BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

「仙水小屋」北アルプスの山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

とりわけ朝の早い小屋

山梨県側、長野県側のいずれからも、一般車を通す、通さないの激論が戦わされたスーパー林道には、結局、それぞれからシャトルバスのみが走ることを許された。現在は県境の北沢峠まで通っている。麓から歩かなければならなかった甲斐駒ヶ岳や仙丈ヶ岳への行程は一気に短縮、南アルプスエリアのなかで、比較的短時間で登れる山になった。

その北沢峠から甲斐駒ヶ岳へ向かう登山道の途中に見えてくるのがこの小屋。入り口の脇は天気のいい日は乾燥室代わりになりカラフルなバックパックも日光浴の最中。弁当の販売はないがパン類を販売することもある。ここまでは、沢沿いのほぼフラットに近い樹林帯を進むばかり。本格的な登りにかかるのは、小屋の先から。小屋のすぐ脇を沢が流れ、その規則的な音が、宿泊客をいつの間にか眠りに誘う。

ここの朝は早い。朝食は何と4時から摂れる。食後すぐに出発すれば、目の前が開けた仙水峠でみごとな日の出を拝めるからだとか。

みんなでテーブルを囲むので、最新情報を聞けるかもしれない。

個室はなく大部屋のみ。宿泊は完全予約制。早めに出発する人もいるので消灯後は迷惑をかけないように心掛けたい。

屋外のテラスの辺りにテーブルがあり自炊コーナーとして利用できる。また火の始末はきっちりと済ませておこう。

テント場は11張、ひとり400円。源頭部からの水を活用しており、テント泊の人も通過者も水は自由に使える。

「仙水小屋(せんすいごや)」の基本情報

設備

テント場:あり
水場:あり
個室:なし
自炊室:なし
乾燥室:なし
お風呂:なし
生ビール:なし

営業期間

通年

電話・電波

ドコモ:通話不可
au:通話不可
ソフトバンク:通話不可
公衆電話:なし

収容人数

30人

標高

2,130m

宿泊料金

1泊2食:7,000円
素泊まり:4,000円

連絡先

0551-28-8173

アクセス

北沢峠から50分、甲斐駒ヶ岳から1時間40分

※2015年3月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load