BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「仙丈小屋」日本山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

立地のよさが楽しみを広げる

仙丈ヶ岳の山頂から広がる薮沢カール内にある小屋。かつてカール内にあった避難小屋はすべて、老朽化のため撤去され、それらの代わりにと地元の長谷村(現伊那市)が建設した。この山域では、北沢峠の長衛小屋前でしかテントを張ることもできないので、この小屋の存在は貴重だ。

仙丈ヶ岳山頂までは約30分の登りだから、いったんここに荷物をデポして、仙丈ヶ岳や小仙丈ヶ岳までピストンする人もいるし、山頂でご来光を堪能した後で、朝食を摂るのも気がきいている。こうした宿泊客のために、小屋では温かい朝食を準備してくれている。こうした配慮が多くのファンを引き付けるのだろう。テラスでゆっくり過ごし、周辺に咲く高山植物を愛で、山々の姿をカメラに収めるなど、思い思いに楽しめるのも、この小屋の魅力といえる。

食堂で歓談しながら味わう山の食事は仲間との絆も深まる。

天気など条件のいい夜は星座観察も楽しみ。都会の夜空より星ははっきりと見え、明るい輝きということを再認識できる。

屋根にソーラーパネル。自然環境を保持するために自然エネルギーを活用した循環型合併浄化槽を備えていて水洗トイレ完備。

部屋は大部屋のみで清潔に保たれている。山岳風景の写真が壁に飾られていて山小屋のムードを盛り上げている。

「仙丈小屋(せんじょうごや)」の基本情報

設備

テン場:なし
水場:あり
個室:なし
自炊室:あり
乾燥室:なし
お風呂:なし
生ビール:あり

営業期間

6月中旬~10月下旬

電話・電波

ドコモ:良好
au:通話困難な場合が多い
ソフトバンク:通話不可
公衆電話:なし

収容人数

55人

標高

2,890m

宿泊料金

1泊2食:8,500円
素泊まり:5,500円

連絡先

090-1883-3033
https://www.facebook.com/pg/%E4%BB%99%E4%B8%88%E5%B0%8F%E5%B1%8B-2176839272544298/services/

アクセス

北沢峠から4時間20分、仙丈ヶ岳から30分。

※2015年3月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load