BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ZIPPからオールロード用ドロップハンドル「Service Course XPLRシリーズ2」登場

「ZIPP(ジップ)」から、新製品が登場。オールロード用ドロップハンドル「Service Course XPLRシリーズ2」がラインナップに加わった。以下、プレスリリースより。


近代的なグラベル /オールロードバイクでは、大きくフレアしたハンドルがブレーキフードを横に倒し、ブレーキフードのポジション時に人間工学的な問題を引き起こします。 ZIPPのデザインチームは、ライダーに好まれているロードバイクのフードポジションを維持したまま、荒れた道を高速で走行してもコントロールしやすい新世代のオールロードバーを開発しようとしました。

フレア角が大きすぎるとブレーキフードが横倒しになり、ブレーキフード ポジションに人間工学的な問題が起こります。

フレア角が小さいとブレーキフード とバーエンドの差が少なくなり 、グラベル向きのワイドなポジションが取りづらくなります。

これを両立させるために徹底的な研究とテストの結果、ZIPPの デザインチームは 5°フレアと 11°アウトスウィープを組み合わせた理想的なドロップ ハンドル、 Service Course SL-70 XPLRと Service Course 70 XPLRを 開発 しました 。

グラベル用ハンドルとしては小さな5°のフレアにより 、 ブレーキフードを倒さずにロードバイクとほぼ同じ握りやすさを提供。ブレーキレバーの下からさらに 11°外側に広がることで、フードの位置より 約 6cm広くバランスのとり易い バーエンド ポジションを両立しました。

ドロップ形状は、人気の70mmリーチを特徴としていますが、ドロップは 115mmと浅くなっています。

XPLRは、コンピューターマウント、エアロエクステンション、バッグなど、長距離に必要なあらゆるものに対応する100mmのクランプエリアを備えています。

XPLR(explorer)は、舗装された道路から砂利、泥、ダート、さらにはシングルトラックまで、ドロップバー自転車の定義を広げて世界を探索したいという想いを示しています。

 

▼Service Course SL-70 XPLR
価格:13,220 円(税抜)
サイズ: 400mm/420mm/440mm/440mm (c-c)
重量:260g±5% (420mm)
リーチ:70mm
ドロップ:115mm
ランプ角:10°
フレア:5°
アウトスイープ:11°
バックスイープ:3°
材質:7050 アルミニウム
Di2 バーエンドジャンクション対応

 

▼Service Course 70 XPLR
価格:5,920 円(税抜)
サイズ: 420mm/440mm/440mm (c-c)
重量:305g±5% (420mm)
リーチ:70mm
ドロップ:115mm
ランプ角:10°
フレア:5°
アウトスイープ:11°
バックスイープ:3°
材質:6061 アルミニウム
Di2 バーエンドジャンクション対応

 

問:インターマックス
http://www.intermax.co.jp

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load