BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【ランニングビギナーのための お助けQ&A】寒い時期は発汗量が減りますが、夏と同量の水分をとったほうがいいですか?

Question

寒い時期は発汗量が減りますが、夏と同量の水分をとったほうがいいですか?

Answer

一定の運動量に対して必要な水分量は、基本的には季節とは関係ありません。寒い時期でも運動すれば汗は出ますので、水分の補給は重要です。レース時であれば1回につき最大200mlをこまめ(およそkmごと)にとることが基本です。

ただし、冬は汗が出にくい環境であることは確かですから、飲んだ量が結果的に少ないこともあるでしょう。

そうはいっても、水のとりすぎになりはしないかと心配する人もいるようですね。本来減少しているはずの体重がゴール後に増えてしまったランナーがいるケースもあります。かいた汗の量より多くの水を飲んでしまったと考えられます。体内が水分過多になると、水中毒=低ナトリウム血症になることがあります。したがって飲み過ぎにも注意しなくてはいけません。ですが、先ほどお話しした基本の量を守ること、さらには塩分の摂取も心がけるようにすれば、まず問題はないでしょう。

これは補足になりますが、ランニング時の水分補給として真水をとる場合には、常温の水がおすすめです。冷たい水は体に一気に吸収されるため、トイレが近くなりますよ。また、トイレに行きたくないので給水を控えるという発想は大間違いです。

profile

頼れるお悩みバスター!!内山雅博先生

「ビギナーランニング教室」の講師も務める内山先生がランナーの悩みにズバリ答える。ビギナーからベテランまで幅広くランナーのレベルアップをサポート。

他のQ&Aを見る

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

No more pages to load