BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

サーフ&ターフブランド「Rosasen(ロサーセン)」のウェアで過ごす最高の休日

ビーチからそのままゴルフコースへ

米国ロサンゼルス・メルローズ発の「Rosasen(ロサーセン)」は、サーフィンからインスピレーションを受けたゴルフアパレルブランドだ。創設者のクリス・ロサーセンは南カリフォルニアで生まれ、シングルプレーヤーだった祖父の影響で5歳の時にゴルフを始めた。後にプロゴルファーのアシスタントとしてゴルフ場で働き始めた彼は、西海岸のビーチで波乗りを楽しむサーファーでもあった。

地味な色のポロシャツにスラックスという“お決まりのスタイル”ではゴルフでしか着られない。朝にサーフィンして、ビーチからそのままゴルフへ行けるようなウェアが欲しい。そう考えたロサーセンは1999年に、ロサンゼルスのメルローズで自ら「Rosasen」を創設する。

スポーツウェアとしての機能性を備える

「Rosasen」のアイテムは、「トラッド」と「カジュアル」という相反する要素を絶妙なバランスで融合している。だからゴルフをしている時でも快適で、プレー後にアウターを脱いでタウンに出かけても違和感がない。そんなオリジナルの世界観から生まれたアイテムは、常に新しいモノを探し求めるサーファーやゴルファーに受け入れられていった。

最近はサーフ系のテイストを取り入れたゴルフウェアも増えているが、その先駆けというべき存在が「Rosasen」であり、海や太陽を感じさせるデザインのアイテムが多数揃う。それに加えて、スポーツシーンで求められる機能性をしっかりと備えているのが特徴で、ツアープロも含む幅広いゴルファーに愛用されている。

スタイリングをチェック!

今日は波がないからゴルフやろうぜ!

世界で活躍するサーフィンフォトグラファーのU-SKEさんによれば、サーフィンの聖地であるハワイのノースショアに集まるサーファーたちの中にはゴルフを楽しんでいる人も多く、「今日は波がないからゴルフやろうぜ!」なんて会話が日常的に行われているそうだ。

ライフスタイルとファッションがつながっていて、お洒落なウェアをナチュラルに着こなしているサーファーは格好良い。とは同じくU-SKEさんの言葉だが、それはゴルファーだって同じこと。この夏、「Rosasen」のウェアを着て、もっと自由に、もっと自然体でゴルフとお洒落を楽しんでみてはいかがだろうか。

Rosasen 公式オンラインサイトへ

限定オリジナルキャディバッグがもらえるキャンペーンも実施中

現在、『with Blue』コレクションの対象商品を購入すると、抽選で10名に限定ブルーカラーのキャディバッグが当たるキャンペーンを実施中。今しか手に入れることができな入手困難なアーカイブコレクションなので、この機会をお見逃しなく!

キャンペーンの詳細はこちら

 

SHARE

PROFILE

フクダトモオ

EVEN / 副編集長

フクダトモオ

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

1973年生まれ。業界紙記者、フリーライター、ゴルフ週刊誌編集を経て枻出版社へ。187センチの長身で、自称“用賀のビッグイージー”。スイング理論からPGAツアー、ギア、コース、さらにはゴルフ女子に至るまで守備範囲は広い。ベストスコア78、平均スコア90。

フクダトモオの記事一覧

No more pages to load