しっかり計測すれば ラインブレイクが少なくなる!! リールのドラグって 調整する時はどうするの? ~ジギング編~

ラグ設定は初心者ほど必要

ドラグ調整は海のアングラーにとって基本的な知識だ。

リールのドラグとは、その機能を使うことで釣り糸を切られなくするもの。ラインの強度に対して、その強度よりも引きの強い魚が掛かった場合、ラインが切られる前にラインを放出し、切れるのを防ぐ機構である。

ではドラグを緩めに設定すればラインは切られないと考えがちだが、この場合、ラインがどんどん放出されたのでは根や障害物にラインが擦れ、さらに混雑した船上なら隣の人とオマツリとなり、ラインブレイクや魚からフックが外れるといったことに陥ることになる。

ならば魚の引きに対して切れない太いラインを使えば良いという考えもあるかもしれない。しかしジギングの場合、太すぎるラインは潮に流され、狙ったポイントを探れない、ジグを機敏に動かすことができないということになる。魚のサイズや引きの強さを考慮しつつ、できる限り細いラインのほうが、アングラー側は楽なのだ。

そういったことからベストな太さのラインセレクトと、そのラインの強度に対してドラグ設定をしっかりして行っておくことが必要となるのだ。

ドラグのセッティングは、「適当で」と思っている人も多い。しかし初心者ほど、どのくらいに設定しておけば良いのか、その基準が分からない。よく手でラインを引っ張って調整している人がいる。「このくらいの強さで何キロ」と感覚で分かるエキスパートならそれでも問題ないが、分からない人はしっかりと計測器を使って設定しておくのが一番だ。

しっかりと計測していれば、青物などの引きが強い魚がヒットしてもラインが切れる心配は少ない。ジグを投入する前に、計測しておくことが必要だ!

設定の目安

ドラグの設定の基準は、PEラインの場合は強度の1/3、1/4ほどが目安となっている。ではなぜ、強度よりもそこまで低い値で設定する必要があるのか?

これはまずPEラインとリーダーの結び目、ルアーを接続するためのリング類とリーダーの結び目は、結束による強度低下の可能性があるからだ。ラインは結ぶと、その部分は摩擦で強度低下を起こす。そういったことから、強度低下の少ない様々な結び方が研究され、100%に近い結びもあるが、強度低下をしていることを前提に、余裕を持たせるのである。

さらに、魚とやりとりをしている最中に、ラインはロッドガイドやリールのラインローラーで擦れたりする。目に見えないキズが入っていることも考えられる。そういったことからも、1/3、1/4という数値に設定するのである。

ちなみにスローピッチジャークのファイトでは、ロッドとラインを直線的に構えてファイトする。この場合は、ガイドによる抵抗が少ないと考え、ドラグ値を1/3、1/4より上げてファイトすることもある。また魚の口切れなどの問題から、基準値より弱くしてファイトすることもある。

さてこのドラグセッティングの方法だが、使用するロッドとリールを組み、すべてのガイドにラインを通し、そしてトップガイドから出たラインに計測するハカリをセットし、ファイト時に近い状態に曲げて計測する。

これはロッドガイドの抵抗を含めたうえで計測するということ。ジギングの場合は、下へと突っ込むファイトが主なため、ラインは下方向、または斜め下方向で計測するのがベストとなる。

しっかりとセッティングしていれば、魚がヒットしたときにファイトにより集中できる。そしてよりキャッチ率が上がる。しっかりと行いたい準備のひとつだ。

 

ドラグの設定

 

ドラグは、バネバカリや計測したい重さのオモリをラインに装着したりしても計測できるが、正確に計測するのは難しい。だがリールのドラグ設定用に開発されたボウズプロダクションの「ドラグチェッカー」であれば、きちんとした数値を計測することが可能。ちなみにドラグチェッカーは、ハカリの目盛りが記憶されるため、1人でも測定が可能だ。写真はライトジギングに最適な5㎏モデル。この他に、1㎏、3㎏、15㎏モデルがある。

写真のようにラインを挟み込んで測定。ラインがまっすぐになろうとすることで、数値が出される。

ドラグ値の目安

PE0.8号(16lb→約7.25kg)⇒約1.8kg
PE1号(20lb→約9kg)⇒約2.2kg
PE1.2号(24lb→約10.8kg)⇒約2.7kg
PE1.5号(28lb→約12.7kg)⇒約3.2kg
PE2号(33lb→約14.9kg)⇒約3.7kg
PE3号(48lb→約21.7kg)⇒約5.4kg
PE4号(64lb→約29kg)⇒約7.2kg

※上記は1/4で計算した値です。ノットに自信があり1/3に設定する場合は、設定値は変わります。またlb数はラインにより異なります。使用ラインのlb数からkg数を割り出して計測してください。

ドラグ設定は、ファイト時と同じ状態にして測ることが基本。ロッドにリール、ラインをセットした状態で、ロッドの先から出たラインで計測する。この方法が、もっとも適正な数値でセッティングできる。ドラグチッカーを使用する場合は、PEラインの部分にセットし計測。ラインは動かないものに固定するか、第三者に持ってもらい、ロッドを実際のファイト時と同様に、しっかりと曲げて行う。少しずつ調整し、適正の数値が出るまで何度か調整し、設定しておこう。

ロッドをまっすぐの状態で測ったのでは、ガイドによる摩擦が起きないため、ファイト時を想定した適正な数値を出すことができない。キャスティングゲームでのドラグ設定では、そのファイトの体勢からロッドを立てて計測することもあるが、ジギングの場合は、右のイラストのようにラインは下側、または斜め前方がベストとなる。

ドラグ設定した時と同じタックルであれば、設定時のロッドの曲がりを覚えておくことで、正確ではないもののほぼ同じドラグ値に設定することも可能だ。

SHARE

PROFILE

SALT WORLD 編集部

SALT WORLD 編集部

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

SALT WORLD TOPへ

No more pages to load