別府史之が2020年 デルコ・マルセイユ・プロバンスへ移籍

11月7日にトレック・セガフレードからの移籍を発表した別府史之選手が自身のHPで、来期は古巣のフランスのUCIプロチーム、デルコ・マルセイユ・プロバンスで走ることを発表した。

(以下、公式HPより)

2020年度UCI ProTeam登録予定のフランスのデルコ・マルセイユ・プロバンス(2019年度登録名称)へ移籍します。

デルコ・マルセイユ・プロバンスは来年度、フランス2番目のUCI ProTeamとなることが予想されおり、パリ〜ニースやパリ〜ルーベといったUCI WorldTourカテゴリーのレースの出場権も獲得予定です。

また、このチームの前身はヴェロクラブ・ラポム・マルセイユというフランスアマチュアチームで、フミがアマチュア時代を過ごしたチームでもあります。現在もチームマネージャーを務めているフレデリック・ロスタンとは旧知の仲で、今回の移籍についても、とても歓迎してもらえました。

また、このチームには、すでに日本人選手3名、石上優大、岡篤志、中根英登の加入が発表されています。

2020年度からまた新たなスタートを切ることになります。
改めて応援よろしくお願いします。

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

BiCYCLE CLUB TOPへ

No more pages to load