もう、iPhoneのホームボタンは要らない

ホームボタンがなくなったら、不便だと思ったのだが……

本日、11月3日に発売になる新世代のiPhone、『iPhone X』の最大の特徴は、本体全面を覆う有機LEディスプレイの採用と、それにともなってホームボタンがなくなったこと。

指紋認証のTouch IDの代わりに、3万の赤外線ドットを照射して顔の形状を読み取るFace IDを採用し、ホームボタンなしにユーザー認証を行うことになっている。

しかし、初めてiPhone Xを使う人に渡すと、かならずやホームボタンがないことに困惑する。

初心者iPhoneユーザーにiPhoneを使わせる時にも、「困ったらホームボタンを押せば元に戻るから」と言ってきたのに、その『困った時のホームボタン』がなくなってしまうのだから、誰だって困惑するに違いない。

ちなみに、画面の下辺をフリックアップするとホーム画面に戻る。

IMG_3987

しかし、2日で慣れた

なにしろ、ホームボタンを10年間押し続けてきたのだ。そのクセは抜けなくて慣れるまで時間がかかるに違いない……と思ったら、あっさり48時間で、僕は新しい『フリックアップ』という操作系に慣れてしまった。

そのことを如実に感じたのは、ふと前のデータの移行のためにiPhone 8 Plusに触れた時にこと。なんと、僕はホームボタンを押さずにフリックアップしてしまったのだ(汗)間抜けにも、フリックアップすると、ご覧のようにコントロールパネルが登場する。

IMG_3996

考えてみると、片手持ちして親指で操作している時に、親指でボタンを押すというのは、少し妙な方向に、しかも他の操作より力を入れなければならない。

それよりも、他の操作と同様の力加減でフリックアップした方が楽なのだ。

動画にするとこんな感じ。

まぁ、つまりは幸運にもiPhone Xを手に入れた人は心配する必要はない。すぐに慣れる……ということだ。「ホームボタンがないなんて使い難いに違いない!」なんて意見は気にする必要はない。「そっちのブドウは酸っぱいぞ!」と言ってるようなものなのだ。

上下を間違えるのが困りモノ

では、何も困っていないかというと、さにあらず。

実は、iPhone Xはけっこうな頻度で上下を間違える。ホームボタンがないから区別がつかないのだ。画面をタップしてディスプレイが表示されてから、上下が逆であることに気がつくのだ。

いっそ、iPadみたいに、加速度センサーを使って、上下関係なく下にある方が下として使えるといいのだが。

IMG_4000

(「あ、逆さまに持っちゃった!」という状態……なのだが、区別つかないでしょ?)

ともあれ、明日、iPhone Xを入手されるみなさん! Enjoy!!

(出典:『flick! digital (フリック!デジタル) 2017年11月号 Vol.73』)

(村上タクタ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

flick! TOPへ

No more pages to load