BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「白馬岳頂上宿舎」北アルプスの山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

山の郵便屋さんが通う小屋

周囲をぐるりと丘に囲まれ、白馬岳にほど近い白馬岳頂上宿舎。しかし山頂までは白馬山荘のほうが近いことから、シーズン中でも比較的混雑せずに、ゆっくりとすごすことができるのが特徴だ。

オススメはなんといってもセルフテイク方式の食事。朝食も夕食もいわゆるバイキングで、食堂には「生ゴミ減量にご協力を。召し上がれる量だけお取りください」というメッセージが掲げられている。各自が食べられる量だけ取り分けることで、生ゴミの減量に役立っているそうで、いまでは生ゴミ処理機で処理できるほどの量になったとか。食にもこだわっていて、地元のアルプス農場で育った豚や信州産味噌などを使用しており、選ぶのも楽しい。

小屋併設のレストラン「アルペンプラザ」では、宿泊者以外への食事の提供も受け付けている。シーズン中はここで生ビールを注文することが可能。高地仕様のサーバーで出された生ビールを、山の上で味わう瞬間は格別だ。

そのほか長野県遭難防止対策協会やグリーンパトロール隊が常駐していて、白馬岳近隣をパトロールし、登山者の安全を守っている。

家族や友人に手紙を出そう!

白馬岳頂上宿舎の館内には、7〜8月のシーズン期間中に限り、赤い郵便ポストが設置されている。この小屋には1日1回、「山の郵便屋さん」である太田健三さんが登ってきて、小屋から出された手紙を回収し下山、宛先へ届けてくれる(ただし土日はのぞく)。こちらで出した手紙には、左上のような印が押され、各宛先まで届けられる。館内の売店にはポストカードが売られているので、大切な友人や家族に山から日ごろの感謝などの気持ちを届けてみてはいかがだろうか?

売店にはポストカードが販売されていて、種類も豊富。近隣の美しい山の景色を描いたものが多いので、山好きの友達などに送れば、受け取る感動もひとしおだ。ちなみにカードは1枚100円。お土産にもオススメだ。

館内施設

バイキング形式の食堂

白馬岳頂上宿舎のご飯はバイキング。そのため食堂の形も独特だ。調理場をはさんでカウンターに提供された、できたての料理をいただける。

乾燥室はこちら

雨に降られたときは、こちらの乾燥室を利用しよう。室内は広々としていて、約2部屋分ほど使用しているため大人数でもOKだ。

ポストカードは選び放題

売店には、白馬岳を中心した北アルプスの絶景ポストカードがたくさん。選ぶだけでも楽しい。

長〜いテーブルのある談話室

テーブルの上には白馬エリアのパンフレットがズラリ。奥には本棚もあり、読み物には困らない。

食事

宿泊者以外も使うことができる、外来食堂がこちら。軽食としてカレーライス900円、ラーメン900円など販売している。

お土産・売店

白馬エリアらしく、売店にあるお酒は「大雪渓」「白馬ワイン」などが多いのが特徴だ。小屋の隣には外来食堂のレストランアルペンプラザが併設されており、軽食をとることも可能。(営業時間:レストランは5:00 〜18:00、売店は5:00〜21:00)

部屋

館内は広く、部屋数も多い。個室は和室になっていて、大人数で宿泊する場合はかいこ部屋となる。宿泊には予約が必要。

洗面所・トイレ

トイレは男女別の汲み取り式。

洗面所は非常に広く、使いやすい。水道水は天水を利用しているため、飲用不可。売店でお茶券400円・お湯券が300円で購入できる。

テント場

テント場は両サイドを山に囲まれた窪地にある。トイレと水場が併設されていて、とても便利だ。

DATA
設営数:200張
利用料:1,000円/人
水場:あり
トイレ:あり
地面:砂利
小屋からの時間:2分

「白馬岳頂上宿舎(しろうまだけちょうじょうしゅくしゃ)」の基本情報

設備

テント場:あり
水場:あり
個室:あり
自炊室:なし
乾燥室:あり
お風呂:なし
生ビール:あり

営業期間

6月中旬〜10月上旬

電話・電波

ドコモ:良好
au:通話困難な場合が多い
ソフトバンク:通話不可
公衆電話:なし

収容人数

416人

標高

2,730m

宿泊料金

1泊2食:9,800円
素泊まり:6,800円
お弁当:1,100円

連絡先

0261-75-3788
http://yamagoya.hakubakousha.com/

※2018年2月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load