BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

3つの峠を制覇! クライミングチャレンジ「ラファ・ライジング」がZwift内で復活

冬のフェスティブ500と並ぶラファのライドチャレンジ「ラファ・ライジング」が復活。今年2月にZwift内で開催され、ゴールデンウィークには屋外でのチャレンジが予定されている。Zwift内で開催されるイベントは、2月25日から3日間行われ、3つの峠にチャレンジする内容だ。以下、プレスリリースより。

総獲得標高差、約3,000メートル! 3つの峠をバーチャルで走ろう

まだ真冬の寒さが残る2月末、ラファは、世界的なオンライントレーニングのプラットフォームである Zwiftとパートナーシップを組み、毎年恒例だったクライミングチャレンジのラファ・ライジングをバーチャル環境で実施します。
アルプスの長い登りからピレネーの激坂まで、ライダーの粘り強さがこれほどまでに試されるものはないでしょう。次のリアルでのヒルクライムの準備となるよう、ラファ最新のライドチャレンジ、まずはバーチャル世界での開催です。
ラファ・ライジングは『登り』にフォーカスし、総獲得標高差3,000メートル近くに及ぶ、3日間で3つのアイコニックな峠をバーチャルで走ります。Zwiftで最も著名な3つの登り。そして、それぞれの峠を攻略するごとに特別なデジタルキットをアンロックすることができるこのチャレンジに挑みましょう。

2月18日(金)よりZwiftコンパニオンアプリの「イベント」でサインアップができるようになります。3日間の間、多くの時間帯にイベントとしてアップされできるだけ都合のいい時間に参加できるようになります。

イベント期間後も継続して使用できる特別なデジタルラファキットを、各登りを達成するとアンロックすることができます。1つ目の峠を攻略するとソックスが、2つ目はキャップ、3つ目は待望のジャージを手に入れることができます。そして、3つの峠すべてを攻略したライダーは、ラファのお買物に使用できる £1,500と£500相当(日本の方が受賞すると日本円表記となります)の商品券が当たる抽選に応募できます。ぜひ全制覇を目指して挑みましょう。

なお、外で乗るのに快適なゴールデンウィークには実走でのラファ・ライジングチャレンジを予定してい ます。

ラファ・ライジング

開催日程:2022年2月25日(金)~ 2022年2月27日(日)
Zwiftコンパニオンアプリの「イベント」募集開始:2022年2月18日(金)

峠リスト

1. Road to SkyルートのAlpe du Zwift、獲得標高 1,045m
アルプデュエズを彷彿させるこの登りは、ヘアピンカーブが連続し、真にライダーの心肺が試されるチャレンジングなライドです。

2. La Reineルート内のThe Queeen、獲得標高 1,181m
数々のドラマが生まれた悪名高きモン・ヴァントゥーを再現し、フィニッシにはシャレーレイナードのバ ナーが表示された「The Queen」。8キロのウォーミングアップが容赦ない登りの脚慣らしになります。

3. Climbers Gambitルート内のEpic KOM Reverse、獲得標高 670m
Watopiaのダウンタウンからスタートし、Titans Groveへと曲がりくねった道を行くこの28kmのルートは、ライダーの持久力が試されます。つづら折の下りで息を整えた先には、Epic KOM Reverseへの過酷な登りが待っています。

Zwiftゲーム内アンロックアイテム

1ステージを完走の場合、2022 ラファ ライジングのソックス
2ステージを完走の場合、2022 ラファ ライジングのキャップ
3ステージすべてを完走の場合、2022 ラファ ライジングキット

詳細はコチラをチェックしよう。
ラファライジング

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load