BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

有り余る右クランクの相方探し、アノニマスな左クランクが欲しい

「自転車はスポーツではなくホビー」と言い張る、いじってなんぼのレストア編集者の手記。
なぜか自転車部屋に転がる7本の右クランク。格安だから手を出してしまうのか、右側偏愛主義ゆえの行動か。せっかくなので、相性のいい左クランクを探すことにした。

お気に入りの左クランクを見つける

シマノ・LXの初期タイプのクランク。バイオペースの楕円チェーンリングはトリプルだ。PCD110

取材で訪れたクラムサイクルズのジャンクボックスで見つけたシマノ・LXのクランク。バイオペース3枚付きで2200円は安い!と思って買ってしまった。安いワケは、右クランクのみだからだ。クランクって右を持っているだけでなぜか所有感が満たせる。
自転車愛好家あるあるの右側偏愛主義だ。

ドライブトレインとか自転車の見どころは右側に集中している。雑誌やカタログでも自転車は右側が正面だ。自転車レストアの本を作っているとき、時間がないので右側だけ磨いて仕上げて、ステッカーを貼って、右から撮影、みたいなこともしたのを白状しよう。
左はいつもぞんざいな扱いだ。とはいえ近年はディスクブレーキ化で左の見どころも増えてはきたが。

右のみクランクは格安なので、ついつい買ってしまう。同様の行動を繰り返している気がして、帰って自転車部屋で数えてみると7本あった。深刻な左クランク不足だ。

シマノ・RX100。こちらは後期タイプ。最近リアスプロケが巨大化してきたので、PCD130も使えるようになった
クランク長170㎜のものだけで5本あった。これらに使える左クランク探し。どれもアルマイトがかかっておらず、磨けば光るアルミ素地なのがポイント

左クランクの出物を待っていればいいのだが、クラムサイクルズの店主も言っていたが、意外と左は少ないのだ。なぜだろう?
推測だが、左のペダル穴は逆ネジになっているのでユーザーが間違えてスレッドを壊してしまい右だけ残るとか?
そもそも左クランクの出物は眼中になく、売っていても目に入ってないという説もあるが……。

というわけで、今回は積極的に左クランク探しをした。理想は同じモデルなわけだけれど、これら右クランクたちのどれかの出番が来たときに、さっと使えるのがあればいい。要は、どの右クランクに合わせても違和感なくいける感じのアノニマスな170㎜のアルミクランクが欲しい。
いろいろフリマなどを探し続けて、ついにちょうどいい中古を見つけた。裏にFC-C050TY33とあるからターニーのものだ。ベースグレードでもシマノなところがポイント高い。500円。

左クランクを眺めて悦に入る。細すぎず太過ぎず、先のくびれもいい感じだ。なにより、どれにでも合いそう。気に入ったので見つけたらまた買おう。たぶんもう出会えないと思うが。

シマノ・ターニーの左クランク。マレーシア製のアルミ素地クランク、こういうのが左だけ出てくるのは、けっこうレアなのだ
手に入れた左クランクと並べてみる。ほとんど違和感はなくどれにもいけるように見える。Qファクターもほどよい感じ
FC-C050の右側は、カシめて固定した鉄チェーンリングにプラスチックのチェーンガードがついた廉価版。1991年モデルのようだ

Info

出典

SHARE

PROFILE

ニシヤマ

Bicycle Club / 副編集長

ニシヤマ

自転車暦35年以上。中学時代からランドナーに乗る、ヴィンテージ(ジャンク)自転車大好き人間。バイシクルクラブのバイク&キャンプなアウトドア系記事、自転車レストア&カスタム記事など製作。またマニアックな自転車ムック職人。加えて最近は、付録職人でもある

ニシヤマの記事一覧

自転車暦35年以上。中学時代からランドナーに乗る、ヴィンテージ(ジャンク)自転車大好き人間。バイシクルクラブのバイク&キャンプなアウトドア系記事、自転車レストア&カスタム記事など製作。またマニアックな自転車ムック職人。加えて最近は、付録職人でもある

ニシヤマの記事一覧

No more pages to load

x