BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

BESVなら山道を走るときもふたりの時間を楽しめる

モデルでサイクリストの日向涼子と自転車ジャーナリストのハシケン。ヒルクライムが趣味の“坂バカ”夫婦が、なぜ今、BESVなのか!? それは、ロードバイクでは解決できなかった魅力があるから。さらに、トレーニングライドも許容する本格仕様の走行性能。BESV初のグラベルロードのJG1と、ロードモデルのJR1をインプレッション!

トレーニングライドも許容する、本格スポーツバイク性能に満足

(左)軽快さを楽しめるロングライド仕様の「JR1」 (右)ベスビー初のeグラベルロード「JG1」

ヒルクライムを趣味にしている僕らは、昨年末からeバイクのあるサイクルライフも楽しんでいる。こぎ出し、向かい風、何より坂道でラクができる点がeバイクの特長だ。
「坂を頑張ることこそ、ヒルクライムの面白さでは!?」とのツッコミはごもっともで自問さえしたが、eバイクのある生活は、僕らの遊び時間をさらに充実したものに変えてくれている。具体的には、一緒にライドへ出かけたパートナーとの脚力差が埋まり、同じ時間や景色を共有できるようになった。
これまでは、ロングライドに出かけても山の中に入ると各々のペースで走ることが多かったが、2人で走る時間が増えた。しかも、あえてペースを緩めたり、上げたり、相手に合わせなければならないという焦りが生まれることなく走れる。
僕らはレースに向けた身体づくりという目的で、“がんばる”トレーニングライドもする。とはいえ、終始シャカリキになるわけではない。登坂は各々のペースで追い込んでも、休んでラクをしたい時間帯のほうが多い。
そんなときもeバイクなら脚を休めつつ、コミュニケーションを多くとれる。BESVならば性能面でも不満がなく、トレーニングライドさえ充実させてくれる。

車重15kg台の軽さを特徴とするJG1とJR1でふたりで走る時間を共有。コンパクトな軽量バッテリーは軽量な車体とマッチして坂道では自然なトルク感でアシストしてくれる
アシスト力だけではない! 本格派ローディーも納得の運動性能

非日常から日常までeバイクの最適解

ワクワクさせてくれる一台。BESV初となるeグラベルロードに抱く印象だ。安定志向のジオメトリー、妥協なきパーツアッセンブル、そしてパワフルであり快適でもある走行性能は、どれをとっても完成度が高い。
昨今のグラベルやアドベンチャーライドを楽しみ尽くすために生まれてきたといえるだろう。そして、何も非日常シーンだけに特化したバイクではなく、快適さを求めたい日常の通勤シーンでも活躍してくれる守備範囲の広さも魅力。まさにはじめてのeバイクの最適解だ。

すべてのシーンを凌駕するJG1の走破性

いっぽうで、スポーツバイクらしい加速時のキレやダンシング時の軽快さを実現したモデルがJR1だ。BESVの得意とするスタイリングの美しさを生かしたロードバイクスタイル。
20kg前後の車重に達するeバイクが多い中で15.7kgと軽量な仕上がりで、坂道ではアシストも相まってスムーズな加速を得られる。さらに、100㎞を超える本格的なロングライドにも対応し、これまでためらっていた山岳ライドにも安心して挑戦できるだろう。また、アシストオフでもロードバイクらしさがスポイルされない基本性能を有している点もすばらしい。
JG1とJR1に共通のバッテリー(約1.45kg)は小型軽量なため、追加バッテリー(専用バッグあり)を携行しやすい点も魅力だ。

日向涼子&ハシケン

自転車メディアやイベントを中心に活動する日向涼子と、自転車ジャーナリストのハシケン。ともに本誌で連載をもち、自転車の楽しさや奥深さを発信。ブライベートでは気ままにロングライドに出かけることもあれば、筑波山などへトレーニングライドに出かけることも。近年は、eバイクや未舗装路を楽しむ時間も増えた。

 

圧倒的な走破性と高い快適性を融合冒険心を刺激するeグラベル

JG1

価格:369,600円(税込)
カラー:Olive Drab
サイズ:S / M

フロントシングルのドライブトレイン設計と快適性を高めたグラベル専用コンポーネントのシマノ・GRX(リア11速)を採用。フレアドロップハンドルが安定性を高める
広いタイヤクリアランスを確保するカーボンフロントフォーク。エアボリュームのあるノブ付きの38Cタイヤが高い走破性と快適性を生む
7.0Ah、36Vの軽量バッテリーをダウンチューブに完全内装
最大出力250Wの軽量小型のリアハブモーターを搭載
国内初フルカラー液晶ディスプレイ

SPEC

フレーム アルミニウム
寸法 1730×1040×510(S) / 1740×1065×510(M)
シートチューブ 490mm(S)/520mm(M)
重量:15.8kg(S)/15.9kg(M)
ギヤ:SHIMANO GRX 11s
アシストモード:2アシストモード&スマートモード
バッテリー:36V 7.0Ah リチウムイオンバッテリー
最大走行可能距離:105km / 40km
駆動補助機付型式認定番号:交N21-9(S) / 交N21-10(M)
普通自転車型式認定番号:交A21-9(S) / 交A21-10(M)

JG1製品ページ

洗練された美しさと100㎞超のロングライドを約束するeロードバイク

JR1

価格:31万4600円
カラー:マットブルー / マットホワイト / マットブラック
サイズ:XS/M

変速、ブレーキ系統はシマノ105をアッセンブルし、油圧ディスクブレーキ仕様。ハンドルを握りながらアシストレベルを切り替えできるデュアルアシストコントロールスイッチをハンドルに搭載
リアハブモーターによるアシスト機能は、エコモード&パワーモードのほか、踏力によりアシスト力を自動調整するスマートモードの3タイプ
ロード走行に最適化した25Cタイヤが標準装備。28Cまで対応するクリアランスを確保
ダウンチューブ内にJ、CFシリーズ共通の軽量バッテリーを搭載

SPEC

フレーム:アルミニウム
寸法:1665×955×410mm(XS)/ 1680×1000×445mm(M)
シートチューブ:480mm(XS)/ 530mm (M)
重量:15.7kg (XS) / 16kg (M)
ギヤ:シマノ 105 2X11s
アシストモード:2アシストモード&スマートモード
バッテリー:36V 7.0Ah リチウムイオンバッテリー
最大走行可能距離:115km / 45km
駆動補助機付型式認定番号:交N18-56(XS) / 交N18-55(M)
普通自転車型式認定番号:交A18-35(XS) / 交A18-34(M)

JR1製品ページ

 

 

BESVオフィシャルサイト
https://besv.jp/

Info

出典

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load