BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【SALTWORLD Field Report】三重県伊勢志摩沖、冬のキハダゲーム

初冬が近づくと気になり始める伊勢志摩沖のキハダゲーム。例年であれば南下するサンマがベイトとなる季節だが、サンマ不漁の今年は様子が違った。そんななか、ジギング、キャスティング両方を駆使したゲームでグッドサイズをキャッチ、新たな可能性を感じることができた。

サンマの不漁で状況が変化

三重県伊勢志摩沖キハダは大きく分けて夏シーズンと冬シーズンに分けられる。冬シーズンは例年11月頃、サンマの群れが入るころからスタートするのだが、目安は茨木県日立沖で南下してきたサンマベイトでのキハダの釣果が聞かれ、そこから1週間から10日後に始まるのがここ数年の状況であった。しかし、ニュースで耳にした方も多いと思うが、記録的なサンマの不漁の今年はどうなってしまうのかと不安はあった。

10月下旬、そんな不安を打ち消すような釣果情報が入ってきた、それはジギングでの釣果によるもので、サンマではなくカマスがベイトでキハダが釣れているという。カマスのサイズも15~20cmほどと、大型メタルジグへの反応も良いという状況であった。

私も12月前半までに数回釣行を繰り返したが、乗り合いの方がキハダをキャッチするものの、私にはジグに歯形が残るバイトが2回のみ。あとは150kgほどのヨシキリザメがジギングでヒットし、リリースしたぐらいであった。

12月前半の釣行でヒットした150kgほどのヨシキリザメ。

40kg超えのキハダに大判のカツオ 2020年最後の釣行は幸先よくスタート

12月下旬、今年最後のキハダ狙い。船は『へいみつ丸』さんで、この時期には珍しく3日間出船出来た。釣行数日前ではサンマの回遊はあるが、数が少なくナブラを狙えるような状況ではなく、カマスベイトも終わった感じ。目撃情報のあるエリアをジギングとキャスティングによる誘い出しという方法でスタートした。

朝一、原田さんのファーストキャストにキハダのバイトがあり、期待が高まった。そして、トモでキャストしていた西尾さんにヒット、いつもながら安定したファイトですんなりと40kgオーバーをキャッチ、ルアーはTWZ200Fであった。

西尾さんがキャッチした40kgオーバーのキハダ。ルアーはTWZ200F。

その後は私と林さんが大判と呼ばれる8~9kgほどのカツオをダブルキャッチしたぐらいで、我慢の時間が続いた。

自身もサーチポップで30kgオーバーGET! その後はジギング勝負へ

前日はお昼頃にも時合いがあったと船長がいうなか、キャスティングでサーチポップの誘い出しにヒット。それほど大型ではないが慎重にファイトし、30kgオーバーのキハダをキャッチ出来た。初日からキャッチ出来、ここ数回ノーキャッチだったので肩の荷が下りた感じであった。

サーチポップの誘い出しに来た30kgクラス。ルアーは丸飲みされていた。

2日目、3日目は釣れているエリアが限られ、船が集まり魚へのプレッシャーが高くなったためか、キャスティングでのバイトは得られず。ジギングでビンチョウマグロや大判カツオがキャッチされたがキハダはノーキャッチで、今シーズンのキハダ釣行は終了した。

プレッシャーの高まった2日目以降はジギングで勝負。キハダは出なかったが、大判カツオやビンチョウマグロがヒットした。
原田さんがジグで釣り上げたビンチョウはこの体型。
同じくジギングで西尾さんがビンチョウをキャッチ。

ジギングの期待も膨らむ今後の伊勢志摩沖 専用ロッドの開発も継続中!

例年、ビンチョウマグロのジギングに交じりキハダがキャッチされるのだが、今冬シーズンはキハダがメインターゲットとなる日が多く、今後は周年通してキハダをジギングで狙えるのではないかと期待を膨らませるシーズンとなった。

しかし、現状マグロ専用ジギングロッドとされる機種は少なく、メロン屋工房も現在急ピッチで試作テストを繰り返している。もう少し時間は掛かりそうですが、ユーザーの皆様には期待していただきたい。

タックルデータ

●キャスティング

ロッド:エキセントリックキャスティング EC87H、EC87MH、EC87M(全てプロト)
ルアー:TWZ200F、TWZ185F(プロト)、TWZ165F、サーチポップ200、ペンシルポッパー17cm(プロト)
フック:アシストフックフィネス プラグシングル2/0相当~4/0相当
ライン:YGK Xブレイド フルドラグ6号、8号
リーダー:YGK キャストマンアブソーバー 130lb

●ジギング

ロッド:6.3ftマグロ用ジギングロッド(プロト)
ルアー:ウィークベイトSD300g、400g(いずれもプロト)
フック:マグロ用ジギングフック(プロト)
ライン:YGK Xブレイド スーパージグマンX8 5号
リーダー:YGK Xブレイド FCアブソーバー 100lb

製品情報
メロン屋工房HP
出船情報
へいみつ丸HP

SHARE

PROFILE

SALT WORLD 編集部

SALT WORLD 編集部

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

No more pages to load