BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「蓮華温泉ロッジ」北アルプスの山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

白馬岳の北にある秘湯

白馬岳の北7㎞ほどのところにある蓮華温泉は、白馬大池や朝日岳への登山口として知られている。もちろん白馬岳へも1日で登ることができる距離にあり、さまざまな登山者が集まる主要な登山口となっている。蓮華温泉ロッジはそこに建つ一軒宿だ。

ここの特徴はもちろん温泉。内風呂のほかに4つの野天風呂がある。それぞれ「仙気の湯」「黄金湯」「薬師湯」「三国一の湯」と名づけられた野天風呂は、「野趣あふれる」という言葉が陳腐に感じられるほどワイルドな湯。風呂に至るアプローチは登山道の歩き。脱衣所すらないこれらの湯は、まさに山の湯に入っているという実感が得られるはず。下山時にここの野天風呂に浸かっていく人も多い。

ロッジは3月から営業しているが、唯一のアプローチとなる林道が6月下旬~7月上旬にならないとオープンしないので、それまでの間は歩いてしか到達できない。そんな雰囲気も「山の湯」のムードを盛り上げている。

館内施設

談話室

外は静かな森に囲まれ、落ち着いた時間がすごせる談話室。ここのほかに、日帰り客が入浴後にくつろげる畳敷きの大広間もある。

食堂

太い木の柱が印象的な食堂。宿泊客の食事はもちろん、立ち寄りで昼食も注文できる。昼食メニューは、手作りのもつ煮やおしるこなども。

食事

朝食

こちらは朝食のおかず例。朝の定番、卵焼きや、メギスのすり身、フキ佃煮、おから煮、たくあんなど、体にやさしい献立だ。

夕食

夕食のメニュー例。トンカツ、シューマイ、よもぎの天ぷら、煮物、刺身こんにゃく、酢の物から笹だんごまで盛りだくさんだ。

お土産・売店

手ぬぐい、バッジ、Tシャツ、バンダナ、ステッカーなど、オリジナルグッズを数多くそろえている。「蓮華名湯せっけん」なども! 昼食メニューはここで頼める。

テント場

ロッジから10分ほど歩いたところにあるキャンプ場。トイレや炊事場などの設備も充実している。

DATA
設営数:50張
利用料:500円/人
水場:あり
小屋からの時間:徒歩10分
地面:土
トイレ:あり

4つの野天風呂

写真は4つの湯のなかでもっとも簡素な「三国一の湯」。1~2人入るといっぱいなほどの大きさで、これほどワイルドな湯もめずらしい。下山後にはぜひ立ち寄って入ってみたい。

「蓮華温泉ロッジ(れんげおんせんろっじ)」の基本情報

設備

テント場:あり
水場:あり
個室:あり
自炊室:なし
乾燥室:あり
お風呂:あり
生ビール:あり

営業期間

3月中旬~10月20日

電話・電波

ドコモ:通話不可
au:通話不可
ソフトバンク:通話不可
公衆電話:あり

収容人数

150人

標高

1,475m

宿泊料金

1泊2食:9,800円
素泊まり:6,800円
お弁当:800円

連絡先

090-2524-7237
http://rengeonsen.main.jp

※2018年2月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load