BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ライディングスタイルに合わせて選ぶシマノのサイクリングウエア|SHIMANO

高性能コンポーネンツで知られる「SHIMANO」(シマノ)。多くのライダーからのフィードバックを活かしたサイクリングウェアも、評判が高い。注目はシリアスライダーのレースやトレーニングでのパフォーマンスをサポートする「S-PHYRE LEGGERA」(エスファイア レジェラ)シリーズと、新しいパターンデザインとなり、快適性を維持する「ブレイカウェイ」シリーズを紹介。元プロライダーの大久保 陣さんに着用感をレビューしてもらった。

パフォーマンスを向上させるシマノのサイクリングウェア


自転車部品において、長年、限りなく理想に近づくよう、妥協のない技術開発や製品開発を行ってきたシマノ。
サイクリングウェアにおいても、パフォーマンスの向上と快適性を追い求めている。

ライダーの乗車姿勢と動きの分析により、ライディングスタイルとライダーのレベルに最適化させるフィットデザインがカテゴライズされている。パフォーマンの向上を重視した設計、軽量で空気抵抗を最小限に抑えたS-PHYRE LEGGERAは、ロードコンペティションモデル。前傾姿勢にフィットし、レースからツーリングまで幅広いシーンで身体の動きをバランスよくサポートするパフォーマンスデザインをブレイカウェイシリーズに採用している。

衣服内温度37℃がもたらすベストパフォーマンス

カテゴリーを越えて、シマノのすべてのサイクリングウェアに共通した考え、テクノロジーがある。それは「37℃ TEMPERATURE REGULATION」だ。レース、そしてツーリング時の天候、ロード条件、運動強度に左右されることなく、ライダーがつねにベストのパフォーマンスを発揮できるよう、衣服内温度は37℃を目指し、素材とベンチレーションの配置を行っている。

では、そうしたテクノロジーを纏ったウェアの実際を紹介していこう。

シリアスライダーに求められる通気性とエアロダイナミクスを追求したS-PHYRE LEGGERAシリーズ

光沢感のあるブラックに、あでやかなブルーが袖下からサイドに入るデザインは、一際存在感があるS-PHYRE LEGGERAシリーズ。シマノアパレルのフラッグシップモデルとなるS-PHYREに属し、通気性、超軽量、エアロダイナミクスを高次元で備えたモデルだ。猛暑日のトレーニング、ヒルクライム、レースにおいて、S-PHYREと冠されたとおり、その高い機能はライダーに最大の効果をもたらす。

S-PHYRE LEGGERA ショートスリーブジャージ

価格:2万3100円
カラー:ブルー、ネイビー
サイズ:S~L

セットインスリーブされた肩から袖と高い伸縮性のある素材により、深い前傾姿勢をとった時でも、違和感なく身体にフィットする。前面と胴回りに採用された超軽量ニット素材は着用時にはスケないが、脱いで生地をストレッチしてみるとスケて向こうが見えるほどの薄さ。薄く伸びがいいのにしっかりとした耐久性がある。サイドパネルと袖は軽量で通気性の高いメッシュ生地を配置し、着心地の軽さ、涼しさを実現している。伸縮性にも優れた袖のメッシュ生地は少し長めにデザインすることで、筋肉を効率的にサポートしている。

超軽量のニット素材を採用。軽さだけでなく、まさに第二の皮膚のようなフィット感だ
生地の伸びがよく、スマホや補給食など収納には困らないポケットの内側には折り返しがあり、収納物の落下を防ぐ
袖口はフラットバンドを採用し、フィット感を向上。長めのデザインで、エアロダイナミクスに優れる

S-PHYRE LEGGERA ビブショーツ

価格:2万5300円
カラー:ブラック
サイズ:S~L

高いストレッチ性能をもつビブショーツ。激しいレースやトレーニングライドで脚の筋肉をサポートするコンプレッション効果も得られる。目の細かなメッシュ素材が採用され、暑い天候下でのライドで、快適さを提供。レーザーカットされたフラットなストラップは、肩に掛かる圧力を分散。背面には大きくメッシュ素材が使用され、効率よく熱を発散する。衝撃吸収性と通気性にすぐれた4層構造のパッドとともに、プロフェッショナルグレードならではの着心地と機能を実現している一着。

やや長めにデザインされた裾は、幅が広く脚馴染みがいい。また太モモ部分はコンプレッションファブリックを採用
衝撃吸収性と通気性にすぐれた4層構造のパッド。フラッグシップモデルのみに採用される

RC9

価格:4万6200円
カラー:ブラック、ブルー、ホワイト
サイズ:36-48/ハーフサイズ39~43/ワイドタイプあり
重量:240g(サイズ42)

360°サラウンドラップ構造のアッパーにより、ライダーの足と一体化。カーボン素材のソールとともに力が逃げないペダリングを可能にした。ロードコンペティションシューズのフラッグシップモデルが、この一足だ。

2つのロープロファイルのBOA Li2ダイヤルを採用。素早く、正確に足にフィットさせることができる
ヒールカップがかかとをしっかりと固定。カーボンソールとともに足のねじれを防止し、最適なポジションを維持

SHIMANO ADVANCED レースグローブ

価格:4620円
カラー:ホワイト、ブラック、レッド、ブルー
サイズ:S~XL

手のひら部分にグリップ力を高める特殊素材を採用。あえて衝撃吸収パッドを廃した、バイクとの一体感と高い操縦性が自慢のグローブ。親指部分にはソフトなタオル地を使用。

手の甲部分には薄く、伸縮性に長けた素材を使用。エアロ効果を高めている。手首まで覆う長めのデザインも特長だ

LAZER GENESIS AF

価格:2万5300円(7/1価格変更)
カラー:マットブラック、ホワイトブラック、マットチタニウム、レッドブラック、フラッシュイエロー、マットブルーグレー

LAZERのハイエンドモデル。日本人の頭にもフィットしやすいアジアンフィットモデルで展開。しかも190g(S)と超軽量だ。

頭頂部のダイヤルでフィット感を調節。またベンチレーションを多く備えている

S-PHYRE X

価格:2万3100円
カラー:メタリックブラック、マットメタリックホワイト、マットメタリックレッド
レンズ:ライドスケープRD
スペアレンズ:ライドスケープCL
重量:26.3g

採用されたライドスケープレンズは鮮明度が高く、一体型レンズにすることにより広い視野を確保している。メインレンズは、コントラストを高める効果があり、細かな路面状況や段差を認識しやすくする。陽が落ちたり、曇りの日にはスペアレンズとなるクリアのライドスケープレンズに交換も可能。またどちらも紫外線を99%カットするUV400フルプロテクションで、紫外線を避け、目の疲労を抑制。ハイドロホビックコーティングにより、撥水性が高く、キズも付きにくい。まさにサイクリング用に最適化されたレンズだ。

フレームは軽量であり、剛性が高いグリルアミドTR90を採用したハーフリム。下部のリムは取り外し可能。テンプルはフィット感を追求した形状であり、さらに環境に優しく、軟らかいゴムのTPEを採用したソフトテンプルチップを採用。厚さの異なるリバーシブルのノーズパッドは調整がしやすく、顔にしっかりとフィットさせる。フレーム、テンプル、ノーズパッドのバランスがよくデザインされており、驚くほどにかけ心地は軽い。

ライドスケープレンズはシマノオリジナルのレンズ

新パターンとなったブレイカウェイシリーズの着心地は、多くのライダーに支持される

ブレイカウェイシリーズは、伸縮性、通気性に長けた生地を適材適所に配置し、パターンを見直すことで、ライダーが高いパフォーマンスを維持できるモデルとなっている。そして今シーズン、シマノウェアは日本の文化伝統を象徴するデザインを採用。ブレイカウェイシリーズの柄は、陶磁器の修復技法、金継ぎがモチーフだ。

ブレイカウェイジャージ

価格:1万2100円
カラー:ネイビー、チャコール、ホワイト
サイズ:S~XL

前面のパネルには高級感のあるダイヤモンド柄素材を採用。とくに横方向の伸縮性を多くもたせることで、あらゆる体型のライダーに合うフィット感を提供している。肩周りのアナトミックパターンも新設計され、ライディングフォームにより追従するパターンとなっている。袖にも4wayストレッチ素材を採用することで、上半身の動きを妨げず、ライダーのパフォーマンスをさらにアップさせてくれている。そして、サイドパネルはメッシュ地、そして身体の前面と背面を覆う部分は吸湿性の高い素材を用い、夏のライディングに対応する快適性を備えている。

通気性がよく、伸びのよい素材なので、暑い日のライディングやヒルクライムに最適
袖はフラットな仕様で、ハイエンドモデル同様のナチュラルなフィット感
アームホールの大きさは程よく、腕も動かしやすい。脇下からメッシュパネルが施され、ムレも軽減

ブレイカウェイ ビブショーツ

価格:1万3200円
カラー:ネイビー、チャコール、ホワイト
サイズ:S~XL

足回りは伸縮性が良い素材を採用し、しっかりとフィット。裾には幅広のシリコンバンドが配置され、ペダリング時のズレを防ぐ。背面は大きなメッシュ構造になっていて、ムレを軽減、肩甲骨の動きを妨げないカットとなっている。パッドは長時間の使用でも心地よさを維持するパフォーマンス8パッドを採用。ロングライドを快適に漕ぎ進むことができる。

裾はワイドなシリコンバンドでズリ上がりを防止。無用なストレスをしっかりと抑えてくれる

RC3

価格:1万5400円
カラー:ブラック、レッド、ホワイト、インディゴブルー(ウィメンズ 36-40)
サイズ:36-48/ワイドタイプあり
重量:243g(サイズ42)

アッパーの中心にあるBOAダイヤルで、フィット感を調節。サラウンドラップ構造によりグローブのようなぴったり感を得られる。コストパフォーマンスにすぐれ、必要十分な機能を装備している。

オフセンターフラップにBOA L6ダイヤルを配置。これひとつで、シューズ全体をしっかり締め付ける
ソールは軽量グラスファイバーコンポジットナイロン製。ペダリング時のパワーが、しっかりと伝わる印象

ESCAPEグローブ

価格:4400円
カラー:ホワイト、ブラック、レッド、ブルー
サイズ:S~XL

通気性に富んだメッシュ素材を甲部分に採用。負荷の掛かる手のひら部にはPORON XRDと低反発パッドを施し、衝撃吸収を確実に行なってくれる。汗を拭うタオル地も親指に装備する。

手のひらは操作性を上げたアナトミックデザイン。シリコンプリントで、ズレも抑制する

LAZER SPHERE

価格:1万4850円
カラー:マットストライプ、ブルー、ホワイト、マットブラック、マットダークグリーンイエロー、レッド
サイズ:M(55~59cm)、L(58~61cm)
重量:280g(M)

アジアンフィットとヨーロピアンフィットの中間サイジングを採用。多くの人にフィットするサイズ感を実現したモデル。ベンチレーションはライディング時に最も効率的に風が通る設計がなされ、暑さを効果的に軽減する。

上位モデルにも使われているポリカーボネートロールケージ構造を採用。流線型ながら、スポーティ過ぎないフォルムは、日本人でも似合う人が多そうだ

EQIUINOX

価格:1万5400円
カラー:マットブラック、メタリックホワイト、メタリックレッド
レンズ:ライドスケープRD/フォトクロミックDグレイ(PH)
スペアレンズ:クリア(フォトクロミックDグレイはスペアレンズなし)
重量:26.6g(RD)、28.2g(PH)

レンズ上部にリムのあるハーフリムフレーム仕様で、曲げやねじれへの強度をアップ。S-PHYRE Xと同じくライドスケープレンズを採用。明るさに応じてレンズカラーが変わるフォトクロミックレンズモデルも用意。フィット感を調節できるノーズパッドは、誰でも最適なポジションを可能にする。

赤色のレンズカラーは陰影を強め、障害物をよりはっきりと見せてくれる効果がある

今年の夏、熱いキモチで涼しくライドしたいらなら、シマノで間違いなし!

暑さを和らげ、シーンに応じて、またレベルに応じて最適を選べるシマノのサイクリングウェア。テストを終えた陣さんに感想を聞いてみた。

「S-PHYRE LEGGERAシリーズは、プロライダーがレースでも着たくなる軽さが魅力。着心地も選手用のウエアと同等です。これだけ薄く伸びがいいのにしっかりとした耐久性を感じるので、現役のときならワンサイズ小さくてもいいかも?と思いました。ブレイカウェイシリーズは、ビギナーから中級者までライドの楽しさをサポートしてくれるウェアだと感じました。とくにビブのフィット感や耐久性を感じる作りがいいと思います。きちんとした機能性があり、それでいてこの価格は安いと思います」

インプレッションライダー
大久保陣

2020年まで宇都宮ブリッツェンに在籍した元プロライダー。身長184cmと大柄の体格を活かしたスプリンター。雨のレースに無類の強さを発揮。今回はほぼ現役選手目線で、テストしてもらった。

 

シマノの最新サイクリングウエアはこちらをチェック!
シマノ公式サイト
サイクリング ウエア

 

問:シマノ自転車お客様相談窓口
TEL.0570-031961
https://bike.shimano.com

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load