BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

襟付きゴルフはもう古い? 「モックネック」がキテる!

ほとんどのゴルフ場で着れるモックネックがオススメ!

ゴルフウェアのデザインは、多様化の一途。特に去年から、『ゴルフウエア=襟付き』という概念を打ち破る「モックネックシャツ」が台頭してきています。襟付きのウエアを着用しなければならない、という決まりは時代と共に、徐々に取り払われてきているのです。まだまだ、名門コースなどでの着用は控えた方が無難ですが、世界ではタイガー・ウッズが、日本では石川遼などのトップ選手がツアーでモックネックのシャツを着用するなど、ゴルフウェアの在り方は確実に変わってきているのです。そんな、ゴルフウエアに革命を起こしそうな「モックネックシャツ」ですが、今シーズンは各ブランドからお洒落なアイテムがリリースされています。ここでは小誌がピックアップしたオススメをご紹介します。

 

ラフ&スウェル

サラッとした素材に加え、内側がメッシュなので汗をかいてもプレーを妨げない。高すぎず低すぎない丈が秀逸なモックネック。

 

マーク&ロナ

紫×オレンジ×グレーのタイダイ風のデザインを、プリントで表現。高い機能性に加え、背面には定番モチーフのスカルも配置。

 

パーリーゲイツ

腕のロゴや袖のナンバリング、発色の良さなどブランド定番の特徴がしっかり盛り込まれた一枚。ストレッチの効いた素材で着心地も抜群。

 

ニューバランス

ポリエステル素材と肌にまとわりつかないエンボス状の編み、胸のポケットの処理などシンプルながらも、違いのある風合いとデザインが光る。

 

セント・アンドリュース

あのレジェンドを思わせる深いレッドにブラックのロゴ使いがマッチする。ネックの丈が高めな作りなので、名門ゴルフ場でも着用できるかもしれない。

 

デサントゴルフ

吸汗、UVケア、ストレッチなど、同ブランドならではの機能性に加え、カラーバリエーションも豊富で好みのカラーを選択できる。

 

ビームス ゴルフ

ビームスが得意とするアメカジやアウトドアのテイストを生かしたオレンジレーベルのモックネックシャツ。メイドインジャパンで、作りも秀逸。

 

トラヴィスマシュー

ミニロゴと、さりげない胸のラインでクールなデザイン。タイトめのシルエットだが、ストレッチ性が高く動きやすい。

 

キャロウェイアパレル

背裏に配置された特殊樹脂が熱を取り除いてひんやり感が得られる機能素材「クールフェスタ」を採用している。トレンドのデジカモ柄がお洒落。

首元にアクセントを加えてくれる「モックネックシャツ」。スポーティなパンツと合わせれば、お洒落アスリートスタイルが完成します。機能素材を用いたアイテムが多く着心地も良いのでプレーも楽になるはず。今シーズンのマストバイです!

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load