BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

子どもが学校からiPadを持って帰ったら 、整えておきたい自宅用のベスト環境

(この記事は『子供を伸ばす! 学校と家庭のiPad超活用術』に掲載された記事を再編集したものです)

GIGAスクール構想で、全国の小中学校にiPadが導入された。授業で活用することはもちろん、自宅に持ち帰って授業の振り返りや課題に取り組むこともあるだろう。子どもたちが学校からiPadを持って帰ってきたら、せめて快適な速度で通信可能なWi-Fi環境を確保したい。オンライン学習や課題の提出等も、安定した回線速度があれば、安定して取り組むことができるのだ。

なにはともあれ回線速度が必要

子どもに快適にオンライン学習をさせようと思うなら、なにはともあれ快適な回線速度の確保が重要。

まずは、子ども部屋など各端末を利用する場所で接続し、どのぐらいの通信速度が得られているかを計測しよう。終日100Mbpsぐらいの速度が出ていれば、安定してオンラインで課題に取り組むことができるだろう。回線が繋がらないとか、相手の声が聞き取れないとかという状態では、勉強の効率も著しく落ちる。回線速度は1日中同じというものではない。マンションなどだと他の部屋で利用してる人がいたら速度は低下するし、周囲にWi-Fiの電波が数多く飛んでいても速度が低下する。一般に真夜中、特に朝方は通信速度が速いし、夕方の多くの人が通信する時間帯には遅くなる。

肝心なのは自宅に届く回線。できれば100Mbps以上を確保

速い通信速度を得るには、まずは家に速い回線を引き込む必要がある。nuro光、eo光など、光ファイバーの回線が一番速いだろう。契約できるならそうしたい。動画のやりとりが多くなった現在では、ADSLやCATVでは物足りないし、『工事不要』を謳うモバイル回線も通信量が無制限でない場合は、毎日自宅でオンライン会議……という状態ではすぐにパケットが足りなくなるし、安定した高速通信は難しい。数人の家族でビデオ会議をしたり、動画を楽しんだりするのなら、モデムから直接優先で接続した状態で少なくとも300Mbps、できれば500〜800Mbpsぐらいの速度が欲しい。

次に家の中のWi-Fiだ。まず、十分な通信速度を持つWi-Fiルーターを使おう。実はプロバイダーが無償提供してくれるルーターは速度が遅いものが多く、せっかくの速度を無駄にしてしまう。ワンルームでも速度の速い市販のものを。複数の部屋があるならメッシュWi-Fiにを構築するなどして速度を維持しよう。離れた部屋があるなら有線接続で子機を置くのがベストだ。子ども部屋はリビングなどの回線の元から離れていることが多いので、速度低下が起こりやすい。どのぐらいの速度が出ているか計測して、遅いようならメッシュWi-Fiを組むなど対策したい。

お勧めのルーターをピックアップ

Meraki Go

シスコのWi-Fiは巨大なビルやスタジアム、オフィス、店舗などで使われることの多い正真正銘のプロスペック。そのパーソナル版がMeraki Goだ。

個人用とはいえ、小規模オフィスや店舗ならカバーするほどの性能を持つので、安心感がある。

部屋のインテリアとも調和するシンプルデザインは大人のテイスト。複数台を組み合わせて、メッシュWi-Fiを組むこともできる。

特定のタイプのアプリの通信速度を抑制できる。たとえば、仕事のビデオ会議アプリを優先し、動画配信アプリの速度を抑制することも可能。

価格:2万0550円(税込・Amazon価格)
INFORMATION:Meraki Go https://www.cisco.com/c/m/ja_jp/meraki-go.html

WSR-3200AX4S-BK

ワンルームから2DKぐらいまでの家なら1台でカバーできる高性能スタンダードモデル。Wi-Fi 6対応なので、最新のiPhone 13などの速い通信速度を活用できる。また多台数の接続にも強い。必要があればメッシュ接続も可能。

5GHzのアンテナ4本、2.4GHzのアンテナ4本を持つスタンダードモデル。

数台のバッファローの機器を用意して、Wi-Fi EasyMeshを構築可能。

価格:1万1800円(税込・Amazon価格)
INFORMATION:バッファロー https://www.buffalo.jp/

Velop シリーズ

アップルと近しい関係にあるBelkinが持っているWi-FiルーターメーカーがLynksys。Wi-Fi 6対応の有無、通信速度の違いなどで、さまざまな機材を販売しており、それぞれ組み合わせて使うこともできる。

高出力のWi-Fi 6対応モデルもあれば、小型のモデルで数を揃える手もある。

AX5400の背面。4口のLANポートを持ち、有線で繋ぎたい機器が多い時に安心。

価格:2万9800円(AC2200 3個パック・税込・Amazon価格)
INFORMATION:Lynksys https://www.linksys.com/

 

(フリック!編集部)

Info

SHARE

PROFILE

flick! 編集部

flick! 編集部

各電子雑誌配信ストアから配信される電子専用マガジン。デジタルは好きだけど使いこなせてない、これから活用したい人たちへ、最新ガジェットやウェブサービス、アプリ情報を配信。

flick! 編集部の記事一覧

各電子雑誌配信ストアから配信される電子専用マガジン。デジタルは好きだけど使いこなせてない、これから活用したい人たちへ、最新ガジェットやウェブサービス、アプリ情報を配信。

flick! 編集部の記事一覧

No more pages to load