BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ゴルフは手で打つ?体で打つ? 永遠のテーマを解説#1

ゴルフスイングは大きく分けると2タイプ

ゴルフには手を返すスイングと、体を回すスイングの2つがあります。それらは自分の骨格によって合う合わないがあるので、実は自分に合うスイングというのは元々決まっているのです。どちらが自分に合うのか、そしてそれぞれのスイングの作り方を全4回に分けてご紹介します。

#1ではそれぞれのスイングの特徴と、肝心な自分にどちらのスイングが合うかの判別方法をご紹介していきます。

手を返すスイング=Eタイプ、体を回すスイング=Fタイプと呼ぶ。それぞれの特徴は?

【Eタイプ(=手を返すスイング)】

Eタイプは「Extension」の略。インパクト付近で体を止めることで腕をしっかりと返していき、ボールを捉えていくスイング。この時にインパクト付近で体がやや伸び上がるような形になるため、この特徴を取って、伸ばす=Extension=Eタイプ(=手を返すスイング)と呼んでいる。

・Eタイプ(=手を返すスイング)のスイングの特徴

  • グリップはウィーク寄り
  • 腕を回しながらテークバック
  • ヘッドが手元を追い越すインパクト
  • 手を返してボールを捉える
  • フェースの開閉を大きく使う

【Fタイプ(=体を回すスイング)】

Fタイプは「Flexion」の略。Eタイプとは反対に腕を返すのではなく、体を回すことでボールを捉えていくスイング。体の回転を止めずにインパクトを迎えるので、前傾がキープされた形になる。この特徴から、屈曲= Flexion=Fタイプ(=体を回すスイング)と呼んでいる。

・Fタイプ(=体を回すスイング)のスイングの特徴

  • グリップはストロング寄り
  • 腕を回さず体と一体にシャットにテークバック
  • ハンドファーストの強いインパクト
  • 体を回転し続けボールを捉える
  • フェースの開閉を抑える

どちらのスイングが自分に合っているかは、元々持っている骨格で決まっている!

EタイプとFタイプ、どちらかのスイングが優れているということはありません。自分に合うスイングで練習していった方が、上達のスピードが上がる可能性が高いのです。

判別方法① 腕を前に垂らした時の手の向き

直立した状態から、上半身の力を抜いて前傾して腕をだらんと垂らす。

左手のナックルの山が3個以上見える=Fタイプ(=体を回すスイング)が合う!

元々腕が回転している骨格。手の甲が正面を向く。

左手のナックルの山が2個見える=どちらのスイングでもOK!

この骨格タイプの人は、EタイプもしくはFタイプどちらかのスイングを実践しよう。

左手のナックルの山が0~1個見える=Eタイプ(=手を返すスイング)が合う!

腕の回転が少ない骨格。手の甲が外側を向く。

 

判別方法② インパクトの形を作る

左手一本でシャドウスイング。腕がへそと被るくらいの位置で止める。

手の甲が正面を向く=Fタイプ(=体を回すスイング)が合う!

このインパクトになる人は、手が返らないので、シャットフェースを維持して体を回し、ボールを捉える必要がある。

手の甲が斜めを向く=どちらのスイングでもOK!

判別方法①の結果も加味して、自分がどちらよりかで、実践するスイングを決めよう。

手の甲が飛球線方向を向く=Eタイプ(=手を返すスイング)が合う!

腕が回転するので、フェースを開いてテークバックするのが自然で、インパクトではしっかりと手を返す必要がある。

今回はここまで。自分がどちらのタイプか分かりましたか?次回以降はそれぞれのスイングの作り方を細かく説明していきます。ぜひお楽しみに!

#1で説明した内容を動画でチェックして、理解を深めよう!

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load