BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

テレカンに必携のヘッドセット。ワイヤレスか? ワイヤードか?

急にヘッドセットが必携アイテムになった

思わぬキッカケで、テレワークが強烈に推進されている(汗)

私もそうだが、慣れないビデオ会議にアタフタされている方も多いのではないだろうか?

ビデオ会議といえば、ヘッドセット。まずはヘッドセットのメリットを挙げておこう。

1.こちら側に聞こえる音がいい
2.周囲がうるさくても、自分の声だけを集音してくれるから、先方が聞きやすい(性能次第)
3.周囲がうるさくても、ヘッドセットから相手の声がよく聞こえる
4.メモを取るためにキーボードを叩いても大丈夫
5.回線状況が悪くても、オレのせいじゃない感がある

などだろうか? 自宅だとあまり関係ないが、会社でテレカンに入るような時は、ヘッドセット必携。スピーカーから声を出して大声でテレカンしている人がいると「うるせぇ!」って思ってしまう(小心者なので心で思うだけですが)。

4.のキーボード大事。外付けキーボード使ってるならまだしも、内部マイクを使ってるのにキーボードでメモを取られると、本体のマイクがキーボードの打鍵音を拾って会話にならない。

5.も意外と大事(笑) なんか、お互いに声が聞きとりにくかったりすることはままあるんだけど、たいていクライアントさんや、上司など立場の強い人は気がつかなくて、立場の弱い人の方が聞き返せなくて困ってるなんてことになりがち。そんな時にヘッドセットを使ってれば、「オレは悪くない」感を醸し出せる。

そういう意味でも、ヘッドセットは、コロナ禍世界のビジネスマンの必需品と言えよう。

アプリの設定から、ヘッドセットのスピーカーとマイクを選ぶのも慣れれば簡単。

ワイヤードか、ワイヤレスか?

で、いざ買おうと思うと悩むのが、ワイヤードか、ワイヤレスか。

一般的に、ワイヤードの方が安い。ただ、ワイヤレスって繋がらない時になんとなく不安。あと、音質もワイヤードの方が安くても安定するハズ。

というわけで、Logicoolから、ヘッドセットを2台借りて試用してみた。

Logicool H340(3520円(税別))
https://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/usb-headset-h340

リーズナブルなワイヤードヘッドセット。USB接続。ケーブル長は180cm。マイクはノイズキャンセリング機能あり。

Logicool H800(1万1770円(税別))
https://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/wireless-headset-h800?crid=1875

小型USB-Aレシーバー、Bluetoothで接続可能なワイヤレスレシーバー。マイクにノイズキャンセリング機能アリ。ミュートやボリュームなどをオンイヤーでコントロール可能。マイクは収納できるし、折り畳みも可能。持ち運びにも便利。これにフィットするケースも同梱してくれるとなお良かった。

あと、最初に書いておくが、こういう記事を書きつつも、今品切れの店舗が多いらしい。そこはすみません、自助努力で探して下さい。Amazonで高い転売品を買わないようにお気をつけを。

「ロジクール ヘッドセット パソコン用 H800」をAmazon.co.jpで見る

最初はワイヤードが安心だけど、慣れるとワイヤレスがいい

正直、使い始めた時は、圧倒的にH340がいいと思った。

(オッサンの顔のアップですみません(汗))

ビデオ会議に慣れてないウチは、繋がる、繋がらないとか、音が聞こえる、聞こえないとか、音質がどうとか、いろいろ相手とモメるから、確実に100%繋がってくれるワイヤードヘッドセットの方が安心感が大きい。

音質も十分高いし、いろんな環境下で接続するなら、ワイヤードの方が絶対安心。

しかし、使い慣れてくると、ワイヤレスのH800の方が便利。

ビデオ会議にも慣れてくると、最初にセッティング時間が必要なことはお互いに分かるのでクライアントさんや上司相手にでも「ちょっと待って下さいね」と言って、接続先を変えたりするのが普通になる(どこを変えればいいのかにも慣れてくれるし)。なら、ワイヤレスの方が便利。

ケーブルがデスクの周りを這い回ることもないし、腕を振り上げて伸びをしたり、室内で動き回るっても問題ない(ワイヤレスだとトイレに行く時に外し忘れそうになるのが怖いが)。

あと、まめに充電しておかないと、使おうと思った時にバッテリー切れというパターンはある。

ワイヤードとワイヤレス、それぞれの○と×

というわけで、まとめると。

ワイヤード(H340)の○
・絶対、繋がってる安心感がある
・安い
・音質も十分にいい
・会社など周囲が騒がしい所で必携
・電池の心配が不要
ワイヤード(H340)の×
・ケーブルが邪魔

ワイヤレス(H800)の○
・自由に動き回れる
・高価な分、話す方も聞く方も音質がいい
ワイヤレス(H800)の×
・接続設定に手間取る
・充電忘れるとピンチ

あと、(Bluetoothで繋がない限り)USBポートを塞ぐというのも、欠点だ。それヘッドセット、マウスに加えて、今ウェブカメラも試しているので、Logicoolだけで(いまさらの)USB-Aポートが3つ必要ということになる。どうなんだ、それ。Logicool製品はひとつにまとまって、ひとつのUSB-Cポートに繋げるようにして欲しい。

あと、H800のUSB-Aレシーバーが、外見上Logicoolのマウス&キーボードのレシーバーとほとんど同じで、目の前にあるUSB-Aレシーバーがどちらのモノなのか分からなくなった。よく考えるとマウス&キーボードの方にはUnifyingのマークが付いてるのだけど、ヘッドセットのには「ヘッドセットのだよ!」という印がない。これ、かなり混乱の元だと思うのだけど。

ともあれ、初心者はワイヤードタイプ、慣れてきたらワイヤレスタイプの方が好ましいという当たり前の結論に。

実際の使用感としては、僕はすでに慣れちゃったのでワイヤレスの方がいいし、ノイズキャンセリングの性能も高そう(相手の感想に頼るしかないので断言できないが)。これからコロナ禍が終わっても、ビデオ会議は一般的に使うようになるだろうから、ここは奮発してワイヤレスのH800の方がお勧め! でも、H340でも十分いいよ! っていのがフリック!的結論だ。

「ロジクール ヘッドセット パソコン用 H800」をAmazon.co.jpで見る

flick! digital (フリック!デジタル) 2020年4月号 Vol.102の購読はこちら

『フリック!読み放題プラン』なら月額300円(税別)で、過去のフリック!と関連ムック150冊以上が読み放題! 2週に1度の有料記事も読めるので、お得なこのプランへの加入もぜひ!

flick!読み放題プラン

(村上タクタ)

 

出典

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick! / 編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

No more pages to load