【かんたん山ごはん】インスタントが1ランクUP! 豆乳とんこつラーメン

まだまだ寒い季節は、山でごはんを食べるならあったか~いものがいいですよね。それに、頂上に着いたらすぐに食べたいから、調理時間は短いほうがいい。それならば……よし! インスタントラーメンにしよう!

インスタントといっても侮ることなかれ。山で食べるラーメンは、ひと味もふた味も違います。そのうえ、手軽で、あたたかくて、おいしい。ズバリ、ごちそうメニューなのです。

たくさん歩いた後だからこそ、「体にいいもの」だとよりうれしいですよね。たとえば、山に行くと便秘気味になることはありませんか? それは、標高が高くなり、気圧が変化するためなんだそう。そこで今回は、豆乳を加えたインスタントラーメンの作り方を紹介します。なぜ豆乳かというと、お通じをよくする効果がある「サポニン」がたっぷり入っているから。体がヘトヘトになると、酸っぱいものが食べたくなるので、トッピングにはレモンも添えましたよ。この組み合わせはとってもオススメ。ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

インスタントラーメンがワンランク上の味に!

◎激ウマヘルシー豆乳とんこつラーメン

【材料】(1人分)

インスタントラーメン(とんこつ味)…1袋
豆乳…1本(200ml)
水…300ml
レモン(スライス)…1/2個分
がごめ昆布…適量
白髪ねぎ…適量

yama1

【作り方】

1.水を沸かしてラーメンを1分ゆで、豆乳を加えてさらに1分ゆでる。
2.付属のスープの素(あれば調味油も)を加え、レモン、がごめ昆布、ねぎをのせる。あれば、柚子こしょうやごまを加えてもおいしい。

※がごめ昆布とは、かごの網目のような凹凸が特徴の函館名物の昆布のこと。うまみたっぷり! とろろ昆布などで代用してもOKです。

yama2

レシピのポイントは、袋の表示よりも水の量を減らしてその分の豆乳を加えること! 山では、ラーメンのスープを気軽に残すことができません。豆乳を加えてスープをまろやかにすると、最後までおいしく飲み干せますよ。栄養面のメリットだけではなく、山ごはんだからこそオススメしたい調理法なんです。

ほかにも、こんな乾麺がおすすめ

yama3

ほかにも、最近はおいしい乾麺がたくさんそろっています。上の写真は、この料理を教えてくれたフードスタイリスト、カノウヒナタさんがイチオシの九州ご当地麺。左はマルタイ棒ラーメンシリーズの中から、あごだしの効いた長崎の味をセレクト。右は鹿児島地鶏の水炊き風ラーメン。こちらはインスタントラーメンには珍しい平打ち麺です。

体力勝負の山登り、ご飯+麺でしっかり補給!

yama4

山登りは体力勝負。しっかり食べて元気に下山しましょう。ご飯ものといっしょに食べれば、おなかも大満足! 左は「根菜の甘辛丼」。こちらもレシピを公開予定です。お楽しみに!

※本コーナーで紹介しているレシピは、『ランドネ 2017年4月号 No.86』のp115で掲載しています。

01_4839
○カノウヒナタ(KIPPIS)
アウトドアパーティを主催するKIPPISでフードスタイリストを担当。管理栄養士の資格をもつ。時間を見つけては山に登り、おいしいごはんを作って食べることが喜び。
www.kippis.me

(写真:猪俣慎吾(KIPPIS) 文:長嶺李砂)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

ランドネ TOPへ

No more pages to load