BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

AppleのwatchOS 6 ってどんなことができるの?

※こちらの記事は『flick! digital 2019年7月号』の記事を再編集したものです。

ついに、独自にアプリ購入可能に。さらにヘルスケア系充実

毎回、大きな進歩を遂げる小さなデバイスApple WatchのOS、watchOSが、いよいよwatchOS 6となった。

最大のポイントは、iPhoneアプリと連携しない単独のアプリが作れるようになったこと。そして、Apple Watchにもストアができ、Apple Watch単体で購入、ダウンロードが可能になったことだろう。当初は、iPhoneの周辺デバイスとしての位置づけだったが、徐々に独立性が高くなっている……というところだろうか? 見られる文字数は多くはないし、入力などの自由度は高くはないので、用途次第……というところではあるが。

その意味で今回純正アプリとして発表されたオーディオブック、ボイスレコーダー、電卓は非常に良いテーマだと思う。ボイスレコーダーはあまりにイージーすぎてちょっとプライバシーが心配になってしまうほどだが、取材に便利だと思う。電卓もワリカンなどの計算に便利そう。USのチップの計算に最適化されているが、日本仕様も同じなのだろうか? (消費税ボタンとかあるといいのだが)

Watch Face(文字盤)は、新しいバリエーションが増えた。Series 4からの高精細なディスプレイに合わせて、繊細かつ見やすいWatch Faceが嬉しい。ポップなタイプの文字盤では、ヒンディ文字などが使われており、アップルがインドのユーザーを気にしていることがうかがえる。そういえば、日本語や日本仕様への対応が中国より後回しになることも増えたような気がするが、さらに先の時代に優先されるのはインドなのだろうか? 時代を反映している。

ヘルスケア系ではアクティビティに『トレンド』というタブができたのが新しい。最近90 日と、365日の平均から傾向を教えてくれる。「最近、歩数が減っています」「ランニングのペースが向上しています」というような通知は助かる。『最近90日』という指標は季節を反映しており、「冬になって外出が減った」「暑くて運動をサボりがち」……というような状況を反映するのに適切なのだそうだ。

ヘルスケアといえば、Apple WatchとiPhoneに月経の記録アプリ『Cycle Tracking』が用意される。現在の周期、月経血の量、症状や徴候、排卵予測キットの結果や排卵周期、その他の要素を追記できる。これにより月経の周期を把握したり、妊娠可能な時期を知ったりすることができる。『あと、1週間で月経が始まります』とか『6月8日から妊娠しやすい時期が始まります』などの通知を受け取ることができる。

Apple watchOS 6 の機能をご紹介

California Dialはアラビア数字とローマ数字のミックスが可能。

今回イチ押しなのが、このSolar Face。小さな文字盤が太陽と一緒に24時間サイクルで一周。文字盤の色も変わる。

ハートレートや、ノイズのデータなどを表示できるModular Compact。

90デシベル以上の音を4時間以上聞くと、聴力に障害が出る可能性が高まる。90デシベルで通知する。

単独で動作するアプリがリリースされる。左からオーディオブックとボイスレコーダーと電卓。電卓のチップ計算機能が便利そう。

iPhoneと連動せず、独立して動作するアプリが作れるようになった。どんなアプリが出るか?

USの場合は音声入力とScribbleで入力して検索できるが、日本語の場合はどうするのだろう?

Apple Watch上のアップストアでアプリを探して購入、ダウンロードできる。

アクティビティのトレンドが分かるのは便利。歩数が増えていたり、ランニングのペースが上がっていれは励みにもなる。

女性の月経の周期を管理するCycle Tracking。次の月経の周期を予測したり、妊娠可能期間を予測したりできる。

このアプリ、iPhone でも使える。しかし、考えてみればApple Watchからデータを取得するわけではなく、自分で入力するだけだから、Apple Watchアプリになる意味はあるのだろうか?

センサーデータを取得する必要のないCycle Trackingがなぜ今追加されたのだろうか? もしかしたら、秋のSeries 5で何かセンサーが追加されるのだろうか?

出典

SHARE

PROFILE

flick! 編集部

flick! 編集部

各電子雑誌配信ストアから配信される電子専用マガジン。デジタルは好きだけど使いこなせてない、これから活用したい人たちへ、最新ガジェットやウェブサービス、アプリ情報を配信。

flick! 編集部の記事一覧

各電子雑誌配信ストアから配信される電子専用マガジン。デジタルは好きだけど使いこなせてない、これから活用したい人たちへ、最新ガジェットやウェブサービス、アプリ情報を配信。

flick! 編集部の記事一覧

No more pages to load