BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

高打ち出し・低スピンの『TW757ドライバー』を飛ばし屋が打ったらどうなる?

HONMAのカーボンテクノロジーが初速を最大化

独自のカーボンテクノロジーを搭載することで初速の最大化を実現した「本間ゴルフ」の『T//WORLD TW757ドライバー』が、「これは飛ぶ!」と話題になっている。いったいどんなゴルファーにマッチするのか? 実際に『 TW757』シリーズを使用している西村至央プロと、EVEN編集部イチの飛ばし屋シミズのインプレッションをお届けする。

TW757 Dドライバー

ヘッドの投影面積が大きい『D』は構えた時に安心感があり、つかまりを求めるゴルファーに合う。

TW757 Sドライバー

やや小ぶりでディープフェースの「S」は、直進性や操作性を重視するゴルファーにマッチする。

小ぶりで操作性の高そうなSから試打開始

清水 見るからに強い球が出そうな精悍なヘッドですね。

西村 テクノロジーではソールの溝を覆うように取り付けられた「カーボンスロット」が初速アップに貢献しています。ただ、その恩恵を受けるにはヘッドスピードが43メートル/秒以上は必要だと思います。

清水 見た目の通り、甘くないクラブということですね。ヘッドタイプ は2種類ありますが、僕は小ぶりなSが好み。操作性も高そうです。では、さっそく打ってみますね。

西村 おおっ、いきなりキャリー270ヤード超えですね。やや右に打ち出されているのは、シャフトがしなり戻りきれてないからだと思います。あと、スピン量が3000回転近くあるので、もっとスピンを適正化できれば飛距離が伸びますよ。

試打インプレッションは本間ゴルフのフラッグシップ店舗である新橋銀座口店で実施した。弾道計測器「GC-2」でボール初速や打ち出し角、 スピン量などを計測。ヘッドタイプやウエイト位置、シャフトによる違いを検証した。

シャフト変更で球筋はどう変わる?

清水 (何発か打って)やはり少し右に出ますね。標準シャフトはクセがなくて振りやすいですが、ここで『VIZARD MA』に換えてみたいと思います。

西村 おっ、今度はつかまったボールが出ました。右にいかなくなって、スピン量も2700回転ぐらいまで減りましたね。ただ、『MA』は先中調子で弾き感のあるシャフトで、どちらかというと自分でタメを作れるリストターン派に合うモデルです。清水さんはあまりリストを使わないスイングなので、左を怖がらずにたたける『VIZARD MP』のほうが良いかもしれません。

清水 これは良い! 今使っているのも中元系のシャフトなので、手元に重さを感じて振りやすいです。弾道もストレートに近い感じで、キャリーは280ヤードを超えました。

本間ゴルフが自社で開発・生産している『VIZARD』シャフト。スイングタイプや求める弾道に応じてカスタムできるのは強みだ。

ウエイト調整でより低スピン仕様に!

西村 スピン量も2300回転ぐらいに抑えられていますね。ロフト角が10.5度あるので、打ち出し角も14度前後で安定しています。高弾道・低スピンの良い球筋だと思いますが、『TW757』はソールのウエイトを前後入れ替える機能があるのでやってみましょう。通常はフェース側が3グラム、バック側が9グラムですが、これを逆にして重心を浅くしてみます。

『TW757 ドライバー』はアジャスタブルウエイトを搭載しており、ウエイト配置を入れ替えることで弾道の最適化を図ることができる。

清水 おっ、スピン量が2000回転前後まで減りました。これは球が強い! ランが増えてトータルの飛距離が300ヤードオーバーまで伸びています。ウエイトを調整するだけでこんなにもスピン量が変わるものなんですね。

西村 特筆すべきは、ヘッドスピードが少し落ちているのに初速は変わらず、飛距離が伸びている点です。スイングとクラブのスペックがしっかりマッチして、効率的に飛ばせています。まあ、落ちたといってもヘッドスピードは49メートル/秒前後ですから、使い手を選ぶクラブであることは間違いありません。試しに、私がヘッドスピードを落として打っ てみますね。

西村至央/神奈川・東京で活動するゴルフコーチ。 伊澤利光にスイング理論を学ぶ。ギアへの造形も深く、様々なメディアで活躍している。

清水 西村プロがヘッドスピード41メートル/秒前後で打ったデータを見ると、やはりボールををつかまえきれてませんね。飛距離も230ヤード前後です。

西村 無理につかまえようとしてリストを使うとチーピンが出ますし、打ち出し角も足りていませんね。このぐらいのヘッドスピードの人なら、同じ本間ゴルフでも『GS』というアベレージ向けのドライバーがありますので、そちらを使ったほうが結果が良くなるでしょう。では清水さん、Dも打ってみましょうか。

清水隆幸/本誌連載「かっ飛びシミちゃんのドラコンクエスト」でもお馴染み、編集部イチの飛ばし屋。最大飛距離は300ヤードを超える。

シンプルにドローを打ちたい人はDがおすすめ

清水 つかまりが良いというよりは、Sに比べてややオートマチックな印象があります。球筋を操作するのではなく、シンプルにストレートから軽いドローを打ちたいに人に合いそうです。ヘッドの投影面積が大きいので、構えた時の安心感を求める人にも相性が良いと思います。

西村 Dはソールのウエイト位置の調整をトゥ側とヒール側で行うようになっています。トゥ側を重くするとインパクトで球を押す感覚が出て、 左をこわがらずに叩いて飛ばせるのでおすすめです。私はずっと本間ゴルフのドライバーを使っていますが、初速に関しては『TW757ドライバー』が過去イチだと思います。シャフトやウエイト位置の調整を行うことでさらに飛距離をアップさせることができますので、ぜひ試打をして自分に合ったスペックを見つけてください。

SPEC

○ヘッド素材:6-4 チタン(ボディ、フェース)、カーボン(クラウン) ○ヘッド体積(cm³):460(D)、450(S)  ○ロフト角 (°):9.0、10.5 ○ライ角(°)::56.5 ○長さ(inch):45.5(VIZARD for TW757、VIZARD PT)、45.25(VIZARD MA/MP/FZ) ○総重量(g):約306(VIZARD for TW757・S) ○価格:¥85,800(VIZARD for TW757)、¥99,000(VIZARD MA/MP/FZ)、¥132,000(VIZARD PT)

TW757シリーズの詳細はこちら

SHARE

PROFILE

フクダトモオ

EVEN / 副編集長

フクダトモオ

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

No more pages to load

x