BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

おすすめタンブラー5選!キャンプを快適&おしゃれに

日頃からマイタンブラーを持ち歩いている人は、キャンプにもタンブラーを持っていくという人も多いのではないでしょうか。まだ持っていないという人には、キャンプでドリンクの温度をキープできるタンブラーの魅力と、おすすめの商品を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

キャンプにタンブラーが最適な理由とは?

ビールやコーヒーなどキャンプで楽しむドリンクは、温度の管理が大切ですよね。

キャンブで過ごす夜、木々が揺れ葉がこすれる音が聞こえて心地いい…そんな環境の中で飲む冷たいビールはこの上なく最高です。また、朝になれば肌寒い大自然で温かいコーヒーを楽しみたいものです。

タンブラーは二重構造のものや素材の熱伝導性を活用した保温・保冷効果が高いものが多いのが特長です。各キャンプ用品メーカーが出しているタンブラーは、キャンプの世界観に最適なデザインのものが多くあり、普段使っているコップで飲むよりも雰囲気を最大限に楽しめます。

使い勝手の良いタンブラーはプレゼントにも◎

タンブラーの価格帯は2,000円〜5,000円ほどで、プレゼントにもおすすめです。

普段からキャンプに行く方へはもちろん、蓋付きのものやコンパクトなタンブラーもあるので、日常使いしたい方へのプレゼントにもぴったり。老若男女問わず贈りやすいアイテムです。

タンブラーを選ぶポイント

タンブラーにはどんな種類があり、どう選べばよいのか、実際に選ぶ時のチェックポイントを紹介します。

容量

タンブラーの容量(サイズ)は主に3つ。

  • 120〜240ml
  • 350ml
  • 400ml以上

それぞれの特長と用途を紹介します。

120〜240mlのタンブラー

タンブラーの中では小さめのサイズ感です。スマホ感覚で持ち運べるほど、コンパクトかつ軽量なものがあり、ドリンクの量より持ち運びのしやすさを重視しています。

350mlのタンブラー

缶ジュース1本程度の大きさが350mlです。最も標準的なタンブラーの大きさで、ビールやコーヒーを美味しく飲み切るのにちょうどいいサイズ感。アウトドアシーンでの使い勝手も抜群です。

400ml以上のタンブラー

少し大きめのタンブラーです。500mlを超えるタンブラーもあり、コンビニなどに売っているペットボトルと同じ量を楽しめます。夏場の暑い季節など、たくさんの水分を補給するのに最適です。

デザイン

タンブラーのデザインは、自分の好みに合ったものやキャンプで使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

ビジュアル的なデザインのタンブラー

タンブラーの見た目(ビジュアル)にこだわる人は多いのではないでしょうか。シンプルなものからカラフルなものまで、多くの種類が販売されています。

有名なキャラクターがデザインされたものや、スターバックスのロゴが入ったデザインなどもあります。タンブラーの見た目で選ぶのは、自分の個性を表す意味でも大切ですね。

機能的なデザインのタンブラー

アウトドアシーンでは保温・保冷力の高いスレンレスがおすすめですが、蓋付きのタンブラーも飲み物の温度をキープすることができます。また、タンブラーには「取手があるもの・ないもの」があります。取手がついているものは温かい飲み物に、ついていないものは冷たい飲み物に向いています。

取手がついているか

前述のとおり「取手がついている・ついていない」のは、タンブラーを選ぶ際に重要なポイントです。

アウトドアでビールを飲む人には「持ちやすく、ジョッキ感覚でゴクゴク飲める」「タンブラーの側面を持たないので手が濡れにくい」と、取っ手付きのタンブラーが好まれているようです。

取手があるぶんパッキングしづらいですが、野外で快適に冷たいドリンクを飲むのにぴったりです。

アウトドアには「蓋付き」がピッタリ!

タンブラーには「蓋付き」も多く販売されています。蓋付きのタンブラーには、以下の特長があります。

  • 保湿効果がアップする
  • 倒してもこぼれにくい
  • 虫やホコリなどの侵入を防ぐ
  • 持ち運びやすい

蓋が空気の出入りを遮断するため、温かい状態を保つ効果が期待できます。また、蓋がしっかりと固定されるものもあり、中に入れた飲み物をこぼす心配が減ります。

蓋がついていることで虫やホコリの侵入を防ぐ効果も。バッグに入れて持ち運びやすいのも嬉しいポイントです。

アウトドアでは、バーベキューをしながらドリンクを飲むこともあるでしょう。細かなホコリの侵入は、蓋付きタンブラーでなければ防げないかもしれません。まさにアウトドアシーンにぴったりなのが、蓋付きのタンブラーです。

タンブラーの人気ブランドを紹介

タンブラーを販売している人気ブランドを3つ紹介します。タンブラー選びに悩んでしまう場合、以下の3つのブランドから検討すれば納得できる商品に出会えます。

【YETI(イェティ)】

2006年にアメリカでスタートした有名ブランド「YETI(イェティ)」は、少し高価なイメージがある人もいるかもしれません。しかし、高性能なクーラーボックスを製造販売しているブランドで、高品質あるため値段相応と言えます。

YETI(イェティ)のタンブラーは、商品名を「ランブラー」としています。もともとクーラーボックスに使われていた保温効果を、タンブラーにも使用しているため保冷性能が高いのが特徴です。

冷たい飲み物でも温かい飲み物でも、美味しく飲める最適温度がありますよね。YETI(イェティ)のタンブラーなら、アウトドアでも飲み物の美味しさを最大限に引き出す最適温度で長時間楽しむことができるようになります。

【THERMOS(サーモス)】

日本ではお馴染みのブランド「サーモス」も外せないメーカーでしょう。サーモスのタンブラーは、世界をリードする魔法瓶ブランドとして成長しました。

熱を逃さないステンレス製の魔法瓶で、外瓶と内瓶の間が真空状態になった構造をしています。まるで宇宙空間のような状態を作ることで、熱移動による放熱を防ぐ効果が期待されています。

実際にアウトドアで使用した際にも、抜群の保温保冷性能は体感できるに違いありません。

【STANLEY(スタンレー)】

STANLEY(スタンレー)は、創業100年を超えるアメリカのブランドです。真空スチールボトルの原型を発明したと言われており、現在も真空ボトルがSTANLEY(スタンレー)の象徴になっています。

圧倒的な歴史を誇る真空ボトルは「温かい飲み物の楽しみ方」を一変させ、アウトドアシーンでも多くのキャンパーに使用されるようになりました。

ピッチャータイプもあれば、グロウラーやクーラーボックスも販売しています。まさにアウトドアに欠かせない商品が高品質な真空になり、特に温かい飲み物を楽しむ人に向いています。

アウトドアシーンにおすすめなタンブラー5選!

アウトドアシーンにおすすめなタンブラーを5つ紹介します。何を選べば良いかわからない方は、以下の5つの中から商品を購入してみてください!

キャンプのときだけでなく、日常でも使える商品ばかりで用途に合わせて何個でも欲しくなりますよ。

YETI(イェティ)/ランブラー20oz タンブラー

真空断熱構造により保温保冷で使える「イェティ」のタンブラーです。
蓋付でマグネットをスライドさせることにより飲み口を開閉できます。この蓋があることで飲み物をホコリから守り、熱や冷たさを逃しません。

アウトドアにぴったりなマットなカラーバリエーションが素敵で、おすすめタンブラーです。

  • 容量:600ml
  • 重量:360g
  • メーカー参考価格:6,050円(税込)

公式サイトからみる

Amazonでみる
楽天市場でみる

THARMOS(サーモス)/真空断熱ケータイタンブラー

ステンレス製魔法びん構造で保温・保冷OKな「サーモス」のタンブラーです。水筒のような使い心地なので、初めてのタンブラーにおすすめです。

飲み口が広いのも特徴で、コーヒーや紅茶の香りを存分に楽しめます。シンプルな構造でお手入れが簡単なのも嬉しいポイントですね。

  • 容量:360ml
  • 重量:200g
  • メーカー参考価格:2,750円(税込)

公式サイトからみる

Amazonでみる
楽天市場でみる

STANLEY(スタンレー)/真空ジョッキ 0.7L

最後の一口まで冷たさをキープする取手付きの「スタンレー」タンブラーです。飲み口も広いのでキンキンに冷えたビールを飲むのに最適です。

700mlの大容量なので、ロング缶のビールもしっかり入ります。夏のアウトドアにおすすめのタンブラーです。

  • 容量:700ml
  • 重量:363g
  • メーカー参考価格:3,520円(税込)

公式サイトからみる

Amazonでみる
楽天市場でみる

CAMELBAK(キャメルバック)/CHUTE® MAG SST 600ml

真空断熱構造の18/8ステンレススチールを採用した保温・保湿性に優れた「キャメルバック」のタンブラーです。保温性を活かしてキャンプに使用できるだけでなく、寒い時期にサイクリングなどのスポーツを楽しむ際にも使えます。

小さなマグネットを用いて、外したキャップがベースに固定されるように設計されているため、外したキャップが顔に当たりません。

  • 容量:600ml
  • 重量:316g
  • メーカー参考価格:5,280円(税込)

キャメルバックのタンブラーは、以下の記事でも紹介されています。

水分補給が楽しくなる! キャメルバックから「ステンレスボトル&タンブラー」新登場|CAMELBAK

水分補給が楽しくなる! キャメルバックから「ステンレスボトル&タンブラー」新登場|CAMELBAK

2022年03月30日

公式サイトからみる

Amazonでみる
楽天市場でみる

サブヒロモリ/レッカー ステンレスサーモキャリータンブラーL


お手頃価格なのにタンブラーとしての保冷保温機能を備えた「サブヒロモリ」の可愛らしいタンブラーです。

蓋にハンドルが付いているため持ちやすく、サイズも小さすぎず大きすぎず適切といえるでしょう。可愛らしい色味も特徴で、男性にも女性にもおすすめのタンブラーです。

  • 容量:420ml
  • 重量:約228g

楽天市場でみる

キャンプには缶ホルダーもおすすめ

キャンパーたちが「お手頃感」に注目し始めている商品が「缶ホルダー」です。

キンキンに冷えた缶を入れることで、タンブラーと同様に冷たさをキープできるすぐれものです。デザインもおしゃれなものが多く、真空断熱構造で熱を逃がしにくいため注目されているようです。

サーモスの保冷缶ホルダーを紹介します。

サーモス/保冷缶ホルダー

350ml缶がすっぽりの缶ホルダーです。飲み口をつければタンブラーとしても利用可能で、キャンプだけでなくインドアでも使いやすいオールラウンダーなアイテムといえます。

ペットボトルなどを利用するより、缶ジュースや缶ビールを多く使用するなら缶ホルダーを検討してみるのも良いのではないでしょうか。

  • サイズ:7.5×7.5×13cm
  • 重量:約200g
  • メーカー参考価格:2,750円(税込)

公式サイトからみる

Amazonでみる
楽天市場でみる

機能性抜群のマイタンブラーでキャンプを充実させよう

おしゃれで機能的なタンブラーは、たくさん販売されています。どれも魅力的で迷ってしまう人も多いかもしれません。

タンブラーを選ぶ際には、以下の点を意識してみてください。

  • 必要な容量
  • 材質
  • 価格
  • デザイン(見た目&機能性)

立ったり座ったり動き回ることの多いキャンプで、マイタンブラーがあれば間違えることもなく、飲み物の温度もキープされ重宝します。

美味しいドリンクとともにキャンプで楽しい時間をお過ごしくださいね。

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load