BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

2パット以内であがるための打ち方とコツ|パッティングの基本の構え

世界のトッププロのプレーを見ていてもパッティングの上手い選手はやはり強いことがわかる。300ヤード超えのドライバーショットは打てなくても、パッティングなら努力すればプロゴルファーのレベルまでスキルアップすることも不可能ではない。そこで、まずはパッティングにおいて大切な構えの基本をご紹介しよう。

両足を揃えて構えると体のスクエア感が高まる

スクエアに当てる感覚をつかむには、まず両足を揃えた構えから始めると体感しやすい。両足を揃えて打つプロも少なくない。

パットの名手の共通点として言えることは、ボールの転がりが良いということ。なぜ転がりが良くなるのか。それはボールに対してフェースがきっちりスクエアに当たっているからだ。基本は両足を揃えて構えて、体の中心にボールとヘッドをセットすること。まずは、体の真ん中でボールをヒットする感覚をつかみ、そこから自分に合ったスタンス幅などを決めていく。スムーズに動かしやすいスタンス幅は必ず存在する。

ボールに対していかにスクエアにヒットできるかが重要だ。まっすぐに当てられていないから転がりが悪くなる。

自分に合ったスタンス幅を見つける

全てのラインをスクエアに!

自分に合ったスタンス幅を探す時は、徐々に幅を広げるなどして様々なスタンス幅を試してみる。その際はスタンスのライン、フェースの向きなどをすべてスクエアにセットすることが条件だ。そうすれば、パッティングの調子が悪くなった時でも、どこが狂っているのかをチェックしやすい。最初は距離感が合わなくても我慢して、とにかくスクエアを意識し続けること。スムーズに振れるスタンス幅を見つけ出そう。

お腹と背中にキュッと力を入れておく

腹筋と背筋の両方に力を適度に入れておくと姿勢が良くなる。高い位置からボールを見ることでストロークが良くなる。

きれいなストロークをしている人はきれいな姿勢をしている。ストローク中に体の姿勢が変わらない人、バランス良く振れている人は、ストロークのリズムも良く、結果として良い転がりの球が打てる。ポイントは背筋と腹筋に少しだけ力を入れておくこと。ぎゅっと力むのではなく力感を持たせておくイメージだ。体の芯に力が入っているとストロークしても体がブレることがないので、スムーズにヘッドが動く。

姿勢がきれいなだけでパッティングが上手そうに見える。そこが大事なポイントで、姿勢が悪いと良いストロークはできない。
パッティングの構えは自由だと良く言われるが、もし上手く打てていないならば姿勢を見直すべきだ。

肩のラインを整えればラインにのせやすくなる

練習では常に肩のラインを確認するようにしよう。ラインに上手くのせられない人は、肩のラインが微妙に狂っている可能性大だ。

パッティングは手先で打っても入ったりすることが当然あるが、それでは上達につながらないし、真のパット巧者にはなれない。構えはある程度自由で良いが、肩のラインは必ずスクエアにセットしておこう。ヘッドは肩のラインに対して動くため、肩のラインが狂っていると出球の方向もずれてしまい、ラインにのせることができない。スタンス棒などを使って肩のラインがスクエアになっているかを常に確認しよう。

ボールは目の真下より少し前に置く

目の真下にボールを落としてみて、そこを一つの基準にして、少しずつずらして自分にとっての適正位置を探し出そう。

ボールと体との距離感も重要なポイント。よく腕がきっちり動いているかを基準にするが、それよりもヘッドがスムーズに動いているかを基準にしよう。前傾した状態で目の真下にボールを置くのが基本とされているが、それも決まりではなく、自分にとってヘッドが最もスムーズに動く位置を探すべきだ。平均的に目の真下よりも少し遠目においたほうが、ナチュラルにヘッドが動く感覚があるだろう。

どこにも窮屈感がなく、かつ締まった感じが見た目から感じられるアドレスが理想。ボールとの距離が適正な証拠だ。

教えてくれたのは西村至央コーチ

1977年生まれ。専修大学出身。ミライズゴルフアカデミー主宰。神奈川県を中心にレッスン活動を展開。ビギナーからトッププロまで様々なゴルファーの悩みに対し、わかりやすく指導してくれると高い評価を得ている。

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load