BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

iPhoneの通知ちゃんと見てる? 通知セッティングがiPhone使いこなしのキモ

通知に集中力切られてませんか?

便利だが悩ましいのがiPhoneの通知。

たいていのアプリはなるべく使って欲しいから、積極的に通知を出す設定になっているので、ほうっておくと通知だらけになってしまう。「ピローン!」とiPhoneが鳴るとつい見てしまう。睡眠中に鳴るたびに見ていては寝不足になるし、勉強や仕事の集中が損なわれることも多いだろう。

通知をコントロールする2つのポイント

また、通知が多すぎると、通知をスルーすることに慣れてしまって、肝心な通知に気がつかない……ということになりかねない。通知の使いこなしのポイントは2つ。

ひとつは、通知は常になるべく減らすことを意識すること。もうひとつは、『集中モード』(英語名はFocus)を使いこなすことだ。

まずは通知項目のダイエット。絶対に鳴らないと困るもの以外は極力通知を減らすのがポイントだ。通知の場所、バッチの有無なども選択できるので、適切に設定したい。また、非常に重要な通知については、通知を読み上げさせたりすることもできる。

多くのアプリは通知なんてなくても問題ないはずなので、そのあたりは片っ端からオフでいい。一方、必須のニュースや、知人からの連絡が入る可能性のあるアプリの通知はオフにしないこと。

24時間受け取らないと困る通知はさほど多くはない

続いては通知をスルーする時間を設定する『集中モード』。

夜寝る時には通知に起こされないようにおやすみモードにしておいた方がいい。また、仕事の時間に遊びのアプリから通知が入らないように、逆にリラックスタイムには仕事のアプリの通知は来ないようにすることもできる。しっかり休むのは大切なことだ。

筆者は仕事中でも特に集中したい原稿を書く時には、1時間単位で、一切の通知を切るモードを作っている。仕事次第だと思うが、1時間連絡が取れないと大変なことになる仕事というのはそうはないと思う。自分の生活、仕事と相談しながらそういうモードを作ることはデジタルデトックスにも役立つだろう。

また、複数回同じ人から電話がかかってきたら、緊急事態の可能性があるので、通知するようにするとか、特定のアプリからは通知を受け取るとか、さまざまな設定が可能。快適な生活のために、通知と集中モードの設定をしっかり行いたい。

(フリック!編集部)

Info

SHARE

PROFILE

flick! 編集部

flick! 編集部

各電子雑誌配信ストアから配信される電子専用マガジン。デジタルは好きだけど使いこなせてない、これから活用したい人たちへ、最新ガジェットやウェブサービス、アプリ情報を配信。

flick! 編集部の記事一覧

各電子雑誌配信ストアから配信される電子専用マガジン。デジタルは好きだけど使いこなせてない、これから活用したい人たちへ、最新ガジェットやウェブサービス、アプリ情報を配信。

flick! 編集部の記事一覧

No more pages to load