体育の日に、駒沢で『あなたにとってのスポーツの意義』を考えてみよう

スポーツとは、義務? 楽しみ? それとも?

2020年の東京オリンピックが近づいて来るが、我々が親しんでいる『体育の日』が、東京オリンピックの開会式の日であったことをご存じだろうか? 現在はハッピーマンデー制度で日にちがズレるが、1964年の10月10日が東京オリンピックの開会式であったことがそのルーツなのだ。

s_IMG_0320

スポーツというものに対する意識は時代とともに変わっていく。戦時中は富国強兵にひも付いていただろうし、東京オリンピックが開催された時代以降の高度経済成長の時代は『体育会系』という言葉が表す通り、学校生活の中で身体を鍛えるためであったり、就職活動や、企業人として優秀であるためのスポーツであったりした。

対して、現在は自由にレジャーとしてスポーツを楽しむ素地ができ、誰もが長い間健康に過ごすために生活にスポーツを取り入れるようになった。

みなさんのお知り合いにも、週末、登山に出かけてあり、サーフィンに行ったり、フットサル、スケードボードを楽しんだりという人が多いに違いない。

駒沢公園で『Charming Komazawa』開催

カジュアルに身近にスポーツがある生活を営むためには、幼少期から身近にスポーツがあった方がいい。

az2

2017年10月9日の体育の日に、1964年の東京オリンピックの会場として使われた駒沢オリンピック公園総合運動場で、そんな子供たちのためのイベント『Charming Komazawa』が開催される。主催は公益財団法人東京都スポーツ文化事業団。時間は10:00〜16:00。

バスケットボール【フラワーバスケット】

開催されるアトラクションは、中央広場でサーフィンロデオ、ボルダリング、バスケットボールアトラクション、ステージプログラムなど。屋内球技場前広場ではストライダー、キッズバイク教室。屋内球技場では、新体操元日本代表の小西夏生と平田美沙紀による小学生以上向けの新体操体験、一輪車選手の佐藤彩香による一輪車体験。

平田指導1

その他にも、ラグビー体験、親子ふれあいサッカー、ホッケー体験、スポーツカイト体験……など多彩なイベントを開催。

長い人生、常にスポーツとともにあり、健やかに生きていきたいものだ。

(村上タクタ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

ランドネ TOPへ

No more pages to load