BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

バイシクルクラブ7月号は5月20日発売!特集は「肩甲骨×骨盤連動ヒルクライム」

バイシクルクラブ7月号は5月20日に発売! 今月号の特集は「肩甲骨×骨盤連動ヒルクライム」、さらに第2特集は「28Cタイヤってそんなにいいのか!?」と今注目の700×28Cタイヤのインプレッションと盛りだくさんです。

このほか「はこね金太郎ライン」開通!箱根大絶景ライドと題して、自転車乗りならいつかは行きたい絶景ルート2本を紹介する。さらに日本一アウトドアな自転車ショップが教える「バイクパッキング野遊び新スタイル」では、2021年の新しい自転車遊びの提案を特集します。

出力向上テクニック
[肩甲骨×骨盤]連動ヒルクライム

女性ヒルクライマーの第一人者、日向涼子さんが、コーチング指導経験豊富なスマートコーチングの安藤隼人さんに、新たなヒルクライムのスキルを学ぶ。キーワードは、肩甲骨と骨盤の連動だ。すぐに脚が張ってしまったり、急勾配で失速しがちで坂道に苦手意識があるヒルクライマー必読!

第2特集 人気モデル試乗チェック!
28Cタイヤってそんなにいいのか!?

かつては19Cや20Cが主流だったロードバイク用タイヤも23Cを経て、さらに現在では25Cが標準と太くなってきた。そして注目されているのがさらに太い28Cだ。かつてはロングライドやツーリング向けの存在だった28Cだが、今では標準的なロードいバイクの走りかたに向いているという。その真実にインプレッションで迫ってみよう!

第3特集 「はこね金太郎ライン」開通!箱根大絶景ライド

「箱根の山は天下の険」。そしてその中心にある芦ノ湖。ここにアプローチする道はさまざまあるが、そのなかでもとくに景観に優れたルートがあることをご存じだろうか?

周辺駅からの獲得標高は1000mを超えるライドだが、その先には大絶景が待っている!

自転車乗りならいつかは行きたい絶景ルート2本を紹介

日本一アウトドアな自転車ショップが教える
バイクパッキング野遊び新スタイル

自転車に荷物をパッキングして野山を楽しみつくすバイクパッキング。長野県の伊那谷というフィールドを知りつくした自転車ショップ「クランプ」、そのスタッフ2人にバイクパッキングの楽しみ方を伝授してもらった。アウトドア遊びの達人が魅せる、マネしたくなるスタイルとは?

カンパニョーロ・ボーラウルトラWTO
ボントレガー・アイオロスRSL
スラム・ライバルeタップ

最新ホイールと注目の、無線電動コンポーネントの最新情報をいち早くお届け!

ハシケンの「ロードバイクエクスプローラー」
ラピエール・エアコードDRS7.0

表紙にも登場したラピエール・エアコードDRS7.0をハシケンが100㎞走り、そのレビューをお届けする。

  • 道端カレンの「自転車カレンダー」●尾根幹で行く 多摩丘陵の自然散策
  • 団長安田の「自転車大サーカス」●自転車でジャンプ!
  • エル・プロタゴニスタ●シエルブルー鹿屋 原田裕成

バイシクルクラブ6月号はこちらで購入できます

amazon

 

出典

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load