watchを契約することはできない。

「Apple Watch Series 3」をAmazon.co.jpで見る

通話して、メッセを受けて、お金を払って、地図も見られる

これは、革命的なできごとだ。手ぶらで出かけても、Apple Watchがあれば電話に出ることができる。メッセージやメールなども受信することができる。

また、昨年から、Apple Payという仕組みにより、Suicaやクレジットカード(iDやQUICPayの支払いが可能)になっているので、多くのお店で支払いが可能。自販機でジュースも買えるし、電車やバスにも乗れる、コンビニで買い物もできる。

GPSも内蔵しているので、地図も見られるし、ジョギングなどのアクティビティの記録も可能。常時、歩数や、心拍数、歩いた距離、登った階段の階数などもログを残して、場合によっては『もう少し歩けば、今日の目標を達成できますよ!』なんてアドバイスもくれる。

ウォーキングしながら、歩きながらアイデアを思いつけば音声認識のSiriでメモしておくこともできるし、電話で予定が決まれば「Hey Siri、9時からミーティングの予定を入れて」などと、スケジュールを押えておくこともできる。

また、Apple WatchからiPhoneも探せるし、その逆も可能。

それらが、単なる売り文句ではなく、実用的なレベルでこなせるのだ。Apple WatchはSeries 3で完成の域に入ったともいえる。

さらに、Apple Watch、iPhone、iPad、Macの統合環境として使えば、Apple Watchをしてパソコンを開くと自動的にログインできるとか、iPhoneで撮った写真がMacで見られるとか、通知がすべての端末に等しく来るとか、AirPodsというワイヤレスイヤフォンを共用できるとか、使い勝手は圧倒的だ。

IMG_1905

本当は通話はしない。それでも便利

実際のところ、使ってみて、Apple Watch Series 3は実用的なレベルで動作する。

もちろん、使ったことがない人にとっては、長くもっても2~3日という電池の持ちは不満かもしれない。しかし、初代から使っている私にとって、2年半の間、毎日充電器に寝る前に充電器に乗せる……という運用に慣れれば問題にないと断言できる。

IMG_8199 実を言えば、通話はあまりしない。そもそも、初代モデルから、iPhoneが身近にあればBluetooth経由で通話はできた。しかし、2年半の間、あまり頻繁に使ったとは言えない。マイクもスピーカーも優秀だから周囲に雑音があっても快適に話せるが、スピーカーなので相手の音声が周囲に聞こえてしまう。AirPodsというワイヤレスイヤフォンとセットで使うべきだが、通話のたびにイヤフォンを耳に入れるのも面倒。そもそも、最近、私は電話でだってそれほど音声通話はしない。

それでも、Apple Watchが常時ネットに繋がっているというのはとても重要なのだ。メッセージは受信できるし、Siriも使える。必要なら、どんな情報だって、得られるのだ。

Apple Watchだけですべてが済むというものではないが、Apple Watch Series 3は、スマホを置いて出かけるという自由を僕らに与えてくれる。ジョギングに、近所のコンビニに、ちょっとしたハイキングに。そして、マリンスポーツや、釣り、サイクリングなどのアクティビティ時に電話を持っていなくても、連絡がつくという使い方もできる。

3世代目のApple Watch。ついに、誰もに勧められるApple Watchが登場したといえるだろう。

『フリック!読み放題プラン』なら月額300円(税別)で、過去のフリック!と関連ムック150冊以上が読み放題! 2週に1度の有料記事も読めるので、お得なこのプランへの加入もぜひ!

flick!読み放題プラン

(出典:『flick! News』)

(村上タクタ)

SHARE

PROFILE

flick! 編集部

flick! 編集部

各電子雑誌配信ストアから配信される電子専用マガジン。デジタルは好きだけど使いこなせてない、これから活用したい人たちへ、最新ガジェットやウェブサービス、アプリ情報を配信。

flick! 編集部の記事一覧

各電子雑誌配信ストアから配信される電子専用マガジン。デジタルは好きだけど使いこなせてない、これから活用したい人たちへ、最新ガジェットやウェブサービス、アプリ情報を配信。

flick! 編集部の記事一覧

No more pages to load