BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

「七丈小屋」北アルプスの山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

標高差の大きい登山道唯一の宿

北沢峠へのシャトルバスが運行を開始するまで、甲斐駒ヶ岳へのメインルートは韮崎駅からタクシーで約30分の甲斐駒ヶ岳登山口に下り立ち、そこから日本三大急登のひとつに数えられる黒戸尾根を、ひたすら登る厳しいものだった。その標高差は2,000m以上にも及ぶ。今ではこの道を苦労して歩く人もぐんと少なくなったせいか、山頂まで10時間以上にも及ぶ行程の間に、唯一ある山小屋がここ。第一小屋からさらに登った所に第二小屋があり、2つの小屋を合計すると50人ほどが泊まれる。

小屋の近くに、甲斐駒ヶ岳の花崗岩でろ過された水が湧いていて、ここで一服するといい。

食材の荷上げはヘリ頼りで、天候次第で予定どおりには手に入らないことが多いので、食事付きで泊まりたいなら必ず事前に問い合わせを。万一を考え、食料と自炊道具を装備したい。

近くの沢から引いている水場。涸れることもあるという。

第二小屋。第一小屋が満員になると、こちらが解放される。第二小屋やテント場の受付は第一小屋で一括されている。

ずらりと並ぶ布団が壮観。荷物置き場などはないので、できるだけ小さくまとめて枕元に置くように。

 

七丈小屋の詳細をもっと知りたい方はこちら!

「七丈小屋(しちじょうごや)」の基本情報

設備

テント場:あり
水場:あり
個室:なし
自炊室:あり
乾燥室:あり
お風呂:なし
生ビール:なし

営業期間

通年

電話・電波

ドコモ:通話困難な場合が多い
au:通話不可
ソフトバンク:通話不可
公衆電話:なし

収容人数

50人

標高

2,400m

宿泊料金

素泊まり:4,500円

連絡先

090-3226-2967
https://www.kaikoma.info/

アクセス

甲斐駒ヶ岳登山口から8時間20分、甲斐駒ヶ岳から3時間20分

※2015年3月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load