BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

MAXXIS(マキシス)|トッププロからエントリーライダーまでマッチする豊富なタイヤ

1967年に誕生したタイヤブランド、MAXXIS(マキシス)。その技術力を武器に世界160カ国にシェアをもち、トッププロからエントリーライダーまでマッチするさまざまな用途、グレードのタイヤを展開している。

超軽量トップモデルと高耐久トレーニングモデル

マキシスはロードバイク用タイヤだけで、じつに11種類ものラインナップを誇る。そのなかでクリンチャーモデルのフラッグシップに位置付けられるのが、ハイロードSLだ。170gというのはロードクリンチャーとしては最軽量の部類に入る数値で、これを可能にしたのが170TPIというケーシングの密度だ。加えて内部の「ハイパーSコンパウンド」によって転がり抵抗も大幅に低減。決戦用レーシングタイヤとして申し分のない一品に仕上がっている。

対照的にトレーニングタイヤとして最適なのがパーサー。60TPI、255g(25C)のモデルがもつ最大のアドバンテージは、その耐久性。ケーシング数が少ないぶん、繊維一本一本は太くなるため、強度が上がる。耐パンク性や耐摩耗性においてその強さを発揮。また濡れた路面でも高いグリップ力を発揮するため、雨天時にも安心して使える。通勤・通学用にもオススメできる。

ワールドチームも使用するクリンチャータイヤ
「ハイロードSL」

マキシスはワールドチームのイスラエル・スタートアップネーションに供給を行っているため、そのパフォーマンスの高さは選手たちの折り紙付き。軽量ロードバイクにふさわしい超軽量タイヤだ。

1インチあたりのケーシングの繊維総数を表すTPI。170という数値はかなり高く、一般的なモデルよりも、軽くしなやかだ。

さらにタイヤ内部のケブラーコンポジット レイヤーにより、耐パンク性能を高めている。

ハイロードSL

7500円(税抜)
対応タイヤ:クリンチャー
TPI:170
サイズ:700×25C、28C
重量:170g(25C)

 

トレーニングならパーサー。雨にも強い高耐久モデル!
「パーサー」

同じくワールドチームにトレーニング用として供給されるパーサー。天候や路面の悪い環境でも長期間使え、ライドの安全性を確保する。

パーサー

3200円(税抜)
対応タイヤ:クリンチャー
TPI:60
サイズ:700×23、25、28、32C
重量:255g(25C)

 

問:マルイ
https://maxxis.jp

出典

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load