BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ゴルフ好き自動車評論家が選ぶ2020年ベストカー

SDGsをはじめ、環境問題への取り組みが益々重要視され始めた2020年。自動車との関わりが不可欠な我々ゴルファーにとって、真に選ぶべきゴルフカーとは。ゴルフが好きすぎるモータージャーナリスト塩見氏に本誌的視点で選んでもらった。

モータージャーナリスト塩見 智

自動車雑誌「NAVI」編集長を担当後、フリーのモータージャーナリストに。インスタグラム(@satoshi_bagnole)で、車両にキャディバックを積載した「#キャディバッグテスト」を投稿するなど、ゴルファー目線のクルマ選びも指南。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

「LANDROVER DEFENDER」どんな悪路でもたどり着けるゴルフのオールラウンダー

今年の自動車業界は、コロナ渦で販売こそ落ち込んでいるものの、新型車は続々と投入されている。その中には軽自動車をはじめ、コンパクトカーやセダン、いま人気のSUVやミニバンなど多種多様なモデルがあり、新車の購入を予定しているゴルファーにとってはどれを選ぶか迷ってしまうことだろう。そんな悩みを解決すべく、新車が発表されるとその都度キャディバッグを荷室に積んでチェックするほどゴルフ好きの自動車評論家である塩見智氏に、昨今のゴルフカー選びのトレンドについて聞いた。

「最近発売された新型車の中でも、今、特にオススメしたいのはランドローバーのディフェンダーですね。SUVということでキャディバックを4個積めて、4人が楽に乗車もできる利便性ももちろんいいですが、何といっても魅力的なのはデザイン。全体的にモダンなテイストを取り入れつつも、スクエアなフォルムや丸形ライト、ルーフのサイドのウインドウといった部分は、旧型から巧みにアレンジされていて、もともとディフェンダー好きな方はどことなく懐かしく感じ、改めて興味を持った方には新鮮さも感じられる。SUV志向のユーザーだけでなく様々な人に支持されています。

それ以外にクルマの基本性能もハイレベルで、乗り心地も良好なのに山道を走ってもスポーティでとにかく楽しい。さらに、何といっても素晴らしいのは悪路の走破性の高さ。山岳コースに向かう途中によくある荒れた路面くらいなら何事もなく走れますし、凹凸で一般的な乗用車では困難な状況も走りきる。例えば台風明けのラウンドで、コースに向かう途中の道路に土砂崩れがあっても、その上を通過できる程の凄さ、といったらわかりやすいでしょうか。そんな時はゴルフコースもクローズで、プレーもできないはずですが(笑)。普段使いではその性能を発揮することは皆無でしょうが、万が一の災害時に危機管理の一環にもなると考えてもらえればいいかなと」。

かように全方位にマルチな性能を持ち合わせるランドローバー・ディフェンダー。これならゴルフカーとしてだけでなく、レジャー全般にも大活躍してくれそうだ。

「LANDROVER DEFENDER」ディテール

丸目2灯のヘッドライトは、旧型をオマージュしたデザインを採用しつつ、最新のLEDを採用するなど、モダンに仕立て上げられた。

リアシートを畳むと、ご覧のように車中泊もできそうなフラットで広大なスペースが出現。アウトドア好きなユーザーには重宝しそう。

いまやゴルファーにとって必須装備ともいえるACC(アダプティブクルーズコントロール)。往復の渋滞時には非常に便利な機能だ。

ルーフ後方に備わるアルパインライトウィンドウも旧型から継承された装備のひとつ。室内をルーミーに演出してくれるアイテムだ。

ボンネット下を可視化し、路面の凹凸をディスプレイで確認しながら走行できるクリアサイトグラウンドビューは悪路で便利な装備。

キャディバッグを横に積んでも左右スペースに余裕がある荷室は、786Lの容量を誇る。これなら4人でゴルフに行くのに十分なはず。

SPEC

全長×全幅×全高:4945×1995×1970mm
エンジン種類/排気量:直列4気筒DOHC+ターボ/1995cc
最高出力:300ps
最大トルク:400Nm
トランスミッション:8速AT
車両本体価格(税込):7,380,000円
問い合わせ先:ジャガー・ランドローバー・ジャパン(0120-18-5568)

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load