BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【ランニングビギナーのための お助けQ&A】暑くて距離が走れません。そんなときでもパフォーマンスを維持できるようなトレーニングはありますか?

Question

暑くて距離が走れません。そんなときでもパフォーマンスを維持できるようなトレーニングはありますか?

Answer

ランニングには、持久力をはじめ柔軟性、筋力、バランス感覚など、さまざまな能力が必要になります。たとえ走る距離を延ばせなくても、トレーニングの方法を工夫することで、これらの能力を維持することは十分可能です。

短い距離で効率よくパフォーマンスをアップさせることができる練習方法として、よく耳にするのがインターバルトレーニングだと思います。これは、スピード走と休息を繰り返し行う練習法ですが、その人に適したスピードを設定する必要があり、さらにはそのペースを維持する必要があります。そのため、1人で練習する市民ランナーには少々ハードルが高いでしょう。しかし、正しい方法で行うことができるのであれば、パフォーマンスは確実にアップします。

これに対して比較的挑戦しやすいのは、ビルドアップ走です。たとえばフルマラソンを走るとき、最後まで同じペースで走ることは実際にはできません。そこで、ペースのコントロールが大事になってきます。

ビルドアップ走では、全体の距離にかかわらず、1回に走る距離を3段階にわけてペースをコントロールしながら(上げながら)走る練習をします。前半はゆっくり、中盤は少しペースを上げて、終盤はさらにペースをアップ。4段階にして、最後にややペースを落としながら走ってもいいでしょう。ペースをコントロールできるようになったら、全体の距離を少しずつ延ばしていきます。この方法なら、急にペースを上げないことだけ気をつければ、比較的、1人でも取り組みやすいと思います。

また、私のランニング教室でも毎回行っている、ドリルもおすすめです。クロスステップやサイドステップ、スキップなどいろいろな運動がありますが、目的に合わせていくつかを組み合わせて行うことで、走るときの正しい動き、リズミカルな動き、バランス感覚などを養うことができます。このような運動をコツコツ続けることで、走りそのもののパフォーマンスも向上しますし、ケガをしにくい体になります。

profile

頼れるお悩みバスター!!内山雅博先生

「ビギナーランニング教室」の講師も務める内山先生がランナーの悩みにズバリ答える。ビギナーからベテランまで幅広くランナーのレベルアップをサポート。

他のQ&Aを見る

SHARE

PROFILE

RUNNING style 編集部

RUNNING style 編集部

ランニング初心者から、サブ4を目指す中級者まで楽しめるランニング専門マガジン。トレーニングやアイテムの紹介、トレイルラン、イベントまでさまざまな情報をお届けする。

RUNNING style 編集部の記事一覧

ランニング初心者から、サブ4を目指す中級者まで楽しめるランニング専門マガジン。トレーニングやアイテムの紹介、トレイルラン、イベントまでさまざまな情報をお届けする。

RUNNING style 編集部の記事一覧

No more pages to load