BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

AirTag 入手&開梱&設定! これは面白い!

こんなにワクワクするのは久し振り!

個人的に購入していたAirTagが、自宅に到着したので、早速開梱。

どんな機能を持っているのか? 実際にどう使えるのか? とっても、ワクワクするデバイスだ。生活を変えてくれるかもしれない、こんなにワクワクするデバイスは久し振りかも。

設定も簡単かつユニークで、楽しい

さて、パッケージを開けてみよう。

私が購入したのは、4個入り1万2800円(税込)のセット。こんな感じのパッケージに入っていて、それぞれフィルムで包まれています。

裏面はバフのかかったステンレス製でピカピカ。当然、昔のiPodの背面などと同じくキズはつきやすいと思う。

『Air Tag・Designed by Apple California・Assembled in China・Bluetooth LE・Ultra Wideband』とレーザー刻印が入っている。中央に大きなAppleマーク。

表面はつるりとしたプラスチック。小ぶりな缶バッチのような雰囲気だ。ここにステッカーを貼ったりするのも流行しそうな気がする。

ちなみ表面保護フィルムの端が、電池の絶縁を兼ねている構造。引き抜くと、電池が通電してシャリリンシャリリンと独特の音がする。4個同時に通電させると、どれがどれだか分かりにくくて面倒なので、ひとつずつ通電させて設定するようにしたい。

電池はパナソニック製の3VのCR2032。内容物はほとんど電池に見えるが、残りのすき間によくこれだけのテクノロジーが入るものだ。感心する。

iPhoneで、『探す』アプリを立ち上げて、下のタブから『持ち物を探す』を選択。

『人を探す』は、位置情報を交換している家族や友達を探す。『デバイスを探す』はiPhoneやiPad、Macなどの位置を探す機能。そして、『持ち物を探す』はAirTagを探す機能というわけだ。

そうそう、家族にもそれぞれAirTagを渡して設定させようとしたのだが、iOSが14.5になってなかったので、後ほど……ということになってしまった。

AirTagの使用にはiOS 14.5が必要。そして、iOS 14.5へのアップデートはかなり時間がかかるので、AirTag購入予定の方は早めにアップデートをしておいた方がいい。

AirTagが表示されたら『接続』をタップ。

AirTagの名称を付ける。『鍵』『財布』などという名称にすることもできるし、カスタムの名称を付けることもできる。

連携する、Apple IDを登録。

使い方の簡単な説明が表示される。『正確な場所を見つける』はU1チップを使って、部屋の中での場所を見つける機能。『サウンドを再生』はAirTagから音を鳴らす機能。『マップで経路表示』はAirTagのある場所に向けて、ルート案内をする機能。

ケースは廉価なのもから高級品まで各種

純正のAirTagキーリング。4500円(税込)。ちょっとお高い(汗)

でも、しっかりした作りで、上部のボタンのような部分はマグネットでカッチリ嵌る。このあたり上質な感じ。

レザーは、このサドルブラウンと、バルティックブルーとプロダクトレッドの3色。キーリングにまで『Designed by Apple California・Assembled in China』と入っていて、凝った造りではある。

もっとリーズナブルなケースが欲しい場合は、Apple Storeでもベルキンのものが発売されているし、Deff、トリニティなどのサードパーティからも発売されているので、好きなものを選ぼう。きっとそのうちもっと安価なものも出てくるだろうし、好みに応じていろいろなカタチのものが出るに違いない。

ひとつ気をつけておきたいのは、AirTagは電池を節約するために非常に微弱な電波を発信するので、金属など電波を通さない素材のケースは推奨されていない(カーボンもダメだと思う)。また、本体表裏中央部分は音を反響させるために必要ということで、開放情態になっていることが必要なのそうだ。

ちなみに、純正のレザー製品よりさらにお高いHermèsのキーリング(4万1800円)やラゲッジタグ(5万3800円)、バッグチャーム(3万5800円)もあって、そちらはちゃんとAirTag本体のレーザー刻印もHermès仕様。購入する人に言わせると「Hermèsブランドの製品にしては安い」とのこと。純正のキーリングがお安く思えてしまう……。

さっそく使ってみた! U1チップはかなり正確!

さて、さっそく部屋の中で紛失した体でAirTagを隠して、探してみる。U1チップはとても正確に向きと距離を指し示してくれる。

AirTagがある方角とiPhoneの向きが合うと、表示色がグリーンになる。距離もかなり正確。

それでも、どこにあるか分からない場合には、右下のサウンドアイコンをタップすると、AirTagを鳴らすことができる。これで、室内で、鍵どこに行ったっけ……っていうような時にも安心だ。

さっそく、妻にAirTagを持って出かけてもらった。

もちろん、その間、妻のiPhoneは電源オフ(妻のiPhone経由でAirTagの位置が通知されるため)。

なかなか、興味深い感じだったのだが、こちらはまた別のレポートとしてお伝えしよう。

 

(村上タクタ)

 

(最新刊)

flick! digital 2021年5月号 Vol.115
https://funq.jp/flick/magazines/20160/
デジタル超整理術 リモートワーク編
https://funq.jp/flick/magazines/20164/

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick! / 編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

No more pages to load