BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

PGAツアーを席巻する次世代パターシャフト「LA GOLF SHAFTS」

えっ、まだスチールシャフトを使っているの?

トルク1.9、振動数412。リシャフトに詳しい御仁なら、 この数値のすごさがお分かりだろう。「LA GOLF SHAFTS」 は、米カリフォルニアに本拠を置く新鋭のシャフトメーカーだ。あの “ゴルフの科学者” ブライソン・デシャンボーの14本のクラブはすべてこのLA GOLF製。ゴルフ中継の映像を通じて、写真の黒いコスメをご承知の方もいるだろうが、重要なのは “14本” という点だ。冒頭のスペックは同社のパター用シャフト『TPZ』シリーズのもの。日本上陸直後から同モデルのパターリシャフトを数多く手掛けている「ゴルフエフォート」の荒井義明氏に聞いた。

「TPZは超低トルクが特徴のパター用シャフトです。現 在は二つの重量帯と二つのチップ径で展開されています。 ストローク中にヘッドがねじれる動きを極限まで抑えられるため、アドレスの向きとストロークがそのまま結果となり、パットが入らない理由が明確になります。既存のパター用カーボンシャフトは、しなりを感じてタッチを合わせるものでしたが、本作のグリップとフェースが一体となって動くような感覚は別格。スチールシャフトには戻れないほど魅力を感じます。ドライバーのリシャフトが常識となった今、次はパターのリシャフトがブームになる、そんな可能性を感じるエポックです」

135gの『TPZ One35』、105gの『TPZ One05』の二つの重量帯それぞれにホワイトとブラックのコスメ、パターに合わせた二つのチップ径で展開。PGAツアーの「AT&Tバイロン・ネルソン」 の勝者K・H・リーを始め、米ツアーを席巻中の同シャフトに注目したい。

「グリップとフェースが一体になって動く感触があり、アドレスの向きと自分のストロークがそのまま結果に現れます」と話す荒井さん。荒井さんは都内近郊に7店舗を展開する「ゴルフエフォート」のクラブマイスターである傍ら、ゴルフメディア各社でのインプレッションから自社のYou Tube「EFFORT CANNEL」まで幅広く活躍している。ちなみに、今回紹介したシャフトのゴルフエフォートでのリシャフト工賃は¥3,300。

ゴルフエフォート

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load