BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

自転車に最適! ステムデザイン×バイシクルクラブ「ペダリングカーゴショーツ」

国産サイクルウエアブランド。ステムデザインとのコラボレーション、傑作サイクルショーツにアウトドアテイストを加えた自転車×アウトドアなパンツがBCの通販サイト、グッドライフグッズに登場! 枚数限定の特別販売!

ステムデザインの傑作パンツ、
ペダリングショーツの別注オリジナル

ステムデザインは、大手ファッションメーカーやスポーツウエアメーカーのパタンナーとして活躍している栩原拓士さんが、みずから興したサイクルウエアブランドだ。
街乗りでも使える、大人のカジュアルサイクルジャージをコンセプトとし、ノンストレスな走りを追求したクオリティーの高い製品が特徴だ。

ふだんも自転車通勤をする栩原さんが「『これはぜったい欠かせない』という最適解のパンツを作る!」と開発したのが、ステムデザインのロングセラー「ペダリングショーツ」だ。今回GLG(グッドライフグッズ)で発売するBCとのコラボアイテム「ペダリングカーゴショーツ」は、このペダリングショーツがベースとなっている。

ステムデザイン栩原拓士。大手ファッションメーカーのパターンを手掛けてきたベテラン。パタンナーとして活躍しながらも、自身のブランド「ステムデザイン」を立ち上げる

ペダリングカーゴショーツ製作時の完成予想イラスト。ここから実際に試作品を履いて最適なポケット位置を模索 

ビブショーツの技術をカジュアルパンツに

レーパンとは違うカジュアルパンツでありながらも自転車ギアであることにこだわったデザイン。その機能性の高さはビブショーツの3Dパターン技術を応用したことにある。
「スポーツメーカーにサイクルジャージを依頼されたときに、海外の最先端3Dパターンのビブショーツを糸をほどいてバラして研究しました。そこまでやるかということをしており、かつ理にかなっている。この概念をカジュアルパンツにも落とし込もうと考えたんです」

こうして生まれたペダリングショーツ。ペダリング時のストレスを生地のストレッチ性だけで解消するのではなく、型紙のパターンで快適さを生んでいるのが大きな特徴だ。

快適さを生む型紙、パタンナーの力量が試される

 

乗車時の前傾姿勢でも前部はダブつかず、後部は腰回りが足らなくならないよう、絶妙な立体になっている。動きにフィットした機能パターンだ。極力縫い目は少なく、シンプルに立体形成されている。サドルの上になる位置に縫い目がないのも特徴だ。見た目も機能も高いレベルで兼ね備えた妥協のない1本となっている。

サドルの上になる位置に縫い目がない。シンプルでありつつ、ペダリングのストレスになる要素を極力なくしたデザイン
ライディング時にフィットするようにパンツの前部分がU字に下がっているのが分かる


 

乗りやすさと多機能、丈夫さを両立したカーゴポケット

別注というとカラー違いに留まる製品も多いが、ペダリングカーゴショーツは、カーゴと呼ぶにふさわしい収納性を大幅にアップしたオリジナル。ある程度の収納力を持ったパンツなので、バックポケットなしのTシャツでもでツーリングできる。
いままでシティカジュアルよりだったステムデザインのラインアップになかったアウトドアなテイストを加えた意欲的な商品。グラベルライドの雰囲気にも向く。

ボトルも余裕で入るたっぷりサイズのカーゴポケット(製品版は後部にボタンを追加)。モノを入れやすい斜めの開口部と振動で飛び出しづらい深さを持っている


カーゴポケットを追加しつつ、ペダリングショーツの快適性と洗練したフォルムもスポイルしない絶妙なデザインだ。

「ポケット追加の別ラインを組んだり、またポケットの強度を増す『かんぬき』を力がかかり破れやすいポイントの随所に施すなど、すごく手間がかかっている。単なる別注にみえて、じつはすごく大変なアイテム。ペダリングショーツに対して1100円くらいのアップですけれども、質と凝った仕様、手間を考えるととてもコストパフォーマンスはいいと思います」と栩原さん。

収納力と使い勝手も考えて、かつペダリングの衝撃で入れたものが飛び出ないように深めにしつつ、手も入りやすいようなポケットの口になっている。自転車だけでなく、キャンプなどのアウトドアにもなじむ凝ったポケットだ。

サドルから降りてもオシャレな大人のショーツ。ラフになりすぎない上品さがありつつも、アウトドアシーンで映える独特のバランス

パワーネットのスマホ用ポケット

またスマートフォンに対応した専用のポケットも設けた。パワーネットという素材を使い、機能とデザイン的なアクセントとなっている。
このポケットを左右どちらに付けるか? 編集部でもトワル(簡易な試作品)の段階でパンツを履いて実際にロードバイクに乗りポケットの位置を検討した。答えは左側。停止した際に着く足は左側。右側にポケットがあるとモモは水平になっており、スマホを取り出しにくい。

絶妙な位置でライディング時には暴れずジャマにならず、停車時に取り出しやすい左側のスマホ用ネットポケット


「左足を着いて、脚がまっすぐになったときにスマートフォンがストンと入る。ペダリング時にもいい位置にあり暴れずいい感じでした」とは今回モデルとしてパンツを着用した山下晃和さんの感想。ポケットの位置も絶妙な角度を生むべく検証している。

パワーネットは、ストレッチ性が縦横にあって通気性がありかつ強度も高い素材。もともと女性用下着のインナーなどによく使われた素材だが、最近はアウトドア系のウエアにも多く使われ始めている。

日本製素材&倉敷の老舗縫製工場で作られる
MADE IN JAPAN

パンツの素材は、ペダリングショーツと同じく、テイジンが開発した新快適素材ソロテックスを採用。ストレッチ性・形態回復性・ソフト感、吸湿速乾性がある高品質な素材。多機能ポケットを追加しても、軽快感はそのまま。
カラーは、ペダリングショーツでもっとも人気が高く、コーディネートで合わせやすいネイビーの一色に絞った。

繊維業の町、岡山県倉敷にある縫製工場でステムデザインのパンツは生産されている。倉敷ジーンズでも有名な場所で、この工場でも数多くの国産デニムパンツを手掛けている
世界に誇る日本の高い縫製技術、熟練したプロ職人の技がステムデザインのクオリティーを生んでいる

これを倉敷の老舗縫製工場で生産している。デニムでも有名なエリアで、同じ工場で高級デニムも生産されている。高度なパタンナーの技術とメイドインジャパンの品質高い縫製が生んだ、アウトドア×サイクルパンツの決定版だ!

[ステムデザイン]サイクルカーゴショーツ 販売ページはコチラ

サイクルカーゴショーツ販売サイト

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load