BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

海外旅行に行くなら、iPhoneはeSIM運用で! あなたのiPhoneは使える?

そろそろ出掛けたい海外。そこでeSIM

徐々に各国の国境が開きつつあり、入出国時のPCR検査など手続きは煩雑ではあるものの、海外旅行を計画している人も増えているのではないだろうか?

今、海外に行くなら、ぜひ使って欲しいのが海外のeSIMだ。

以前は、Wi-Fiルーターや、海外で購入したSIM、もしくは国内の携帯のローミングを使っていた人が多いと思うが、eSIMが便利で、価格も安く、大容量高速なプランもあるので、ぜひ探してみて欲しい。

eSIMというのは、従来のSIMのように物理的に挿入するのではなく、もともとiPhoneに内蔵されている本体一体型のSIMのこと。ソフトウェア的に書き換えて、利用することができる。物理SIMのように、実際にモノを購入して挿す必要がないので、とても便利だ。

メインのSIMと一緒に使うと、ご覧のように複数のSIMが表示されて、それぞれのオンオフをすることができる。また、同じエリアで複数のSIMを使った場合、同時に待ち受けすることもできる(片方が着信すると、もう片方は切れる)。

実際にオーストラリアで使ってみた

オーストラリアに旅行に行った時に、実際に使ってみた。

まず、esimdb.comというサイトを検索して、そこから各エリアのeSIMを提供しているプロバイダーを探すのが簡単。

esimdb
https://esimdb.com/ja

左上がその検索結果。料金、通信量、1日あたりの通信量などでソートできるので、自分の使い方に合ったプロバイダーを探そう。今回は30日間、200GBで3200円というお得なプランがあったので、これを使うことにした。これなら、旅行中にSNSをしまくっても大丈夫だし、他のデバイスをテザリングして、ビデオ会議などをしても不安がない。

Truphoneというプロバイダーだったので、そのアプリを入れて、支払いを設定。

データプランを入れて、有効にして、設定画面でそのSIMを有効にすると使えるようになる。200GBもあると圧倒的に安心だ。

結果として、旅行中使いまくったし、家族のデバイスや、MacやiPadもテザリングして使ったがまったく問題なかった。

少し欠点があるとすれば、地方での電波が現地の他のメジャーキャリアより弱かったことだろうか。田舎に行くなら、そのあたりも考慮してプロバイダー選びを行いたい。

ちなみに、iPhoneでeSIMが使えるのは、iPhone XS、XR以降。もちろん、11、12、13などは問題なく使える。8やXの世代では使えないので注意。

(フリック!編集部)

Info

SHARE

PROFILE

flick! 編集部

flick! 編集部

各電子雑誌配信ストアから配信される電子専用マガジン。デジタルは好きだけど使いこなせてない、これから活用したい人たちへ、最新ガジェットやウェブサービス、アプリ情報を配信。

flick! 編集部の記事一覧

各電子雑誌配信ストアから配信される電子専用マガジン。デジタルは好きだけど使いこなせてない、これから活用したい人たちへ、最新ガジェットやウェブサービス、アプリ情報を配信。

flick! 編集部の記事一覧

No more pages to load