BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

都会の千葉公園でマウンテンバイク全日本選手権を開催!

11月6日、7日の2日間、マウンテンバイクイベント「TIPSTAR Urban MTB Festival in 千葉公園」が開催された。JR千葉駅から徒歩10分の千葉公園という立地のよさ、さらに緊急事態宣言が解除され、ひさびさにおこなわれた有観客レースということもあり多くの観客が集まり盛り上がりをみせた。そのメインイベントとして行われた第34回全日本自転車競技選手権大会マウンテンバイク XCC(クロスカントリー・ショートトラック)とXCE(クロスカントリーエリミネーター)の様子をお伝えする。

初日XCEは男子は森下尚仁、女子は川口うららが勝利

男子XCEは元チャンピオン澤木が予選敗退の波乱

土曜日に行なわれたクロスカントリー・エリミネーター、エリートメンは、前年の優勝者の澤木紀雄が1/4ファイナルで転倒、敗退という波乱もあり、北林 力(Dream Seeker MTB Racing Team)、森下尚仁(Click八幡)、中村龍吉(acu-power RACING TEAM)、竹之内 悠(ToyoFrame)の4名でファイナルが争われ、ゴールスプリントを制した森下が、エリート1年目にして全日本チャンピオンという快挙を成し遂げた。

XCEエリート男子優勝の森下は中学時代までMTBレースに参加していたが、その後進学を機に陸上競技に専念。今季からXCO登録して下位カテゴリーをすべて優勝してステップアップした19歳。エリート2戦目の今レース「スタートで出遅れてしまいましたが、1コーナーでインに入れたので、後は自分のラインを取ることができました。ゴール前で(中村選手)に並ばれたので、夢中でバイクを送り出しました」

女子XCEはロードU23チャンピオンの川口うららが勝利

XCEエリート女子優勝の川口うらら。「昨年以来の(エリミネーター)レースだったので、とにかくスタートで前に出ることをイメージしていましたが、うまく決まったのでとにかく漕ぎまくり、あとは落ち着いて後半のロックセクションに対応。きつかったけど勝てて良かったです」

エリートウイメンは、川口うらら(日本体育大学)、矢吹優夏(B.B.Q)、松本璃奈(RIDE MASHUN SPECIALIZED)、小林あか里(信州大学)と、全員がXCOアンダー23という顔ぶれでファイナルが行なわれ、スタートから先行した川口が小林のアタックをしのいで昨年に続きチャンピオンとなっている。

2日目のXCCは男子は沢田、女子は川口が勝利

男子XCCはシクロクロスチャンピオンの沢田 時が北林 力を抑え勝利

日曜のクロスカントリー・ショートトラック、エリートメンは34名が2組に分かれて予選レースを行い、20名が1周約800mのコースを20周する決勝に進出。スタートから1分30秒前後のハイペースでレースは展開され、沢田 時(TEAM BRIDGESTONE Cycling)、宮津 旭(PAXPROJECT )、北林 力(Dream Seeker MTB Racing Team)、山本幸平(Dream Seeker MTB Racing Team)、高本亮太(立命館大学)がトップグループを形成。

終盤、沢田と北林の一騎打ちとなるが、最終ラップで仕掛けた沢田が、北林を0.52秒差で振り切って優勝。東京オリンピックでプロ生活にピリオドを打ち「いちマウンテンバイクファンとして」出場したという山本だが、途中何度もリードするなど最後までレースを盛り上げ、4位でフィニッシュしてみせた。

XCCエリート男子優勝の沢田「スタートから前に出られたので、あとは(ライバルを)どこで振り切れるか?でしたが、幸平さんのプッシュもあって最後まで厳しい戦いになりました。勝てて本当に良かったです。次のXCO、シクロクロスも獲って今年を締めくくりたいですね」

女子XCCは川口うららがXCEに続き連覇

エリートウイメンは、前日のXCEファイナリストに早瀬久美(日本ろう自転車競技協会)とユースの石川七海(Champion System Japan Test Team)を加えた6名で決勝が行なわれた。小林が先頭でレースをリード、それに川口、矢吹が追う展開で始まるが、7周目に矢吹が転倒。再スタートを試みるがリタイヤすると、川口と小林が先頭交代しながら最終ラップに突入。バックストレートで加速した川口が逃げ切りで今大会2つめの勝利を手にしている。

XCCエリート女子優勝の川口 「スタートから逃げ切って勝つというのが当初の目標だったので、自分の中では少し残念な展開でした。裏のストレートでスパートして、昨日同様、最後まで漕ぎまくりました」

山本幸平にJPF渡辺社長からサプライズ

表彰式後には山本幸平のいままでの功績をたたえ、労をねぎらうセレモニーが行われ、JPF渡辺俊太郎社長、兄の山本和弘さんから花束が贈呈された。

リザルト XCE

男子エリート

1位 森下尚仁(熊本)Click八幡
2位 中村龍吉(福島)acu-power RACING TEAM
3位 北林 力(長野)DreamSeekermtbracingteam

女子エリート

1位 川口うらら(兵庫)日本体育大学
2位 小林あか里(長野)信州大学
3位 矢吹優夏(東京)B・B・Q

男子マスターズ

1位 岡本紘幸(愛知)EXLUBproject
2位 斎藤朋寛(神奈川)RIDELIFE GIANT
3位 古郡今日史(静岡)minzuuBike

女子マスターズ

1位 広瀬由紀(神奈川)Cyclone

リザルト XCC

男子エリート

1位 沢田 時 (滋賀) TEAM BRIDGESTONE Cycling
2位 北林 力 (長野) DreamSeekermtbracingteam
3位 宮津 旭 (長野) PAXPROJECT

女子エリート

1位 川口うらら (兵庫) 日本体育大学
2位 小林あか里 (長野) 信州大学
3位 松本璃奈 (長野) RIDE MASHUN SPECIALIZED

女子ユース

1位 石川七海 (千葉) Champion System Japan Test Team

男子マスターズ

1位 岡本紘幸 (愛知) EXLUBproject
2位 石川正道 (千葉) Champion System Japan Test Team
3位 山崎雅典 (神奈川) EndureLife

男子アドバンス

1位 加藤直仁 (東京) Team Nipop
2位 橋本賢毅 (東京) Team0909ヤマ
3位 酒井 嶺 (東京) Endurelife

男子チャレンジ

1位 根本悠司 (大阪) シマノドリンキングXC
2位 長塚良介 (神奈川) B.B.Q
3位 片岡 武 (神奈川) 片岡自転車

 

TIPSTAR Urban MTB Festival in 千葉公園
https://www.mtb-chiba.com/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load