BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

ビワイチで立ち寄りたい! 自転車店併設のおしゃれなカフェ「mitikusa cafe」オープン

1月22日(土)、滋賀県のJR南草津駅近くに『mitikusa cafe(みちくさカフェ)』がオープンした。店舗には同日にオープンした「コンズサイクル南草津店」が併設されており、自転車を通じてサステナブルな社会をつくっていくというビジョンのもと、KON’S CYCLEを展開する京都自転車販売株式会社が地元の大学生と一緒に企画したカフェとなっている。以下、プレスリリースより。

立命館大学の学生と企画した、びわ湖の環境を守る「ミニマムウェイストなカフェ」

カフェ企画の中心となったのは、立命館大学 食マネジメント学部 3回生の松本愛梨さん。カフェのコンセプト立案からロゴデザインなど全体の企画に関わっていただきました。松本さんは学生生活の中でフードバンク等の活動を通して、食品ロスや規格外野菜の現状を目の当たりにしてきました。そんな中、コンポストという堆肥化をする仕組みを知り、食品ロスの再資源化を広めるグループ『Uni-Com(ユニコーン)』を立ち上げ共同代表を務めています。

KON’S CYCLE × mitikusa cafe スタッフ

「mitikusa cafe」のコンセプト『緑地と湖のまちをつくるカフェ』を実現するため
3つの活動を実施します

地域の魅力と出会えるカフェ

地域の情報発信の場として観光マップや地域の活動を紹介していく予定。自転車のスピードで自然を感じながらまちの魅力を感じてもらい、その途中で「みちくさ」できるようなカフェに。

ミニマムウェイストなカフェ

コンポストによりゴミをできるだけ出さない仕組みと野菜などの地産地消を展開予定、地域の資源を守り、びわ湖の環境活動を応援。イベントを通じて活動を広げ、地域に貢献できる場所を目指します。

みんなでつくるマルシェ

シェアキッチンやマルシェを実施。カフェから生まれるさまざまなステークホルダーのつながりから地域の共創が生まれる場所にします。

mitikusa cafe ロゴと松本さん

「mitikusa cafe」ロゴは、地域に愛され、なにより運営するメンバーが「好きな場所」と言えるように何度もワークショップを重ねて完成しました。

とりの巣に見立てたコーヒーカップは、「新しいものを生み出す場所」「帰って来れる場所」をイメージ。美しいびわ湖を表現する「波」と、そこでひと休みする「水鳥」で表現したロゴは、いつまでも美しい地元の自然を守り、地域の方がホッとできる場所にしたいという想いが込められています。

専属バリスタと「間借りシェフ」がいるお店

バリスタ稲垣氏

カフェでは京都の有名店でバリスタを経験した稲垣寿基氏のコーヒーを楽しんでいただけます。地域の方が飲みやすく、コーヒーを身近に感じられるようなmitikusa cafeオリジナルブレンドを提案。また、新しいドリンクも意欲的に挑戦しており、びわ湖をイメージしたmitikusaソーダなどを開発中。鮮やかな青色が特徴で、幻の果実とも表現される「柚香(ゆこう)」という果物が入っており、柚子のような香りとすだちのような酸味で、甘すぎない爽やかな味が特徴です。

ドリンクメニュー(予定)

エスプレッソ(シングル) 350円(税込)
アメリカーノ      400円(税込)
カフェラテ       450円(税込)
ソイラテ        500円(税込)
※メニューの一部。お菓子や季節のドリンクなども予定。

フードについては、シェアキッチン形式で、日によって替わる「間借りシェフ」がキッチンに立つ予定。運営は、地域課題をパラレルワーカーと一緒に解決する合同会社洛北社中様が担当。InstagramやFacebookで「間借り」スケジュールを発表し、同時に「間借りシェフ」も随時募集。洛北社中様には大学生の松本さんと一緒に、今後カフェで実施するイベントや環境活動の運営にも携わります。

シェアキッチン「ロコモコ」

地域とつながる「まちの自転車屋さん」の挑戦

コンズサイクル(京都自転車販売株式会社)は1997年に京都市東山区で「サイクルKONDO今熊野店」として開業してから、京都市内及び城陽市、宇治市、滋賀県草津市に直営15店舗とWEBストアを展開しています。また安全に自転車を使えるように、京都市の委託事業として2021年にサイクルセンターとしてリニューアルされた大宮交通公園(京都市北区)や市内の保育園などで、児童のための自転車安全教室の運営を行っています。

「自転車だから見える景色がきっとある。」のビジョンのもと、自転車のスピードだからこそ感じられる自然の風やまちの風景を大切にしたいと考えています。京都・滋賀に根ざしていくうえで、一番大事にしているのは地域に愛される「まちの自転車屋さん」であること。

今回のカフェ事業については、地元の学生をはじめ、たくさんの地域の方とつながるためにはじめました。「mitikusa cafe」がコンズサイクル南草津店とともに、南草津に住む主婦の方や学生の方などにとって、新しい憩いの場所であり、出会いの場所であり、学習の実践の場として愛され、ぜひたくさんの方に活用してほしいと願っています。

tokyobike コーナー

店舗情報

mitikusa cafe/コンズサイクル南草津店

〒525-0059 滋賀県草津市野路1-12-18
TEL.077-569-5151
営業時間:11:00~19:00
定休日:毎週水曜日
店長:前田哲矢(前コンズサイクル草津店店長)
https://www.konscycle.com

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load