BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

サイクリングでも日常でも便利! 高機能なパールイズミのアクセサリー

サイクリングにも、日常にも気軽に使えるウォレットがあると便利だ。

例えば休日にサイクリングに出かけたまま、日常にも使えるデザイン性の高いウォレットならば中身を詰め替えずに済むし、サイクリングの際に忘れ物で困るなんて場面からも解放してくれる。

サイクルウエアブランド「パールイズミ」がつくるウォレットなら、サイクルウエアブランドならではの高機能素材を使っており、防水性、耐久性も高く安心だ。日常で使っているウォレットをライドに持って行って、バックポケットに入れていたら汗で濡れしてしまったなんて経験は誰しもあるかもしれないが、これならば心配だ。

このほかパールイズミではウォレットのほか、コンパクトに収納できる携帯バッグ、そしてサイクリングのときに便利なツールケースをラインナップしている。自転車を知り尽くしたブランドが作った製品だけに、いずれも防水機能を持たせており雨や汗の強いので安心なのはもちろん、サイクリストにうれしい機能が盛り込まれている。ここではパールイズミのアクセサリー類を紹介していこう。

雨や汗にも強く、ライドでも便利な「ウォレット」

普段から使えて、さらにライドのときに便利な防水機能で雨や汗から中身を守ってくれる高機能「ウォータープルーフ ライド ウォレット」。サイズも、ジャージのポケットに入れるのにちょうどいいサイズになっている。また大きめのスマホも収納できるので、ライドの際にも安心。さらに、カード収納ポケット、小銭収納ファスナーポケットのほかキーフックもあり、ちょっとした工具類を入れることもできる。カラー展開はブラックとグレーとがあり、普段着に合わせやすいデザインになっている。

ウォータープルーフ ライド ウォレット

価格:3,520円(税込)
カラー:ブラック、グレー
サイズ: 幅90mm×高さ165mm×厚さ35mm
https://www.pearlizumi.co.jp/detail/65331

スマートフォン収納スペースとしても機能するほか、カード収納ポケットが充実。紙幣収納ポケットに小銭収納ファスナーポケットもあるため、ここにちょっとした工具やUSBケーブルなどを入れておくといざという時に安心だ
サイクルジャージのバックポケットに収まるサイズで使いやすく、さらに再帰反射素材を使っているので、バックポケットに差した状態で被視認性も高くなるため安心だ
防水素材に止水ファスナーの組み合わせなので、汗や雨にも強い。さらに大型ファスナーを使っているため、冬の季節に指付きグローブを着用したままでも開閉が楽だ
さらに詳しくはこちらの動画へ

 

透明な窓付きでスマホを入れて使うのに便利な「クリア ウォレット」

スマホは収納したけど、画面が見れないのは不便。そんな使い方をする方にお勧めなのが「クリア ウォレット」だ。前面に透明窓のポケットをつけることでスマホ画面が確認できる優れもの。さらに雨や汗に強い素材を使っているので、こちらもライド中に中身が汗で濡れることを心配しなくてもよい。さらにファスナーで閉じられる収納箇所も多く、工具やコネクトチェーンなどのパーツもかなり収納できるので、旅行に出かける際にオーガナイザーとして活用することもできる。

クリア ウォレット

価格:3,630円(税込)
カラー:ブラック
サイズ:幅100mm×高さ190mm×厚さ25mm

カード収納ポケットや紙幣収納ポケットのほか、小銭収納ファスナーポケットがあり、ここにパーツ類を収納できる。さらにキーフックも付いている
背面には小銭収納があり、収納内部には厚手の起毛素材を使っているため、工具を入れてもまわりを傷つけることなく安心だ

軽量コンパクトなのでお買い物にも便利な「ヘリウム バッグ」

コンパクトサイズで幅85×高さ75mmに収まるので、ウエアのバックポケットに収納できる。さらに重量は約50gと軽いのもうれしいところ

輪行したときに使わないヘルメットを収納するのにも便利な簡易バックパック「ヘリウム バッグ」。ポケッタブルにもなるので、サドルバッグに入れておけばライド先で買い物をしたときにも収納スペースが生まれる。また、素材には撥水素材を使っているので、多少の雨や路面からの泥水の跳ねも気にならない。普段の生活でも便利で、ビジネスバッグに忍ばせておけば、エコバッグ替わりもなるので便利だ。

ヘリウム バッグ

価格:3,850円(税込)
カラー:ブラック
サイズ:15l
重量:約50g

ショルダーハーネスにはメッシュを採用しているため、汗がたまらず快適だ
容量は15lとヘルメットや着替えを入れても余裕のあるサイズ
外側には小物が収納できるポケット付がある。ボトルやツールケース、輪行袋が収納できて便利

止水ファスナー採用だから工具もサビない「ツールケース」

ロードバイクやクロスバイクのボトルケージに入れておける便利なツールケース。ただし、意外と工具類は水に弱く、ツールケースの中でサビていたなんてことになる。そこでツールケースを選ぶときには防水性の高いものがおススメだ。パールイズミのツールケースは防水素材、さらにジッパーには止水タイプを使っているので中身が濡れにくいので安心だ。

ツールケース

価格:2,200円(税込)
カラー:ブラック

中身はメッシュの仕切りがあり、2分割式なのでシンプルで収納しやすい
メッシュを採用しているため、工具を入れても暴れて音がすることもなく、チューブは2本も入る余裕あるサイズだ

 

パールイズミの製品について、詳しくはこちらまで↓
パールイズミ WEBサイトへ

 

問:パールイズミ
http://www.pearlizumi.co.jp

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load