BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

「TEAM A&F」が2022シーズンのチーム体制を発表

ダウンヒル、エンデューロレースをメインに活動を行うMTBチーム「TEAM A&F」が、2022年のチーム体制を発表した。チームには運営・管理を務める井手川直樹をはじめ、永田隼也、清水一輝が所属。全日本選手権大会やDOWNHILL SERIESなど、国内を中心にレースに参戦予定だ。以下、プレスリリースより。

競技の枠を飛び越え、自転車というスポーツ全体の魅力を発信

TEAM A&Fは、2021年からダウンヒル・エンデューロレースをメインにスポーツサイクルの普及・販売促進を目標に活動を行っております。
チーム発足当初からの目標であります「チームがレース活動で勝利を目指すのはもちろんのこと、他種目の競技やイベントへも積極的に参加し一石を投じる。枠にとらわれずさまざまなシーンにチャレンジし、このスポーツ全体の魅力を発信する」という目標のもと活動しています。

2021年度をふりかえるとレースでは、清水一輝選手が全日本選手権3連覇を達成したほか永田隼也選手がENSエンデューロシリーズでシリーズチャンピオンを獲得と、チーム結成初年度にすばらしいスタートを切ることができした。

普及活動としては清水と井手川がメインとなり、各地でのスクール活動の充実や、イベントへの出演、行政との自転車振興事業の取り組みなどの機会を増やすことができました。
また他種目の競技へのアピールとして永田はロードバイク、シクロクロス、クロスカントリーなど、グラビティー系の競技以外にも積極的に参戦するとともに、トップクラスに迫る走りをすることで業界やユーザーにアピール活動を行いました。

2022年のチームについてですが、ライダー・メカニックともに、2021年同様の体制となります。
使用バイクに関しては一部変更があり、清水、井手川はKONAを、永田は新たにROCKY MOUNTAINのバイクを使用いたします。

ライダー三者三様の特徴を生かして、業界内外にしっかりとアプローチしていけるバランスの取れたチームを強みとし、スポーツサイクルのすばらしさを発信していけたらと思っております。
今シーズンも魅力的なチーム活動を行いますのでご支援ご協力のほど何卒よろしくお願い致します。

チーム体制

チーム運営管理:井手川直樹
契約選手:井手川直樹、永田隼也、清水一輝
メカニック:松田敦司、柴田幸治

井手川直樹

競技:ダウンヒル、エンデューロ
競技歴:30年(エリートクラス26年目)
生年月日:1980年4月22日(41歳)
身長:172cm
体重:68kg
現住所:神奈川県

永田隼也

競技:ダウンヒル、エンデューロ、ダートジャンプ
競技歴:19年(エリートクラス19年目)
生年月日:1988年8月13日(32歳)
身長:184cm
体重:83kg
現住所:神奈川県

清水一輝

競技:ダウンヒル、エンデューロ
競技歴:15年(エリートクラス10年目)
生年月日:1992年4月26日(28歳)
身長:172cm
体重:60kg
現住所:東京都

チームバイク

KONA

左/PROCESS X CR、右/OPERATOR CR

ROCKY MOUNTAIN

左/ALTITUDE Carbon、右/ELEMENT Carbon

 

活動の様子はInstagramでも公開中!

A&Fオフィシャルサイト

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load