BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

兵庫・丹波地域を自転車で満喫! サイクルステーションが「丹波の森」拠点の公園に完成

兵庫県丹波篠山市にある丹波並木道中央公園に10月23日、県立公園内のサイクルステーションとして2カ所目となるサイクルステーションがオープンした。無料で使える更衣室、シャワー、駐車場などを完備。美しい里山に自然・人・文化が調和した丹波地域を、自転車で満喫するための拠点となる施設だ。

兵庫県全域でサイクルツーリズムを推進

兵庫県では全国的に知名度の高いアワイチ(淡路島一周)をはじめ、県全域でサイクリングモデルルートを作るなど、サイクルツーリズムに力を入れている。丹波地域では城跡、寺院、丹波竜などの多彩な魅力あるエリアを巡れる「兵庫丹波チャレンジ200」が策定された。

兵庫丹波チャレンジ200 コース図
ひょうごサイクリングモデルルート

丹波並木道中央公園サイクルステーションは、「兵庫丹波チャレンジ200」ルートのほぼ中心に位置しており、ルート全体、あるいはその一部を走るスタート・ゴール地点として絶好の場所だ。ルートは平坦な田園地域や、高低差のある峠などの変化に富み、中上級者にも走りごたえのある設定になっている。

サイクルステーションとしては、2020年にオープンした加東市の播磨中央公園サイクルステーションに続き、県立公園内としては2カ所目。木の温もりが感じられる、開放的な建物が新築された。ステーションが位置する丹波並木道中央公園は、「丹波の森構想」に基づいた、広域レクリエーションや都市・農村の交流、地域活性化の拠点として2007年に開園した、丹波地域初の広域公園だ。

無料駐車場が24時間利用可能

施設内には温水洗浄付きトイレ、休憩フリースペースや、男女別の更衣室やシャワー室があり、いずれも無料で利用できる。フリースペースにはスポーツバイク用の空気入れとサイクルスタンドも用意する。

利用可能時間は午前9時30分から午後4時30分まで。またサイクルステーション横の専用駐車場と公園入り口から近い第2駐車場が、サイクルステーションのオープンに合わせて、早朝利用を念頭に24時間無料利用が可能になった。これまで早朝・夜間は公園内の駐車場は閉鎖されていたが、早朝からの長距離サイクリングをする際のアクセス拠点として、便利に使うことができる。

公園へは舞鶴若狭自動車道の丹南篠山口インターから約5分の距離。鉄道ではJR福知山線の丹波大山駅より徒歩10分。大阪の中心部からいずれも1時間前後でアクセスが可能だ。

200kmを走破するイベントも

10月23、24日にはサイクルステーションの竣工式に合わせて、200kmの同ルート全体を2日間かけて走るイベント「兵庫丹波チャレンジ200フルコースライド」が開催された。

ライドでは篠山城など史跡をたどりながら、変化に富んだコースを走った。休憩地点では地元グルメを味わい、また酒蔵見学も組み入れられ、丹波地域を多面的に楽しむイベントになっていた。

今後も同ステーションを拠点としたサイクルイベントなど、サイクルツーリズムを通じて地域を盛り上げる催しを計画しているという。

丹波並木道中央公園サイクルステーション

場所:丹波篠山市西古佐90 丹波並木道中央公園内
構造:木造平屋建(県産木材を使用)
建築面積:160.52㎡
利用可能時間:午前9時30分から午後4時30分

施設内容

休憩フリースペース、トイレ、シャワー室、更衣室、自転車組立てスペース、自転車用空気入れ、サイクルラック(最大15台)、専用駐車場(4台)

 

兵庫県立丹波並木道中央公園HP
http://www.hyogo-park.or.jp/tanba

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load