BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「山小屋 祖母谷温泉」北アルプスの山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

二つのルートが交わる交差点

黒部峡谷のトロッコ電車の終着駅「欅平」から約40分の場所にある祖母谷温泉。江戸時代よりごく一部の人々が湯に浸かりにきていたほど、祖母谷温泉の歴史は古い。現在の小屋が建てられのは、1967年のこと。当時、営林署の管轄であったが、’76年に現在の小屋主である峰村保利さんの義父・佐伯芳弘氏が管理を引き継ぎ、以来、二代にわたって小屋を守り続けている。

祖母谷温泉の大きな特徴はその立地。唐松岳から大黒銅山跡を経て餓鬼山をたどるルートと、白馬岳から旭岳、清水岳を通過し、清水尾根を下るルートが交差する場所にある。どちらも距離が長く、メジャーなルートとはいえないので、ピークシーズンでも歩く人はあまり多くない。その分、北アルプス随一の静かな山歩きが充分に楽しめる穴場ルートといえる。下山後は祖母谷温泉にゆったり浸かれば、その疲れもじんわり癒されるだろう。

なお、近くで河原の野天風呂も楽しめるので、興味のある方はぜひお試しを。

館内施設

入口

小さな看板が掲げられた小屋の入口。テント泊、日帰り入浴の人もまずは中で受付を済ませよう。

露天風呂

テント場に隣接している男性用露天風呂。女性用には仕切りで目隠しされた風呂も用意されているので安心。

テント場

テント場は川沿いの場所。よく整地されているので、どこに張っても心地よく寝られる。温泉の入浴には別途600円が必要。

DATA
設営数:30張
利用料:600円/人
水場:あり
小屋からの時間:0分
地面:砂地
トイレ:あり

周辺の見所

少し上流の河原には「祖母谷地獄」がある。高熱の源泉が湧いており、付近では湯気がごうごうと上がっている。水と混ぜないと入れない、文字通りの地獄だ。

河原の石を動かし、うまく水と湯を混ぜて適温の湯船を作る。付近にはスコップも置かれている。

ようやく湯船が完成。川の流れをバックに浸かっていると、自然との一体感が感じられる。

高山植物と池塘の楽園

白馬岳から清水岳を経て延びる清水尾根。途中は高山植物の花畑、池塘などがあちこちに散在しており、歩いていて気持ちのよいルートだ。

山小屋 祖母谷温泉(やまごや ばばだにおんせん)」の基本情報

設備

テン場:あり
水場:あり
個室:あり
自炊室:なし
乾燥室:なし
お風呂:あり
生ビール:あり

営業期間

6月下旬〜11月上旬

電話・電波

ドコモ:通話不可
au:良好
ソフトバンク:通話不可
公衆電話:なし

収容人数

40人

標高

760m

宿泊料金

1泊2食:10,000円
素泊まり:6,000円
お弁当:700円

連絡先

0765-62-1038

※2018年2月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

北アルプス山小屋ガイド【改訂版】の購読はこちら

『PEAKS読み放題プラン』なら月額500円(税別)で、最新号含む過去のPEAKSと関連ムック60冊以上が電子版で読み放題!たくさんのPEAKSをスマホに詰め込んで、山登りをもっと快適に、もっと深く楽しもう!

PEAKS読み放題プラン

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load