BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

REEBOK(リーボック)を歴史や名作、テクノロジーから振り返る|ランニングシューズブランド名鑑

イギリス生まれアメリカ育ちのファッショナブルブランド「REEBOK(リーボック)」

スポーツシューズの歴史は1人の青年のアイデアから始まった

1895年イングランド中部の小都市ボルトン。この地に「速く走るためにはどうしたらよいか?」を常に考えている青年がいた。その名をジョセフ・ウィリアム・フォスターといった。ある日、彼は靴の底に釘を打ち付けることを思いつく。実際にそのシューズを履いて走ってみると、今までにない速さで走ることができたのである。しばらくすると彼のもとには「俺にも釘を打ち付けたシューズを作ってくれ!」という依頼が殺到したが、このエピソードが世界最初のスポーツ専用シューズの誕生と言われている。それまではスポーツをする際も普段履く革靴を兼用していたのだ。

1900年、フォスター青年は事業として靴の製造を行うことを決断。J.W.フォスター社の誕生だ。彼が造るスパイクはランニングパンプスと呼ばれ、トップレベルのアスリートからも注文が来るようになる。そのなかにはハロルド・エイブラハムスとエリック・リデルが含まれ、彼らの活躍は1981年に公開されたイギリス映画「炎のランナー」でも後世に伝えられた。

1979、アメリカ進出で大きな飛躍を遂げる

1958年になると、事業を継承したジョセフ・ウィリアム・フォスターの孫たちにより、J.W.フォスター社はリーボックと社名を変更する。リーボックとはアフリカに棲む足の速い動物の一種で、アスリートに最高のパフォーマンスを発揮させることに貢献する同社にピッタリなネーミングであった。

基本的にイギリスを中心としたヨーロッパでのビジネスであった同社に大きな転機が訪れたのは、1979年のこと。スポーツ見本市でアメリカ人のアウトドア用品ディーラーのポール・ファイヤマンが、アズテックを始めとしたリーボックのスポーツシューズに興味を持ち、米国内の販売権を獲得すると、本格的に同マーケットにおける展開がスタート。それ以前にもアメリカ市場でリーボックは販売されていたが、彼との出会いが世界最大のスポーツシューズマーケットで飛躍する大きなキッカケとなったのである。

そして、リーボックが飛躍するもうひとつのトピックスが天然皮革製エアロビクスシューズ、フリースタイルの発表だ。1982年リリースのこのシューズは、それまでスポーツシューズに使われることのなかったガーメントレザーと呼ばれる薄手の天然皮革をアッパーに使用することで、足が革手袋に包まれたような快適な履き心地を提供。その人気はエアロビクススタジオを飛び出し、世界中の街で女性の足元を飾ることとなったのである。その後もガーメントレザー使用シューズをリリースしたリーボックは、1980年代後期から1990年代前期には、世界最大の市場規模を誇るアメリカで、ナイキとNo.1争いをするまでの存在となった。

現在も人気のインスタポンプフューリーは1994年に誕生

シーズン毎に新機軸を発表したリーボックは、1994年に業界をあっと言わせるランニングシューズをリリースする。それがインスタポンプフューリーである。1989年に誕生したポンプシステムはアッパーに内蔵された空気室に適量の空気を送り込むことで着用者にピッタリなフィット感を提供したが、このシューズは空気室自体がアッパーとなっており、これによりフィット感と軽量性が向上。そしてインパクトのあるデザインを採用した結果、リリースの翌年からはファッションシーンでも注目される存在となり、激しい争奪戦が繰り広げられた。

そんなインスタポンプフューリーは、デビューから26年が経過した現在もストリートで最も人気のあるスニーカーのひとつに挙げられるのはご存じの通り。

現在リーボックはアディダスグループを構成するブランドとなり、パフォーマンスカテゴリーの展開は限られているが、ランニングシューズはしっかりと展開。その名の通り宙を浮くような走行感を与えてくれるフロートライドは、ランナーから高い評価を得ることに成功している。

REEBOK(リーボック)ランニングシューズ名鑑

1994|Instapump Fury(インスタポンプフューリー)

斬新なデザインとカラーリングでハイテクスニーカーブームをリード

REEBOK/Instapump Fury(リーボック/インスタポンプフューリー)1994|ランニングシューズの礎を築いた“名作”たち

REEBOK/Instapump Fury(リーボック/インスタポンプフューリー)1994|ランニングシューズの礎を築いた“名作”たち

2020年02月26日

1997|DMX RUN 10(ディーエムエックス ラン 10)

DMXをランニングシューズに初採用

REEBOK DMX RUN 10(リーボック/ディーエムエックス ラン 10)1997|ランニングシューズの礎を築いた“名作”たち

REEBOK DMX RUN 10(リーボック/ディーエムエックス ラン 10)1997|ランニングシューズの礎を築いた“名作”たち

2019年11月30日

2010|ZIGPULSE(ジグパルス)

斬新なデザインが比類なき推進力を生んだ!

REEBOK/ZIGPULSE(リーボック/ジグパルス)2010|ランニングシューズの礎を築いた“名作”たち

REEBOK/ZIGPULSE(リーボック/ジグパルス)2010|ランニングシューズの礎を築いた“名作”たち

2019年12月20日

SHARE

PROFILE

RUNNING style 編集部

RUNNING style 編集部

ランニング初心者から、サブ4を目指す中級者まで楽しめるランニング専門マガジン。トレーニングやアイテムの紹介、トレイルラン、イベントまでさまざまな情報をお届けする。

RUNNING style 編集部の記事一覧

ランニング初心者から、サブ4を目指す中級者まで楽しめるランニング専門マガジン。トレーニングやアイテムの紹介、トレイルラン、イベントまでさまざまな情報をお届けする。

RUNNING style 編集部の記事一覧

No more pages to load