BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ベルギーを拠点に活動「チームユーラシア IRC タイヤ サイクリングアカデミー」

7月21日から8月22日の夏休み期間中に中高生を対象にしたチームユーラシア―IRC タイヤ サイクリングアカデミーが、ベルギーのコルトレイク市を拠点に行われた。以下、チームからのレポートをお届けする。

チームユーラシア‐IRC タイヤ サイクリングアカデミー

このサイクリングアカデミーは今年で5回目となり、レースに参加し結果を残す事は重要な課題ではありますが、同時に「戦略」「テクニック」「安全」など自転車に必要なスキルや知識を学びながら、現地で競技生活を送っているチームユーラシアの選手たちと一緒に生活することで、集団生活の基本的な経験も積んでいます。

レースの結果

全日程33日間で参加したレースは15レースに参加しています。

10位入賞の成績は以下の通り

7月29日 Izegem 6位 津田 悠義
8月10日 Denderwindeke 3位 鳥海 祐甫
8月13日 BRASSCHAAT 6位 鳥海 祐甫
8月14日 Lessin 3位 川崎 三織
8月14日 Lessin 6位 西本 健三郎
8月14日 Lessin 8位 留目 夕日
8月18日 GP Philip Gilbert  (UCI1.1)9位 川崎 三織
8月21日 Ruiselede 7位 鳥海 祐甫

全レースのレポートは以下を参照してください。
http://teameurasia.hatenablog.com/archive/category/Cycling%20Academy

8月10日 Denderwindeke で3位に入賞した 鳥海 祐甫 欧州レース初参戦ながらラスト1㎞でメイン集団から抜け出し3位入賞を果たした。

落車事故への取り組み

サイクリングアカデミー期間中は様々な取り組みを行っていますが、特に力を入れているのは「落車」について。トレーニング中はもちろん、レース中であっても落車は「赦されるものではない」と捉え、「落車事故」の低減に努めています。トレーニング中の落車はここ4年間で1回と成果を上げています。レース中の落車については2017年から力を入れて取り組んでいます。2週間程度の滞在期間中では落車の確率を下げることに限界がありますが2018年以降では約半分にまで減りその成果が表れてきています。

年によって参加者数、参加レース数、参加期間が異なりますので、それぞれのレース参加者数を足したものが「ユニット」です。例えばRR年のXXのレースでエントリーが4名、YYのレースでエントリーが6名の場合はユニットが10となります。
落車数をユニットで割ったものが「1人の選手が1レースで落車する確立」となります。2016、2017年では12~13%発生していた落車が6~7%台に減っています。

また、落車を防ぐための指導をチームうユーラシア所属の選手たちも参加して行うことで、ユーラシアの選手たちの落車の確率も低減しています(2019年のユーラシアの選手たちが参加したレース数は228で落車している確率は平均して2.19%)。

高木秀彰サポートプログラム

チームユーラシア‐IRCタイヤ サイクリングアカデミーに高木秀彰サポートプログラムよりサポートを受けた川崎 三織選手が欧州遠征が実現させることができました。
8月6日ベルギー入り。17日間で6レースに参戦する予定でしたが、インターハイ後に体調を崩し、2レースをキャンセル。初戦は8月14日 Lessinとなりました。

8月14日
Lessin U19
8.9kmX10周 89km

Kawasaki Miori 3位
Nishimoto Kensaburo 6位
Todome Yuhi 8位

3周目に2名が抜け出し、そこに反応することが出来ずに逃してしまい、最後まで逃げ切られてしまった。3位以降は約15人の集団のまま最終周回となり、ラスト1kmで集団から抜け出した川崎が逃げ切り3位に入賞した。

8月18日 ラ フィリップ ジルベール UCI1.1 ジュニア
126km 出走127名

9位 川崎 三織
DNF 五十嵐 洸太
DNF 留目 夕陽
DNF 西本 健三郎
DNF 堀川 敬太郎
DNF 上野 颯斗

このレースはフィリップジルベールのファンクラブが主催し、リエージュ バストーニュ リエージュで有名な「ラ ルドゥ」の丘(1500m 平均勾配9.4%、最大勾配13.7%)を2回通過する。
コースは山岳賞のかかった登り6ヵ所に加え、フィニッシュは6回目の山岳ポイント「ラ ルドゥ」の中腹に設定され登りゴールとなる。126kmのコースで獲得標高は2050m。登りと下りしか無いコースレイアウト。特にレース後半となる80km過ぎから厳しい登りが待ち構える。

参加選手は川崎 三織、五十嵐 洸太、留目 夕陽、西本 健三郎、堀川 敬太郎、上野 颯斗の6名。チームとしての目標は序盤の逃げに加わることを第一とし、逃げに加われなかった場合は各登りでの中千切れに注意しつつ、80km以降の後半に備えて温存し完走する事とした。
スタートして40kmで集団落車が発生。上野と留目が落車。留目はすぐに立ち上がり集団を追い、集団に復帰したが、上野は追いつく事が出来ずにリタイヤとなった。
メイン集団では常にアタックが掛かっている状態で、20秒以下の小さなギャップで先行するグループができても集団が吸収していた。
レースは80km過ぎに9名が最大で90秒先行し、ここから本当のレースが始まった。この時点でメイン集団は50名前後に絞られ、残っていたのは川崎のみ。
104km地点の登りで後続集団のペースが上がり約15名が飛び出し、川崎がここに加わった。川崎を含む15名は120km地点の「ラ ルドゥ」の登りの麓で先行する選手たちを吸収し、レースを振り出しに戻した。
ラ ルドゥの登りを先頭で通過した川崎だったが残り5kmの下り区間で8名の先行を許し、逃げ切られてしまった。川崎は後続の集団の先頭でフィニッシュし9位に入賞した。

登りを得意とする川崎だが得意な登りでその実力を如何なく発揮することができた。ただし夢中で走り続け自分でレース展開を組み立てながら進行させることはできなかった。今回は展開にも助けられた上での9位入賞であったが、今後も実力を発揮し国際大会でよい成績を残していくには「展開力」も求められてくる。
残る高校生活および来るべきU23としての競技生活の中でより積極的にレースを展開して欲しい。
このレースには世界選手権ジュニアロードレースで7位に入賞した英国代表のAlfred George や同4位、個人TTで2位のオランダ代表のEnzo Leijnse 以外にも数名が各国の代表として走っており、とてもコースのみならずとてもレベルの高いレースだった。来年も是非チャレンジしたい。

1 BROUWERS Emile AVI les 126 km en 3h09’04” (moy. 39,986 km/h)
2 GELDERS Gil OOP 00:02
3 REINDERINK Pepijn BAL 00:02
4 ANDREASEN Jeppe VKO 00:02
5 STOCKWELL Oliver GBR 00:05
6 ASKEY Lewis GBR 00:08
7 PEATFIELD Isaac FEN 00:08
8 VAN OOSTEN Koert BAL 00:08
9 KAWASAKI Miori EUR 00:17
10 LEIJNSE Enzo WPG 00:17

今回のこの大会は故高木 秀彰氏の「若い選手を応援したい」と言う意思と、ご遺族の方々、関係者の皆さんのご支援により実現させることができました。ナショナルチームの海外遠征が減っていく中、若い選手が欧州の国際レースに参加する事が出来た事は、今回の結果に関わらず参加した選手達にとって大きな「自信」「課題」「希望」を残したはずです。いまのこの気持ちを忘れずに突き進んで欲しいと思います。

2020年について

2020年もサイクリングアカデミーを開催します。詳しい案内につきましては2020年3月末頃を目途に公式ブログ、フェイスブック、インスタグラム等において公表させていただきます。

サイクリングアカデミー 報告会

2019年 サイクリングアカデミーの報告会をジャパンカップ IRCタイヤブースにて行います。アカデミーに参加した選手、保護者の方はもちろん、アカデミーに関する事、落車、育成など多岐にわたり質問に対応させていただきますので、是非お越しください。

10月19日 13:00 ジャパンカップ 宇都宮森林公園会場内 IRCタイヤ ブース
10月20日 13:00 ジャパンカップ 宇都宮森林公園会場内 IRCタイヤ ブース

チームユーラシア IRCタイヤサイクリングアカデミー
http://teameurasia.hatenablog.com/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load