BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

筆とまなざし#123「安曇野山岳美術館にて、北アルプスの絵を展示します」

安曇野山岳美術館

安曇野山岳美術館へ行ってきました。常念岳の麓、安曇野アートライン沿いの静かな森のなかにあるこの美術館。名前のとおり、山の絵を集めた私設の美術館です。なかでも、足立源一郎の絵が展示されていることで有名で、畦地梅太郎、さらには安野光雅の企画展も開催されたことがあるそうです。

以前にも訪れたことがあり、山小屋を思わせる可愛らしい室内に、足立源一郎の迫力ある油絵や原田達也のヒマラヤの版画などが展示されていた記憶がはっきりと残っています。今回は数年ぶりの再訪でした。なぜこのタイミングで訪れたかというと、4月からひと月半の間、企画展をさせていただくことになり、打ち合わせのために訪れたのです。

これまで、登山用品店や山小屋で展覧会を行なってきましたが、美術館で行なうのは初めて。展示室は第一展示室、第二展示室と分かれており、その真ん中には喫茶スペースがあります。今回絵を飾るのは第二展示室。秘密の小部屋のような空間で、ぎゅっと絵に包まれるような心地よい場所でした。ざっと見回すとだいたい14点の絵が展示できそうだとわかりました。喫茶スペースにも小品が飾れそうなので合計20点ほどの絵を飾ろうと思います。

北アルプスの麓ということで、これまで描きためた北アルプスの絵を展示することにしました。タイトルは「GIFT—北アルプスよりー」。

モチーフとした風景は自然からの「GIFT」。そこに佇む友人のおかげで描くことができた絵は岳友からの「GIFT」。そして描いた絵は見てくださる方々への「GIFT」。見返りを期待しない「GIFT」は「贈与」。そんな「贈与」の気持ちが渦巻き、溢れ、飛び出していったらいいなと思い、このタイトルとしました。GW期間もあるので、ぜひ山からお帰りの際にお立ち寄りください。

そんなことを思っていると、山に行きたくなってきます。最近は岩登りばかりしていますが、今年はたくさんの新しい「GIFT」に出会いに出かけたいと思います。

そうそう、5月19日(日)には水彩画教室も行ないます。こちらも絶賛参加者募集中です!

—————————————————————

成瀬洋平水彩画展「GIFTー北アルプスよりー」

開催期間:4月12日(金)~5月29日(水)
開館時間:10:00~16:00
休館日:毎週木曜日(※5月2日は開館)
入場料:一般・大学生600円、高校・中学生300円(※小学生以下無料、団体割引あり)
場所:〒399-8301 安曇野市穂高有明3613-26
安曇野山岳美術館 第2展示室
TEL:0263-83-4743
FAX:0263-83-7780
安曇野山岳美術館ウェブサイト: http://azumino.mt-museum.jp

—————————————————————

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load