BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【SALT WORLD Field Report】伊良湖水道のスーパーライトジギング

伊勢湾の入り口東側に位置する伊良湖水道、ここは愛知県伊良湖岬と三重県神島との間のポイントで潮の流れが速いことから年間を通して様々なターゲットが狙える。6月初旬マダイが好調のようであったため、スーパーライトジギングでチャレンジした。

タイラバ有利の中でのSLJの可能性

今回のレポートは、伊良湖沖のマダイ狙い。釣行前にいつもお世話になっている遊漁船・レオンに問い合わせると、「メタルジグで喰わないこともないが、タイラバ有利」との返答。そんな状況の中、メタルジグのみでのチャレンジを試みた。

潮の流れがあり、好漁場で知られる伊良湖沖の釣り場。様々魚を、ルアーで狙える人気釣り場だ。

過去、タイラバとの同船でジグでマダイを狙ったことは何度もあるが、やはりキーポイントはベイトが小魚を捕食しているか否かであった。事前の釣果情報の画像からも、小型が多く、フィッシュイーター化しているマダイではない気がし、不安ながらも過去の経験を生かして結果に繋がればと沖に出た。

今回、偶然にも乗り合わせた名古屋のプロショップライジングの女将さんの日浅さんが同船。日浅さんもメタルジグのみで挑戦するとのこと。ポイント到着し船長からのアナウンスは水深50m。ジグを投入して様子をみていく。すると船中ファーストヒットは日浅さんに訪れた。浮いてきたのは何とマダイ。ジグでも十分通用するのかと期待が持てる一匹であった。

その後、タイラバも安定してキャッチが続き、やはりタイラバ有利の感じであったので状況を聞いてみると底でのヒットが多いとのことであった。

名古屋のプロショップライジングの日浅さんにファーストヒット。良いサイズのマダイからスタート!
ファーストヒット後、タイラバにも連続ヒット! この時は底付近で当たりが多かったようだ。

潮が動いていない時間帯の攻略

同船者の釣果を観察しつつ、朝のうちは潮の動きがまだ緩いため、トリッカーⅡ55gのタックルに変更しフォールでのアクションを重視する方法に切り替えて探ってみた。すると着底後のワンアクション目でヒット。小型ながらうれしい一匹をキャッチできた。

このヒットは、フォールしたジグを追って着底したジグにヒットした感じであったが、今回のようなフィッシュイーター化していない場合は、底から10m以内でフォールを意識した釣りが効果的な場合が、今までの経験してきたうえでは多い。

自身にも待望のヒット! トリッカーⅡの着底後のワンアクションに喰ってきた。
日浅さんもトリッカーⅡを使用しサワラをキャッチ。
少し潮が動いてきたところで、ドロッパーFS100gにチェンジした日浅さんが二匹目のマダイをキャッチ。

マダイ狙いから青物狙いに変更。そして再びマダイ狙いに

その後、時間が過ぎ、ポイントを変えイナダ狙いに変更。イナダは良い反応に入れば入れ食いの状況もあり、その中にサワラが混じるといった状況であった。

イナダの反応も落ち着き、再びマダイ狙いに切り替え、少し深場の70m前後を狙うが、タイラバもジグもヒットを得られず終了となった。

結果的にはタイラバ優位の状況であったが、まだまだスーパーライトジギングの可能性を信じ、様々な状況に対応できるよう努力が必要だと感じた釣行となった。

イナダは良い群れに当たれば連続ヒット。その中にサワラが混じる。
ポイントには、多くの船が集まる。マダイ、青物を狙ったライトゲームの人気の高さがうかがえる。

時合を逃さず、適切なタックルセレクトで攻略!

伊良湖水道は水道というだけあり干満により潮流の変化が起こりやすく、釣果に速さが左右されやすい。そして時合が来るとバタバタと釣れることが多い。その時合を逃さないことがこの地を攻略してくうえで一つのポイントとなる。

釣り方としては船を立てるバーチカルな釣りがほとんどであり、ベイトタックルが釣りやすいが、イナダなどの速巻きに反応が強い魚を狙う場合にはスピニングタックルも必要である。

船を立てるため縦方向の釣りが主流になる。そのため、今回のようなマダイメインの場合、私はジャークしたときに動きすぎないジグのドロッパーFSをメインに使用する。イナダ狙いの場合はウィークベイトショートやウィークベイトSDなどの速巻きにも対応する動きの良いジグが有効である。

伊勢湾口は四季を通じてライトタックルによるターゲットが豊富であり、初心者の方がジギングの楽しさ手軽に味わえるエリアである。私も20年以上前にジギングの楽しさを教わった場所の一つであり、飽きることがないエリアだ。これからジギングを始めてみようという方も是非一度行ってみてはいかがだろうか。

縦の釣りが多くなる伊良湖沖では、使用タックルはベイトタイプが主流だが、青物狙いでは速いジグの動きが有効なため、スピニングもあるとベストだ!
ジグは、マダイメインの場合、動きすぎないドロッパーFSが効果的。速い動きで青物を攻略するときは、ウィークベイトショートやウィークベイトSDがいい。
魚種が豊富で、手軽にライトなルアーフィッシングを楽しめる伊勢湾口、伊良湖沖のエリア。初心者にお勧めのエリアだ。

使用タックル

ロッド:メロン屋工房・トゥルーブルーMSJ65UL、65L(プロト)、69L(プロト)、70LS
メタルジグ:メロン屋工房・ドロッパーFS60g、100g
トリッカーⅡ55g、75g(7月発売)
フック:メロン屋工房・アシストフックフィネス
ジガーライトホールド別注フッ素1/0(7月発売)
LJフックフッ素、Mサイズ

製品情報:メロン屋工房

www.melon-ya.net/index.html

遊漁船:レオン

www.fishing-leon.com/

SHARE

PROFILE

SALT WORLD 編集部

SALT WORLD 編集部

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

No more pages to load