BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「嘉門次小屋」北アルプスの山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

穂高開拓の歴史を継ぐ

近代登山の黎明期、世界に北アルプスを紹介したウォルター・ウエストンをガイドした地元猟師、上條嘉門次が1880年に建てた小屋が前身となっている。囲炉裏がある山小屋として知られ、ここで焼いたイワナの塩焼きが人気メニュー。頭のてっぺんから尾っぽの先まで遠赤外線効果でしっかり焼かれ、やわらかいのですべて食べることができる。上高地を訪れる日帰りハイカーにファンが多いのもうなずける。

小屋の前を流れる小川に設けられた生け簀にはイワナが泳いでいる。上高地の喧噪とはほど遠く、夜には星もきれいに瞬き、山の静かなひとときを過ごすことができる。翌朝は早起きして、近くの明神池を散歩するのもいい。

館内施設

雰囲気満点の囲炉裏

鉄瓶が掛かり、囲炉裏端にはイワナが焼かれる。火を見ているだけで癒されるのが魅力。イワナが焼けるの待つ間、一杯やるのは最高のひととき。

総檜造りのお風呂

お風呂は2011年シーズンに改装された。浴室に入ると、新しい檜の香りがとても心地よく、いつまでも入っていたいと思うほど。

食事

朝食

メインはスクランブルエッグなどの卵料理。サイドメニューに漬物や手作りのひじき煮、切り干し大根とヘルシーかつ充分なメニュー。

夕食

囲炉裏で焼いた名物のイワナが食卓にあがる。中央は揚げたての野菜天ぷら、右上は鶏肉のカレー煮。食が進むおかずがテーブルに並ぶ。

お土産・売店

日帰りのお客さんも多いので、小屋の外にある売店コーナー。イワナの燻製やオリジナルの手ぬぐいが人気。

部屋

定員が30人で、和室が4部屋のみというシンプルな造り。宿泊は予約制で、宿泊人数が多いときは男女別の相部屋になる。

お昼はイワナ定食で

宿泊者以外でも食べられるイワナ塩焼き定食(1,600円)は、名物メニュー。囲炉裏でしっかり焼かれたイワナが香ばしい。単品のイワナの塩焼き(1,000円)や、燻製や骨酒もある。

小屋の前の生け簀を泳ぐイワナ。そこからあげたばかりの新鮮なイワナの塩焼きが味わえるのだ。

「嘉門次小屋(かもんじごや)」の基本情報

設備

テント場:なし
水場:あり
個室:あり
自炊室:なし
乾燥室:あり
お風呂:あり
生ビール:なし

営業期間

4月下旬〜11月中旬

電話・電波

ドコモ:良好
au:良好
ソフトバンク:良好
公衆電話:なし

収容人数

30人

標高

1,550m

宿泊料金

1泊2食:8,000円
素泊まり:6,000円
お弁当:800円

連絡先

0263-95-2418
www.kamonjigoya.wordpress.com

※2018年2月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load