BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

気持ち良く大きく体を回せるからもっと飛ぶ! 足圧タイプに合わせたアドレスが飛距離アップの秘訣

1ヤードでも遠くへ飛ばしたいという思いは誰もが抱いているはず。そこで今回は意識せずとも自然とヘッドスピードが上がって、今より飛距離アップできてしまうコツを紹介する。
体の力を最大限に発揮するためには、自分の骨格に合ったスイングをすることが大前提となる。そのためにまずは、足圧タイプを元に適したアドレスを作ることが大切だ。

正しいアドレスは人それぞれ

飛距離アップのためには、体が動きやすいアドレスを作ることが大切です。骨格は人それぞれ異なるので、正しいアドレスも人によって違ってきます。私たちは、1万件以上に及ぶスイングデータを解析し、骨格に合わせたアドレスを導くことに成功しました。骨格によって直立時の足裏への荷重状態が変わるので、この足圧タイプさえ分かれば、自分に適したアドレスも分かるのです。

足圧タイプは前方重心と後方重心、その中でも外側荷重と内側荷重の4つのタイプに分けられます。まず大前提として、直立時とアドレス時で足裏への荷重状態が変わってしまってはいけません。一番多いのは、後方重心タイプなのに、アドレスでは母指球やつま先に体重をかけてしまうパターンです。また、それぞれのタイプによって適した前傾角度と手の位置が大きく変わってきます。これらが自分に合っていないと、スムーズにスイングすることが難しくなってしまうのです。

最近はユーチューブやSNSなどによってゴルフレッスンの情報があふれていますが、むやみに鵜呑みにしてはいけません。それが自分に有効かどうかを判断するためにも、足圧タイプに適したアドレスの形を知っておきましょう。

足圧は前後×左右の4つのタイプ

人の持つ骨格は、直立時の足裏への荷重状態=足圧タイプによって判断できる。この足圧タイプは前方重心と後方重心、その中でも外側荷重と内側荷重の4つのタイプに分けられる。計測器で測定するのが正確だが、簡易的に自分の足圧タイプを知る方法もあるので、まずは自分がどのタイプに属しているかをチェックしてみよう。

セルフジャッジの方法

肩の位置を確認する

  • 直線肩=前方重心
  • 巻き肩=後方重心

体を横から見た時に、肩の位置が前方に出ている巻き肩の場合、バランスを取るためにカカト側=後方に重心がかかる。反対に肩の位置が後ろだとつま先側=前方重心となる。

上半身を前に倒してバランスをとる

  • 内側で耐える=内側重心
  • 外側で耐える=外側重心

バランスを崩さないように体を前に倒していき、足の裏のどちら側で踏ん張っているかを確認する。内側荷重の人は外側では踏ん張れず、外側荷重の人は内側では踏ん張れない。

自分に合ったアドレスはどれ? 足圧タイプ別推奨アドレス

後方重心 × 内側荷重

  • 前傾角度は大きい
  • ハンドダウン
  • グリップエンドと体を拳1つ分空ける

後方重心 × 外側荷重

  • 前傾角度は大きい
  • ハンドアップ
  • グリップエンドと体を拳2つ分空ける

前方重心 × 内側荷重

  • 前傾角度は小さい
  • ハンドアップ
  • グリップエンドと体を拳3つ分空ける

前方重心 × 外側加重

  • 前傾角度は小さい
  • ハンドダウン
  • グリップエンドと体を拳1つ分空ける

ハンドアップはパームで、ハンドダウンはフィンガーで握る

アドレス時の手の位置によってグリップが変わる。ハンドアップで構えるタイプは手のひらで斜めに握るパームグリップ、ハンドダウンで構えるタイプは指で握るフィンガーグリップだ。

解説

WELLNESS GOLF
インストラクター 今井翔太郎さん

WELLNESS GOLF

住所:東京都中央区銀座4-3-9 天賞堂ビル10階
営業時間:8時~24時

今年4月に新たにオープンした完全個室のゴルフラウンジの1号店。銀座の一等地にふさわしいホテルライクでラグジュアリーな2つの個室を備える。月会費制で月に何度でも利用が可能。入会すれば、今後展開予定の全ての店舗を利用できる。詳しい入会方法や料金はWEBサイトをチェックしよう。

WEBサイト

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load